スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1716第一カッター興業



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

1716第一カッター興業です。
会社名で何をしている会社か予想出来るのって結構昔に設立された会社な感じがします。1967年設立、上場は2004年とちょっと遅いかな。で決算が6月です。決算って基本3月、海外なら12月ですが、これは毎年1回行えば、どの月でも良い訳ですよ。で3月が忙しかったらじゃあ四半期後の6月にしようかなってなったりしますね。

3月って国の税金を使いまくるため道路の修復工事とか色々やるでしょ?税金を使い切らなかったら来年度は減らされちゃうからね。そういった所から直接、または間接的に受注を受けている会社は3月決算って難しいでしょ?まあ、大手なら大丈夫ですが、小さい会社になればなるほど難しいですよね。

ってな感じで当社は昔からあるビジネスである程度のシェアを獲得している老舗企業なんでしょう、って仮定しておき、それが正しいか数字を見て考えて投資判断をする事にします。

ところで、最近の会社名の流行は英語2単語をつなげて1単語にしてカタカナとかにしているのでなんかしっくりきませんね。また、昭和の時代は昭和○○とかあったのに、今は平成○○って会社は全然聞きませんね(上場数はゼロ)

まあ、ともかく、調査開始です。


ビジネス、財務諸表です。

「ダイヤモンド工法」によるアスファルト・コンクリート構造物の切断・穿孔工事を目的とし、第一カッター興業株式会社(資本金300万円)を設立ってなってます。ん、ダイヤモンド工法って事はダイヤモンド形の工具を使っているって事ですよね?6140旭ダイヤモンド工業が頭に浮かんだ方。素晴らしいです。

工具は6140旭ダイヤモンド工業から買っているのですね。だって有価証券報告書に「原材料は、その半数近くを旭ダイヤモンド工業株式会社から仕入れており、原材料仕入高に占める同社への依存度は当連結会計年度末において52.8%~」って書いてあります。

って事で当社はその工具を使って工事をするスペシャリスト集団って位置づけになりますね。カッターを製造するのではなく、カットする方ですね。まあ、連結での従業員の状況では、切断・穿孔工事事業に関わる人は295人、ビルメンテナンス7人、その他1人ちおなっていて、そうなんだね。ってなりますでしょ?

という訳で当社のビジネス、どのようなプロが集まっているのかは理解できました。


次はどのような会社と取引をして売上を出しているかです。見てみると、一般の会社であれば「売上高」って書いてある所が当社の場合「完成工事高」ってなっています。考え方は売上と変わりませんよ。

解らない人のために説明すると、大手から100万円の工事を受注してそれが終わるのに数週間かかるとする。で決算時に50%の工事が終わっていたりすると50万円売上として計上できるって事ですね。

当社の場合は金額の大きい大型の受注ではありませんね、年間売上が100億円に達してませんので、ただ、大きな建設会社のプロジェクトに参画しているんですね。そのため長期にわたり、工事が続くのでしょう。なので完成工事高になっている。でないと受注した瞬間売上にしたらメチャメチャ毎年の売上の変動が激しくなるでしょ?

でまあ、当社は独立系な訳で、色々な会社から受注している。

1801大成建設株式会社
1893五洋建設株式会社1820西松建設株式会社株式会社明豊建設SMCシビルテクノス株式会社

って事を受取手形の欄で解るのです。ってか当業界の商習慣なのかも知れませんが、これらの会社に対して受取手形を出させるのってすごくないですか?

通常、売掛、手形がある訳ですよ。売掛は普通の後でお金払うよ的な感じ。で受取手形はじゃあこの紙に何時何時までに○○円払いますって書けよって事ですので。でもちろん法的拘束力もあって、銀行に渡せばお金だって借りれるのです。

つまり、信用力が低い、吹っ飛びそうな会社取引して、売掛はヤバいなあって時に受取手形を書かせるんじゃない?って思う訳ですよ。で大手に対しても受取手形を書け~なんて出来るのは相当実力がある企業な訳ですね。もしくは必要とされている企業。

実力のある企業、必要とされている企業の違いを言いますと。実力のある企業はその技術力当を買われてるって事。必要とされている企業は、なんというか、そういった企業を合わせると建設会社になるって感じ。

つまり、受取手形の欄に出てきた大成建設、西松建設、五洋建設とかも第一カッター興業のする仕事をする人はいる訳ですよ。ただ、そこだけに任せると手抜きになる可能性がある。なので第三者の企業を入れて、手抜きが出来ないようにする。かかった費用とかそういった部分を比べれば、そういった手抜きとかそうじゃないとか解る訳ですよ。

