スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5612日本鋳鉄管



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


5612日本鋳鉄管です。
社名で想像できると思いますが、古~い歴史のある会社なのですね。読み方は「にっぽんちゅうてつかん」ですね。もうビジネスなんかも社名から読み取れる訳なんすよ。

設立は1937年10月、上場は1962年7月です。日経平均とかが1500円とかで動いてた時代ですね。もう遠く古い時代ですよ。

当時の日本はモノがなかった時代なのでどんどんこういった会社が出てきてはモノを作り、日本を豊かにしたのですね。で今はモノで溢れてしまった。なので便利にするようなIT系がドンドン進出してきたって事が超長期的に見て考えられるのです。

そうです、当社ってもうブームの時代は去ってしまったのです。なので日の目を見ない。ただ、だからと言ってすべて無くなるっと事もありません。例えば、電話が普及したら電話機を売っている会社は減少しますが、電話のサービスの会社は残るでしょうし、白物家電もそうですよね、テレビなんかその代表。白黒からカラー、液晶、地デジと普及するまではドル箱であったものが、今やテレビを作れば赤字な訳ですよ。

つまり当社を調べるにあたり、そういった一過性でだんだん先細っていくのか、それとも今後も必要とされるビジネスとして成り立っているのか、もしくは新しい何かを想像し、会社自体が生まれ変わるのかってのが考えられるのです。

フランスのブランドエルメスは馬車に関わる商品をレザーで作ったのを自動車の普及により旅行用の商品に変更。アメリカ、ロッキードマーチンはいかなる時も武器を作る。で何を言われても作る。この会社買収や小さくなる事はない。アメリカにとって必要で手放せないから。GE(ゼネラルエレクトリック)はまだ電球作ってますか?もうコンサルですよね。

ってな具合ですよ。


伝わってますか?

という事で、調査開始です。

ビジネスは上下水道とかガスなどの「管」を取り扱っているのですね。で業界3位っていうので上位2位を調べてみます。「鋳鉄管協会」とかでググルと「日本タグタイル鉄管協会」ってのが出てきますね。その中で「会員会社」を見れば当社より上に2社ありました。

6326クボタ(時価総額1.7兆円)
5602栗本鐵工所(時価総額327億円)

で当社が時価総額69億円です。

我が国のビジネスは1社独占ってのは過去の話で今はそれは許されない訳ですね。昔の電話会社や郵便局とかが良い例ですよ。でまあ、この3社はちゃんとこの位置にいるべきではないでしょうか?

でまあ、鋳鉄管なのでお国の基準もある訳なので新規参入は難しい。まずお国の基準を守らなくてはならない、外資はまずこういった産業は入れてもらいえない訳ですね。さらには今時このようなビジネスに参入しようっていう若者もいませんね。基本お金かなりかかりますし。今はITとかならほぼタダで企業できますからね。

でまあ、どうせマジでやりたいって若者がいても銀行がお金を貸してくれないでしょうし、私のブログでよく言う「先生」達ともしっかりしないといけない訳ですよ。

という事で今後当社のビジネスは人が日本に住んでいる以上、必要であるって位置づけにするのです。で新しいビジネスはって考えても、こういった会社がいきなり謎なビジネスをやってはいけない訳ですよね。我が国において任務の重さが違うのですよ。ええゲーム会社とかと比べればね。

って事を裏付けるにはやっぱり売掛金、受取手形の欄を見るのです。で、当社の場合は受取手形の金額が大きいので5年分、こちらに貼ります。金額は100万円

2012年
太三機工㈱ 975
日鋳商事㈱ 875
安田㈱ 818
㈱西武管商 476
三條機材㈱ 249
その他 764
合計 4,159

2011年
太三機工㈱ 1,025
日鋳商事㈱ 690
安田㈱ 681
㈱西武管商 324
三條機材㈱ 231
その他 731
合計 3,685

2010年
太三機工㈱ 1,021
安田㈱ 843
日鋳商事㈱ 729
㈱西武管商 205
三條機材㈱ 168
その他 457
合計 3,426

2009年
安田㈱ 830
日鋳商事㈱ 599
太三機工㈱ 575
㈱西武管商 380
三條機材㈱ 318
その他 871
合計 3,575

2008年
安田㈱ 795
旭鉄工㈱ 747
太三機工㈱ 225
㈱西武管商 203
三条機材㈱ 155
その他 473
合計 2,601

まあ、解りますよね。売掛金の欄、完成工事未収入金の欄を見ても同様です。
仕入れ先も大体同じなのです。


もうね、こうなってくるとすべての調査がいらなくなるのです。
原料価格が上がったらどうなるか? 価格に反映出来そう。
従業員のお給料は? その土地のレベルの平均以上は出しそう。
財務がやばい時に持ち株は、土地は? 売りません、銀行に頼みます。

