スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7938リーガルコーポレーション



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪


独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

7938リーガルコーポレーションです。
創業1902年の老舗の靴屋なんですね。有価証券報告書は直近では第180期!!驚きました。上場は1990年12月なのでバブル崩壊中の上場ですね。

最近は大株主の売りがあったりとか、話題性があるようです。読者さんからのリクエストでした。まあ、当社ここ最近、割安スクリーニングで出てきている銘柄でしたのでいつか調査しなきゃな~って思ってたのでちょうど良いですね。

靴業界について、私は2つ考えている事があります。

それは、ABCマートの売上がすごいって事と、靴の売上って景気にそんなに左右されないんじゃない?って事です。靴を履かなきゃ外を歩けない訳で、まあ、最低でも一人一足は持つじゃんって事ですよ。

シェア的に当社は取られているのかな~って事が気になったりするのです。


まあ、調査しながら考えて見ます。


ビジネスを有価証券報告書と共に見てみましょう。

「1902年 (明治35年) の創業以来、一貫して靴の企画・製造・販売に従事しております」って書いてある。職人魂的~って思います。もうセグメントは「靴」一つで絞ります。でどんな靴を売っているかというのはそんなに気にしない。投資家としてはね。

連結子会社18社及び関連会社5社って事ですね。まあ、子会社は国内がほとんどなので安心の国内生産なのかなって思います。従業員の状況を見ると、平均年齢45.5歳、平均勤続年数22.6年ってもう当社一筋、靴職人って感じに見えません。

研究開発の所もそんな感じ。

「当連結会計年度は革の試験 603件、底材の物性試験 502件、底付け強度試験 539件及びその他の試験を 460件、合計 2,104件の試験を委託して実施、評価いたしました」

細けぇ~。

でもこれって非常に良い事ですよ。研究開発の実態までしっかり書いている。有価証券報告書はこうでなくっちゃね。

もう、それなりの靴を作っているって判断させて下さい。なので高級デパートにも卸せるって事。これは売掛金や当社の保有株に名前が出ているでしょう。

8252丸井グループ
3099三越伊勢丹ホールディングス
8237松屋
8185チヨダ
2686ジーフット(イオン系)

ただ、売掛金の欄を見ると、一度子会社に卸してそこから売ったり卸したりしてるんですね。まさか、靴職人しか7938リーガルコーポレーションには入れないとか?「販売は別会社でやってくれ。俺は靴しか作れねぇ。てやんでぃ~」って感じなのかな?

ともかく、子会社もちゃんと調査しようと見てみると・・・。うーん。1社、嫌な感じです。㈱ニッカの事です。靴の小売り事業で年間90億を売っている、全体の売上の約25%ですね。で債務超過12億。当社から㈱ニッカには29億円を貸し付けていて・・・。焦げ付いたらどうしようね。

それ以外に「特損~」の可能性を探りますがそこまで怖いって項目は見つかりませんね。

投資有価証券は持合いなのでそこまで気にしない。
商品は60億位持っているけど、年間売上が350億なので在庫は2か月分位持っているだけ。


次に気になるのは借入金かな~って思います。

老舗の会社なのに無借金じゃないってのがへぇ~ってなります。
短期借入が多いです。借入の信用度合いで行けば、長期(1年より長い)より短期(1年以内)の方が信用力低い訳ですよ。銀行が1年以内に返せるんなら貸すよって事ですので。まあ、当社は利益率が低いビジネスで、しかもインタレストカバレッジレシオが連結で一時1倍を割っているのです。2010年ですよ。

ヤバくなる会社はこのレシオが最初に悪くなるのです。ビジネスがダメになり利息も払えないし借金も返せないって感じですもんね。「インタレストカバレッジレシオ」わからない人はググって下さいね。

現在は19倍と、問題ないですね。

2010年はここ5年で赤字の年であり、理由を探る必要がります。販売費及び一般管理費が高くて、しかも売上が落ちたって事が原因ですね。売上高に対する販売費及び一般管理費が41.4%です。2011年、2012年のそれは40.6%と38.5%です。

ん、あんまり変わらない?

