スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7442 中山福



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

7442 中山福です。
非常にシンプルでブレの少ない商売をやっている会社です。連結もありません。

フライパンなどのキッチン回りの商品をホームセンター、スーパーなどそれぞれ大手、中小も関係なくお客さんです。売掛金や保有有価証券の部分を見ると、ニトリ、島忠、イオンいずみや、オリンピックなど顧客層が広いです。ジョイフル本田は大口顧客で依存度は10%程度という事なのでダイバーシティー効果は大きいと思います。こういったタイプの会社でスト平気で大口顧客1社に35%位依存というのも良くありますので。

売り上げ構成は5つで。ダイニング、キッチン、サニタリー、収納用品、シーズン(鍋とかですね)。比率はそれぞれ24.4%、38.6%、15.6%、8.2%、13.2%となっております。5年位前の数字を見ても変化があまりありません。バカ売れ商品がない一方、シェアを奪われることも少ないのでしょう。それは売上高、経常利益率などを計算してもわかります。

当社は業界のリーディングカンパニーです。

ただ最近ではPB(プライベートブランド)にシェアを奪われるか心配です。商品自体にはオリジナル性はそこまでないためです。ただ、当社もPBに関わっている可能性もあります。当社の仕入れ先はいくつあるかわかりませんが、大手10社で全体の仕入れの50%です。海外からは10%、売上による当社の自社ブランドは10%です。こういった数字を見ると、やはりPBもあるなと思います

さて、株価ですが、690円ですがここ10年で見ると高値圏です。2006年1月6日に699円です。それでもPER9倍、PBR0.8倍です。配当利回りで3.9%です。時価総額は140億なのでスモールキャップ(小型)、運用会社によってはマイクロキャップ(超小型)に分類されます。最近の傾向ですが、スモールキャップ以下に投資するファンドは、当然ですがほとんどがキャピタルゲインを狙います。そのため、こういったニッチな企業は機関投資家から見放されがちです。

ただ、過去の動きを見れば、PBR0.6倍、PER7倍のところが下限となっています。もしその水準まで下がればコツコツと買い集めたいですね。現在はアベノミクスのせいで投資家は大型株に資金をシフトしているため当社の株の動きも非常に弱いです。また2006年の高値付近でホールドしていた投資家の売りもあるのでしょうか?

ともかく、現在の株価水準では買いでもないし、売りでもないと思います。しかし今後、当社に株価を動かすカタリストがあればそれは、

1.大ヒット商品が出る
2.配当性向35%を目標という事が有価証券報告書から消える、社長のご挨拶から消える

この2点に絞っても良いと思います。

これらについては当社HPのIRを1日1回、見れば良いだけです。もちろん、四半期報告など財務諸表等、重要事項が提出された際はしっかりチェックする必要がありますが・・・。

中山福、良い会社ですが、私の投資判断では保留となりました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。