スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3845アイフリークホールディングス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

3845アイフリークホールディングスです。
携帯コンテンツなどを作っている会社ですね。ドライフルーツや化粧品の通信販売や絵本アプリなどもやっている会社ですね~。まあ、言ってしまえば利益の源が無く、現在も探究しているって事ですね。

上場は2001年の12月で、IT企業がバブっていたタイミングです。こういったタイミングで上場出来る会社は五万とあります。まあ、良くある事じゃないですか?先日のブログ、6059ウチヤマホールディングスでも書きましたが、老人ホームが同時期に上場出来る訳ですよ。その時代に投資家の需要がありそうなビジネスについてはもうすぐにでも上場したい訳ですよ。

で、最近なんかも4587ペプチドリームとか上場するじゃないですか?なんかバックグラウンドが似たような企業、結構上場しましたよね~って思う訳ですね。「バ・イ・オ」ってみんな好きな単語2013年にノミネートされてるでしょ?

2931ユーグレナ3653モルフォ(レポートを書いてます)


上場して、お金が入って来るのが経営者や上場前に投資していた投資家。そして確実にお金が入るのが証券会社なのです。で、お金が出る方が投資家っていう事は考えておきましょう。となるとさ、一度上場させて証券会社を儲けさせた人は他社に入り込み、上場請負人としてその企業も上場させて、「俺は3社も上場させたぜ!」ってなるのです。

まあ、その場合、企業はその後はどうなっても良いんじゃない?当社の場合、創業者が社長に復帰という事がありましたので、良いんじゃないですか?って言う話を読者さんより頂きましたので調査しようと思いました。


ビジネスと有価証券報告書を見てみます。

まず、何してる会社か見ると、前述の通り、色々ネットを組み合わせてやってますって事。でも赤字が出て困っています。こういった数字は財務諸表から拾ってください。

で、嫌な事に、有価証券報告書での事。12期では連結の数字が取れますが、11期は連結ではないので数字が取れない。単体決算なのです。で10期以前は連結。つまり子会社を処分して特別利益、もしくは特別損益を計上したのでしょう。まあ、もうどっちでも良い訳ですよ。

時価総額が10億円なのに、子会社で「ごちゃごちゃやるなって」言っている訳ですよ。ある上場不動産会社の子会社とかが、適正価格が無いモノを高値購入、安値売却。売った人と買った人はお友達。で親会社はメチャメチャな損失を出すみたいな事が後を絶たないのです。またIT企業でも同じすけどね。

ともかく、連結での比較が面倒になるのです。

財務諸表というのは会社にお金を出してくれる人のために書いているのです。過去との比較、同業他社との比較、会社の事業の状況などを明確に、解りやすくすると言った利点があります。となると企業もそれに沿って財務諸表を作成する必要があるのです。

という理由があるものの、当社のビジネスとしては新しい事を始めるには子会社を設立してそこでビジネスを行うと言った方法をとっているのでしょう。なので、「ホールディングス」って事になる。最近のトレンドなので仕方ありませんが・・・。

機関投資家はがんばって当社を調べようという気にもならない訳ですよ。


当社の場合は基本こういった部分は最後で、まずはどうにかしてビジネスで黒字を確保することが先かと思いますが・・・。

企業再生中であるという位置ですもんね。

でまあ、社長更迭の創業者が社長にカムバック。どうやってこの会社を立て直すかは見ものですが、いかんせん、なんか古いIT系という感じがしちゃうのです。ドコモのiモードの何とかをやっているとか、微妙です。

当然、アプリなども作成してますが、このビジネスについては本当に先が見えないのですね。社長が変わったのであれば、IRとかガンガン変わる部分がある訳なのでそこらへんをチェックして、判断するしかないと思います。


一応、財務諸表で赤字の原因を探る必要がありますよね。

赤字でもちょっとやっちゃった系の赤字であれば簡単に修正可能ですもんね。当ブログでも紹介した通りで、

利益率低いのに無駄遣いしてたら赤字
大口顧客の経営がヤバくなり煽りを受け赤字
リーマンショック時などのイベントに便乗して特損~で、赤字

などが挙げられます。

当社の場合は・・・。ガチ赤字ってな感じですよ。営業利益、経常利益、純利益ですべて赤字。ジャブ、ストレート、アッパーを見事に食らってます。まあ、普通のボクサーならこれを食らったらノックアウトな訳ですね。でも当社は普通のボクサー以上のレベルの訳です。日本企業のヒエラルキーで考えたら上場企業ってやっぱりトップに君臨ですよ。なので何とか回復のチャンスがある訳です。