そうですね。まあでも2010年は別の所で損が出てますのでそれも含めて赤字な訳です。でもそれらは一時的なので、あえて解りやすい様に、販売費及び一般管理費を出しました。で2011年は給料カットして販売費及び一般管理費を少し削減、2012年は削減した給料をやや戻しました。


職人の給料が削減対象になるってビジネス自体は結構厳しいのかな?って思うのです。ビジネスが厳しい時は投資家(配当とか)、従業員(給料)、取引先(持合い)とかに泣いてもらうのです。でかなりやばい場合は銀行の債務免除だったり、もしくは銀行が数行集まり「シンジケート」ってなってカネを貸すのです。

まあ、債務免除とかシンジケートに関しては「お国」の戦略に沿った会社とか出なきゃできませんが、靴業界とか一般の小売とかは難しい訳です。「産業のコメ、半導体」とか「老人福祉施設運営」とか「バ・イ・オ」とかそんな感じです。


話が色々とそれましたが、当社の場合はまず売上350億をキープしましょうってのが重要。で無駄な販売費及び一般管理費を減らしましょうってのが重要、2011年、2012年は改善されてますでしょ?

2011年、売上331億、販売費及び一般管理費134億
2012年、売上351億、販売費及び一般管理費135億

こうった事が続いていけば、配当もしっかり出せる訳ですね3円。でも、これが一番難しい訳ですけどね・・・。


あと、特筆すべき点は、読者さんからご指摘頂きました大株主の7932ニッピの当社株売却の話ですね。(そのIRはこちら)同時期、当社もニッピの株を売却していますね。(そのIRはこちら)どちらも「市場外」での売却で、5%未満ですね。リーガルコーポレーション株、4.25%。ニッピ株、4.87%となっています。

市場外ですので、どなたか買い手がいたのでしょう。でその買い手は5%報告はヤダって事です。両社は多少なりともお金が必要なのでしょう。私はまだリーガルコーポレーションしか調査していませんが、機械とか、結構減価償却が終わり古くなってきてるのです。

という事で、リーガルコーポレーション株は野村證券へとなっていますね。それに伴い、両社の役員人事も動く事になると。まあ、どのような経緯でこうなったかはわかりませんが、市場でドカンと売っている訳では無いので、関係が悪化とかの懸念は少ないのです。


株価を見てみましょう。

340円、実績PER4.8倍、PBR0.83倍。配当利回りは1.47%です。
割安ですね。ただ、過去5年で株価は高値の位置しており、PBR0.83倍も同様に高い位置になるのです。


私の投資判断は「保留」となりました。


まあ、正直、買っても良い会社ではあるものの、靴業界の動向が見えないのです。当社の予想は毎年10億円ずつ売上が上がるってなっているけど、そういった部分の裏付けも難しい。それに子会社とか怪しい部分も多少あって、そこら辺がどうなるか、それをPBRとかの数字に採用して計算するとそこまで割安でもなくなります。

後は、野村證券が引き取った5%未満の株ですね。買った人(企業)によっては非常に良いシナジーが期待できるかも知れないのですよね。

例のごとく、当社は機関投資家のアナリストが全然カバーしていないのでIRが出てから動いても大丈夫な後出しジャンケン銘柄であると思います。なので「保留」なのです。

私が機関投資家のアナリストであれば、この5%未満の部分について、インタビューするのです。ニッピの話を持ち出してその反応とか、そういった些細な事から状況を突き止めます。もしくは同業他社とかの話でも良いのですが・・・。


最後に、

景気が良くなったので高級品が売れてきた。ってな報道が良くあります。アメリカではティファニーの決算とかがその指標ですね。

基本、景気が良くなるのは上流、中流、下流って順番なのは当たり前です。上流は良くなってきているのです。中流、下流にまで流れてくれば、靴の買い替えとかは多少あるかと思います。

そういったエコノミクス的な観点から見れば、「買い」の判断でも十分良いと思いますね。私は個人的に少し嫌な部分があるとすぐ「保留」にするタイプですので・・・。


がんばれ、リーガルコーポレーション!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問させていただいた者です!

あまりに深い分析にただただ感動しています。


先生はどのような手順、方法でいつも分析されているのでしょうか?

使っているサイトやツールを教えていただけないでしょうか?

3179は、どうでしょうか? 地合いが悪くて下がっますが、成長性は期待できる上場したばかりの若い会社です。ぜひとも貴方殿の意見を参考にしたいです。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
基本的にはEdinetにて有価証券報告書をチェックします。

Edinet
http://info.edinet-fsa.go.jp/

後は産業界のチェックや厚生労働省のデータです。

厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/

研究開発費とかの数値計算はここです。
http://industry.ediunet.jp/

大量保有はここです。
http://www.stpedia-ma.com/taiho/

http://www.kabupro.jp/

空売り残高とかも見るのですが、基本、需給はあまり気にしないので上記のHPだけで企業分析は出来るかと思います。

今後も応援、宜しくお願いします。



> 質問させていただいた者です!
>
> あまりに深い分析にただただ感動しています。
>
>
> 先生はどのような手順、方法でいつも分析されているのでしょうか?
>
> 使っているサイトやツールを教えていただけないでしょうか?