で、当社は実力、必要?どっちかなって考えても解りませんのでまあ、両方にしておきます。

で、あとは財務ですが、売り上げは横ばいです。経常利益は5%をちょっと超える感じ、純利益率は3%をちょっと下回る感じってなってますね。毎年65億位売れれば黒字を確保できるでしょう。この売上は基本、当社の努力では何ともなりませんので住宅着工件数とかそういった○○協会の数字で色々計算してみるのが良いでしょう。

当社は景気に対して遅れて反応かな?リーマンショック時で景気が悪くなったので施工もやめますってなって、09年、10年と売上は落ちてそれぞれ66億、65億となってますもんね。

当社の場合、無駄な有価証券投資などもありませんし。謎の吹っ飛びそうな資産、怪しい子会社なども無い。昔からこのビジネス一本でやってきたのでしょう。信頼は会社に付いているように感じます。大株主と経営陣の名前を比べても全然違うので、大株主は1世代前の当社の人、当社の経営陣は現世代の人って事で良いでしょうか?で経歴を見てもプロパー(自社出身)で天下っている銀行、役人が営業として口利きしている感じもありませんし。

で歴史あるビジネス一本の会社なので、土地とキャッシュはたっぷりです。


株価を見てみます。

750円、実績でのPER6.7倍、PBR0.5倍、配当利回り1.33%です。
連結での数字でここ5年の最低PERは4.4倍、PBRは0.3倍って事を考えると、まあまあ買われてきたのでしょうね。ただ、それでも割安株には入ります。

色々なファクターを考えると、なんとなく、当社は常に配当10円、純利益率は3%、経常利益率は5%、売上成長はゼロって感じで計算して良くないですか?となると今後割安報告になるのはPBRだけでPER、配当利回りは変わらずってなりますね(株価が変わらない場合)

で今後の収益改善のファクターも考えられいのですよ・・・。


私の投資判断は「保留」となりました。


まあ、当社はキャッシュが余っている投資家さんがそのキャッシュを普通預金よりは高く運用したいとき、に買っておいて良いのではないでしょうか?ただ、万年割安株であることには変わりは有りませんがね。これがどこかのタイミングで認識され、割安が修正されればありがたい事ですが。

まあ、当社は財務戦略を打ち出す必要もそんなにないし、投資家サイドの動きを注視してみる必要があるのではないでしょうか?


最後に
1989年のバブル絶頂期、日経平均38,915円の時でした。証券会社は大忙しです。もちろんバブルですので私のような地味に企業を調べるアナリストは隅っこに追いやられる訳なのです。当時の上がる株の調査の一つとして、「株価が3ケタである」事が挙げられました。

で実際、3ケタの株価は4桁まですぐに上がっていったのです。こういった全員買いの動きが始まると割安株が適正株価に、今まで適正株価がだった株が割高に、そのん次に割安で適正株価であった株も割高まで買われます。で全部の株が割高となるのです。

でもそれが終わると企業同士が公平に戦い、その地位が逆転するのです。最近ではガンホーとかゲーム業界でそれが起きていますね。1兆円の時価総額なら数百億円を借りれて、買収が出来ちゃうって事ですよ。こういった事を専門家は大転換って言う訳ですね。

まあ、「大」とか付けちゃなくても良いでけど、普通に商品のライフサイクル理論系じゃないって思いますが・・・。

まあ、そんなこんなで、マーケットが異常な動きをしているみたいです。アベクロで全国民のサイフがずっしりになるとかならないとか。そういった大局観を見計らい、1989年のそれとかを思い出して、色々考えて見たのです。


がんばれ、第一カッター興業!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

毎日楽しくブログ拝見しています。最近は自分のポートフォリオを見るとしょぼーんとしてしまうので程々にしてこちらの分析で勉強させていただいています。特に2724、7646の記事は面白かったです。ところで分析先で地方ではジャイアン的存在の地元型住宅デベロッパーを取り上げていただけませんでしょうか。今は債券大荒れでガタガタしていますがその辺落ち着けば業種として面白いのではと考えています。ただ初心者のため有価証券報告書を読んでもどの辺がこの業種の評価ポイントなのかいまいちわからないのです。具体的には神戸市では強い8931和田興産などなのですが、この銘柄に拘りませんので何処かしら一度考え方を御指南頂ければ幸いです。これからも応援しておりますのでよろしくお願い致します。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
確かに、地元型住宅デベロッパーは面白いですね。

8996ハウスフリーダムを近々調べようと考えていたのですが・・・。8931和田興産でも良いかもしれませんね。

今後、調査して独断と偏見でレポートさせて頂きます。

今後とも、応援よろしくお願いします。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。