と、なったらやっぱり、最高の方法で挑む訳ですね。アムロがガンダムに乗るのと同じ。香川が背番号10を付けるのと同じ。創業者が戻ってくるのです。

私から見たら、最後の戦いであるって位置づけますね。手元にある程度のキャッシュがの金額と赤字額、特損可能性の金額などを差し引入れ考えてますので。この資金の使い方がカギとなりますね。

「特損~」的な事が起こりそうなモノについては、ソフトウェア1.6億、のれん4500万円、関係会社株式のI-FREEK ASIA PACIFIC PTE. LTD.の1.5億円位じゃないですか。当社はシンガポールに子会社がありますが、何をやっているかHPを見ても解りませんね。これらを考えても、最後の戦いって思うのですね。


株価を見てみます。

10,750円、PERは無し、PBR2.32倍。一株当たり資産は5049円で、一株あたりの利益はマイナス6081円って事は、あと1年で回復しないとヤバイって事ですね。で2013年の会社予想も赤字ってなってたら・・・。社長は更迭されるでしょ。


私の投資判断は「却下」です。


理由としては、今のビジネスはもう全部だめじゃんって事ですね。で企業再生の道が始まったばかりであり、まだ、動きが出てきてもいない状態ではないかと思います。

当然、動きが出るたびにその動きが将来にどのように影響を与えるかを考え、それによる会社の収益を計算、株価に織り込む、投資判断をするのです。で、今の所、PBRが2.32倍って事は、「その会社の資産を利用して利益を生み出す事が出来る」って投資家は考えていると理解するのです。

私自身、こういった会社はPBRが1倍を割らない限り調査、投資はほぼしないと思います。


最後に、

眼鏡の会社で、レーシックやコンタクトにシェアを奪われ、50円割れまで低迷して、その後驚異的な復活を遂げた会社がありました。3046ジェイアイエヌですね。

後付けですが、当時はHPからIR、ビジネスモデルまで一変して変わりましたからね。この流れを掴んだ投資家さんはやっぱり毎日のように3046ジェイアイエヌを見ていたそうです。そういったコツコツ的な調査をする必要が3845アイフリークホールディングスにも必要かと思います。

ピンチはチャンスというのはやはりただの格言ではありませんね。


がんばれ、アイフリークホールディングス!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

診断がイマイチで残念です。 割安だから買いとかなら素人でもできる判断ですね。 株は需要と供給で成り立つし時間の軸をどこに置くかも重要。 これじゃ素人の診断と変わらないと思いますよ。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
まあ、調査途中に面倒だな~ってな感じの会社が結構ある訳ですよ、でも今日はこれをレポートしようって考えて調査しているのでコンテンツはつまらないのは当たり前かなって。で今日のを手抜きって解ったあなたはなかなか素晴らしいな~ってうれしくなる訳ですよ。

う~ん、どれが良いかな~って思った所、ユニバと読んでください。
http://toshihironj.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

たまにはまともな解説もしてますので。

「株は需要と供給」解ります。ゴミみたいな株価が未だに株価が存在するのもそのせいですからね。
「時間軸」も解ります。でも生活費を賭けての株式投資の場合かと思います。

PER0.1倍の優良会社はほぼ存在しない訳ですよ。万年黒字でPBR0.1倍なんてあったらその前に誰か買うし、経営者がまず買うね。

という事で私の調査ぼブログは本当に企業の収益が今後もちゃんと収益を生み出せるか、なら株価はいくららかって事をバカ正直に考えるのです。

なので赤字会社の株価はゼロな訳ですよ。

って事です。

まあ、投資哲学の違いから来る事かと思いますが、素人とか言い出すと、はあ~って思う訳ですよ。
私の尊敬するT投資顧問の面々に失礼ですのでね・・・。



> 診断がイマイチで残念です。 割安だから買いとかなら素人でもできる判断ですね。 株は需要と供給で成り立つし時間の軸をどこに置くかも重要。 これじゃ素人の診断と変わらないと思いますよ。

いつも勉強させてもらってます。

無料で提供されてるブログでここまでレベルが高いのはあまり見かけません。かなり勉強になります。有料の投資顧問かなんかと勘違いされる方がいらっしゃいますが、僕はこれからも更新楽しみにしています☆

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

今後ともどうぞ応援よろしくお願いします。

> いつも勉強させてもらってます。
>
> 無料で提供されてるブログでここまでレベルが高いのはあまり見かけません。かなり勉強になります。有料の投資顧問かなんかと勘違いされる方がいらっしゃいますが、僕はこれからも更新楽しみにしています☆
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。