分析ありがとうございます。参考になります。
私も、長期でココを保有しています。何点か気づいた点を。

100%子会社ニッカへの貸付金が焦げ付きの懸念ですが、例えこれが焦げ付いたとしても「損失」として計上されることはありません。100%子会社であり、連結FS上は、相殺されているからです。(ニッカから回収できない可能性があるのが問題なのではなく、ニッカが返せない可能性があるのが問題であり、ニッカが何故返せないかと言うと、過去に損失を計上して債務超過になったからなのですが、過去の損失というのは、既に昔に計上されているわけなのです。)

あと、ここの焦点は、為替かと思っています。近年利益が増えたのは、為替の影響が大きいと思ってます。円安になり、利益率が下がることは懸念しています。靴作りに興味はあるが、経営には興味がないような経営者と感じているため。

あと、定性的な分析では、靴の売れ筋が2極化する中で、中道のここは、存在感がなくなっていくことを懸念しています。通勤途中によく靴を観察しますが、ABCマート的な靴が多い感じがします。もしくは、ウォーキング革靴みたいなもので通勤するおじさんが多いです。一方、本当の靴好きは、リーガルを卒業して5万円超の靴に移行してしまいます。

なので、今後売上が右肩上がりとは思ってません。私自身はリーガルの愛好者(ですが、6年履いて、靴底を修理してまた6年履くつもりで(4つくらい履きまわし)、あまりお金を落としてませんが。。。)

これは、単なる希望ですが、5%の株は、中国企業等にもってくれないかなと。メードインジャパンを武器にアジアで売ってほしいです。売上拡大には海外進出が必要と思ってます。

保有株については、今後大きく買値を下回ることはないと思いますので、持ち続けます。



Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
リーガルコーポレーションについて、いつもながら単純な説明で申し訳ないです。

ニッカについての借金は問題ありませんが、それが焦げ付いたことで、ニッカが吹っ飛んだ場合、関係会社株式として836百万円が吹っ飛んでしまう懸念についての事です。

また、基本的に子会社を清算する際は、色々な悪~いものをつけてゴミに捨てるので私はブログの中で「特損~」って表現しています。

売上について、私も同感です。
当社の靴は問題はなく、上質ですが、ブランディングがう~んって感じです。まあ、今後も一人1回くらい買ってくれる感じで売上も大丈夫かと思います。

財務戦略はこの会社、下手ですね。
こういった部分は幹事証券会社がしっかりと指導してほしいなって思います。

ちなみに中国ですと、靴などはオーダーメイドでも3万円位で作れるので、ブランドとしてはあまり売れないと思います。かつてイギリス領であった香港ではテーラーメイドが普通ですのでそのまま陸続きで行ける中国(シンセン)あたりはその文化を引きずっているみたいに感じます。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> 分析ありがとうございます。参考になります。
> 私も、長期でココを保有しています。何点か気づいた点を。
>
> 100%子会社ニッカへの貸付金が焦げ付きの懸念ですが、例えこれが焦げ付いたとしても「損失」として計上されることはありません。100%子会社であり、連結FS上は、相殺されているからです。(ニッカから回収できない可能性があるのが問題なのではなく、ニッカが返せない可能性があるのが問題であり、ニッカが何故返せないかと言うと、過去に損失を計上して債務超過になったからなのですが、過去の損失というのは、既に昔に計上されているわけなのです。)
>
> あと、ここの焦点は、為替かと思っています。近年利益が増えたのは、為替の影響が大きいと思ってます。円安になり、利益率が下がることは懸念しています。靴作りに興味はあるが、経営には興味がないような経営者と感じているため。
>
> あと、定性的な分析では、靴の売れ筋が2極化する中で、中道のここは、存在感がなくなっていくことを懸念しています。通勤途中によく靴を観察しますが、ABCマート的な靴が多い感じがします。もしくは、ウォーキング革靴みたいなもので通勤するおじさんが多いです。一方、本当の靴好きは、リーガルを卒業して5万円超の靴に移行してしまいます。
>
> なので、今後売上が右肩上がりとは思ってません。私自身はリーガルの愛好者(ですが、6年履いて、靴底を修理してまた6年履くつもりで(4つくらい履きまわし)、あまりお金を落としてませんが。。。)
>
> これは、単なる希望ですが、5%の株は、中国企業等にもってくれないかなと。メードインジャパンを武器にアジアで売ってほしいです。売上拡大には海外進出が必要と思ってます。
>
> 保有株については、今後大きく買値を下回ることはないと思いますので、持ち続けます。