ってな感じでしょうね。
それは役員、監査役の出身を見ても解りますよね。

で、配当の金額はコロコロ変わる訳ですね。まあ、だって当社がちゃんとしているのが一番。で次に社員でその次に株主とかな訳ですね。てゆかそれで良いのです。こういったビジネスは。


そういった面は財務諸表の金額の単位からも見て取れますね。百万円で表記してますでしょ。損益計算書の費用とかで1ケタ、2ケタの筋がポンポン出てくるのです。え、四捨五入とかしちゃうの?ってなるでしょ。

まあ、バブルの時代の売上とかはそりゃあ半端ない金額なのですよ。そのなごりですよね。結構こういった歴史ある会社に多い。

会計方法、方針はコロコロ変えてはダメですよ。一貫して調査ができませんのでって会計の世界ではそういうルールでしょ?って言い訳もありですが、基本普通の人の月給位を投資する訳ですよ、となると詳しい数字が欲しいのですよ。

じゃあ、「どんな時であれば会計を変えれるのかって?」質問が出そうですが、代表的なのを挙げると、それは社長が変わった時とかですね。

もう社長交代で色々会計方法いじくって、特損とか出しまくって1年目は「前社長の経営における膿は出し切りました」っていう訳です。で前社長(大抵会長になってたりするけどね)を再起不能に陥らせ、その後、ちょっと資産を売っちゃたりして、「私がわが社を復活させた」ってなるのです。

なので「報酬は○億円~」ってな感じですね。
まあ、あそこの社長は会計方法の変更とちゃ~んとした経営手法があったから復活でしたけどね。で、今もうヤバくなってるのが白物家電っちゅ~事ですわ。

横道にそれました。


株価を見てみます。
208円。実績ベースでのPER7倍、PBR0.65倍、配当利回りは2.88%です。で年初来安値なのですね~。もうドキドキしちゃいますよ。


私の投資判断は「保留」となりました。


所有者別状況を見ればどんな人が持っているかわかる訳ですね。まあ持ってても楽しくない訳ですよね。IPOとか買いたい訳ですよ。皆さんね。だって○倍とかなるし。

例えその会社が・・・
上場直後にアメリカとの共同研究を白紙に戻ちゃうような会社でも
上場直後に下方修正で2014年まで赤字ってな事になっても、
上場6か月でアメリカに行っちゃうので辞めて株も売りますってCEOがいる会社も
いつかそれでジェット機飛ばすために今は一生懸命、青汁を販売している所とかね

あくまでそんな会社が存在したとしてもですよ~。

まあ、日本のIPOとアメリカのIPOの文化ってちょっと違うのですね。いつか書きますが。3653モルフォのレポートで少し書いてますがね。


最後に、

私はデイトレーダーであれ、IPO狙いであれ、株式市場にお金を入れている人間は大いに尊敬します。また、グレーであっても株式市場で儲けている人は尊敬します。

ただ私は基本、こういった方法でしか儲け方を知らないのです。なのでコツコツとちっちゃい会社を見ているのです。で人気がなくなってこうやって売られてくる当社の株価を見るともうワクワクしてくるのです。2ケタにならないかなあ~って。

やっぱりアホみたいにおかしい株価、ファンダメンタルって「株価か今後の企業業績のどちらかが間違っている」のです。もちろんどちらかが正しい方向に修正される。優良会社でPERが3倍台の会社はあるけど、1倍台はないのです。

だって誰もそれで売らないし、財務諸表を見た人は買っちゃうのですよ。


皆さんがどのような投資家、投資スタイルなのかは、私の知った事ではありませんが、私のブログを読んでちょっとでも勝率を上昇できる事を願ってますね。


がんばれ、日本鋳鉄管!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。