Re: Re: タイトルなし

すいません。
朝早くのため、ニッカとニッピを間違えました。

貸し倒れ手も現在は大丈夫ですが、ニッカのビジネスが続いている以上、今後も膨らむ可能性はあります。
また、先ほどもお伝えしたように何かを抱き合わせて吹っ飛ばす事(清算とか)も可能なので、ちょっと怖い感じがしますね。

ってか、なんで子会社を持つのでしょうってやっぱり不思議に思います。
靴職人の会社ですね。

> コメントありがとうございます。
> リーガルコーポレーションについて、いつもながら単純な説明で申し訳ないです。
>
> ニッカについての借金は問題ありませんが、それが焦げ付いたことで、ニッカが吹っ飛んだ場合、関係会社株式として836百万円が吹っ飛んでしまう懸念についての事です。
>
> また、基本的に子会社を清算する際は、色々な悪~いものをつけてゴミに捨てるので私はブログの中で「特損~」って表現しています。
>
> 売上について、私も同感です。
> 当社の靴は問題はなく、上質ですが、ブランディングがう~んって感じです。まあ、今後も一人1回くらい買ってくれる感じで売上も大丈夫かと思います。
>
> 財務戦略はこの会社、下手ですね。
> こういった部分は幹事証券会社がしっかりと指導してほしいなって思います。
>
> ちなみに中国ですと、靴などはオーダーメイドでも3万円位で作れるので、ブランドとしてはあまり売れないと思います。かつてイギリス領であった香港ではテーラーメイドが普通ですのでそのまま陸続きで行ける中国(シンセン)あたりはその文化を引きずっているみたいに感じます。
>
> 今後とも、応援よろしくお願いします。
>
> > 分析ありがとうございます。参考になります。
> > 私も、長期でココを保有しています。何点か気づいた点を。
> >
> > 100%子会社ニッカへの貸付金が焦げ付きの懸念ですが、例えこれが焦げ付いたとしても「損失」として計上されることはありません。100%子会社であり、連結FS上は、相殺されているからです。(ニッカから回収できない可能性があるのが問題なのではなく、ニッカが返せない可能性があるのが問題であり、ニッカが何故返せないかと言うと、過去に損失を計上して債務超過になったからなのですが、過去の損失というのは、既に昔に計上されているわけなのです。)
> >
> > あと、ここの焦点は、為替かと思っています。近年利益が増えたのは、為替の影響が大きいと思ってます。円安になり、利益率が下がることは懸念しています。靴作りに興味はあるが、経営には興味がないような経営者と感じているため。
> >
> > あと、定性的な分析では、靴の売れ筋が2極化する中で、中道のここは、存在感がなくなっていくことを懸念しています。通勤途中によく靴を観察しますが、ABCマート的な靴が多い感じがします。もしくは、ウォーキング革靴みたいなもので通勤するおじさんが多いです。一方、本当の靴好きは、リーガルを卒業して5万円超の靴に移行してしまいます。
> >
> > なので、今後売上が右肩上がりとは思ってません。私自身はリーガルの愛好者(ですが、6年履いて、靴底を修理してまた6年履くつもりで(4つくらい履きまわし)、あまりお金を落としてませんが。。。)
> >
> > これは、単なる希望ですが、5%の株は、中国企業等にもってくれないかなと。メードインジャパンを武器にアジアで売ってほしいです。売上拡大には海外進出が必要と思ってます。
> >
> > 保有株については、今後大きく買値を下回ることはないと思いますので、持ち続けます。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
正直3179はよく上場できたよな~って思ってます。

ビジネス事態も単純ですし、同業他社も多いです。
でもこういった会社はあまり調査していない体系ですので、一度調査してみようと思います。

今後とも、よろしくお願いします

> 3179は、どうでしょうか? 地合いが悪くて下がっますが、成長性は期待できる上場したばかりの若い会社です。ぜひとも貴方殿の意見を参考にしたいです。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。