スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6061ユニバーサル園芸社



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

6061ユニバーサル園芸社です。
観葉植物レンタルや販売をしている会社ですね。2012年の上場ですが設立は1974年とまあまあ歴史ある会社です。オーナー企業です。

2012年と言えば、マーケットが回復し始めて続々と上場企業が出てきた年でしたね。無理やりの上場企業などもありましたが、そういった上場した企業数を出して「市場は明るい兆し」ってのをニュースなどで取り上げた訳です。お上の「貯蓄から投資」っという戦略は未だ顕在の様です。

それで、なぜ当社は上場したのだろうって事を考えました。上場する理由は様々ですが、一般的に良く言われる事は、

資金調達=ビジネス広がる
知名度を上げる=信用度アップ=営業がラクになる、優秀な人材の確保

になるのではないでしょうか?
当社の場合、すでに潤沢なキャッシュはあるので、なんでだろうって考えたりもします。

そんなことを考えつつ、調査してみます。


ビジネス、財務諸表を読み解きます。

事業内容については当社のホームページの事業紹介を読めば十分かと思います。グリーン事業が売上セグメントで84%を占めています。なので、この事業の拡大と、他の事業の性向が当社の成長のカギとなるのです。

でどうやって成功するかなって考えます。

こういったビジネスってやっぱりトップセールスが多いそうです。社長がどこかのIT社長と友達であれば、何かあるたびに花~、観葉植物ってなるのです。まあ、当社は観葉植物のレンタルとかで、花に関してはあまり強くないと思いますが・・・。ってか花はもう園芸とは別ビジネスですよね?

最近は新しい企業の方がそういったオフィスの雰囲気作りにお金を掛けます。大手はもうコストカットの時代なのです。

ここら辺の状況って目に見えない事ですので、コツコツと売上の数字をチャックすれば良いのではないでしょうか。それと従業員の人数の増減、配置などですね。

社員さんの人数と一人当たりそのセグメントでの売上はこんな感じ

グリーン事業 151人 1,584万円
卸売事業       7人  3,579万円
ネット通販事業  1人 5,248万円
造園事業        6人 2,160万円

しかし、数字についてちゃんと考えれば、グリーン事業は今後の管理もあるだろうし、卸売は売れば終わりでそれはネット通販事業も同じかも知れません。人数を見ると、ネット通販が1人って事は、この人が退職したらネット店舗の管理とかどうするのだろうって考えちゃいます。小さい会社ってこんな感じで回ってるんですよね。


資産とか負債とか見てみると、

キャッシュが15億円
商品が1億円
投資有価証券は・・・
第50回 日産自動車社債が1,000万円分保有

それ以外はそれぞれ億円ずつ保有
第25回三菱化学
第12回大日本スクリーン既発社債
第12回大日本スクリーン既発社債
第129回オリックス社債
第29回ソフトバンク社債
第56回近畿日本鉄道無担保社債
第50回平和不動産社債
第1回日本生命
第5回森ビル社債
第2回池田泉州銀行劣後債
第3回野村證券劣後債
第5回 ユナイテッド・アーバン

なんとな~くですよ、債券は保有目的が株と違い、明記しなくて良いですが、お付き合いの関係?って考えたりもしちゃいますね。

本当にそうなのか?って調査をしたい人はこれらの債権の主幹事を調べる必要があると思います。で、もしこれらの主幹事がほとんど大和証券であれば、大和証券の営業がしっかりと当社に食い込んでるって考えられますね。当社が上場した時の主幹事は大和であり、また当社常勤監査役(役員)の松永宣夫氏も大和証券出身ですね。

ちなみにそれ以外の役員4人はプロパー(当社出身)なのです。
その債券については私はここでストップしておきます。


あと、注目しておく必要があるのが売上ですね。

売上予想を見ると2013年、2004年は前年度比で12.2%、6.3%増です。利益率同じ9.8%となります。で過去の結果を見ると、2012年の利益率は過去5年で最低です6.9%。つまり下落して現在その水準になっているって事なのです。

来年から9.8%に上げられるの?って考えますよね?

でも、成長途中の会社であるのでまずは売上を上げる事から考えれば良いと思うのです。だって社員一人当たりの平均売上1,712万円です。でバイトとかも含めると1,345万円。個人商店と対等位の数字ではないでしょうか?

業種は違いますが、私が以前取り上げた2668タビオ(靴下とか売っている会社です。私のレポートはこちら)なんかは社員一人当たり6,382万円、バイトなども含めると2,889万円な訳ですよ。

つまり、ある程度個人商店を凌げるレベルまで売上が上昇すれば、全国展開などをしても勝機は十分にあるって事なのです。当社の場合、まだ、関東、関西、しかも都会の部分がほとんどではないでしょうか?

悪い意味で言えば、伸び悩んでいる。良い意味で言えば成長のチャンスはあるって事です。で、繰り返しになりますが、売上高を上げる、そのためにトップセールスがカギって事です。


当社のホームページを見ると、いたる所にトップの気持ちであったり考えが載っています。すごいいい人なんだろうな~って思います。そういった人だからこそ、良い園芸が出来上がるのだろうと考えました。ただ、ビジネスに関しては固そうですね。


株価を見てみます。

2,910円、実績ベースでのPER16.33倍、PBR0.81倍、配当利回り1.72%です。これ位のレベルの会社は結構存在していますね。


私の投資判断は「保留」です。


理由として、当社をカバーしているアナリストはほぼゼロに等しいでしょう。大量保留報告書ではシンプレクス・アセット・マネジメントが2013年2月に買い増して6.04%保有となっているだけです。

なのでIRが出てから調査し直してから「買い」、「却下」に変更しても良いと思います。四半期の売上、利益率の改善状況、新規出店などを調べ、それがイッキ成長の兆しがあれば、良い投資案件になるとは考えてます。

当社の戦略では園芸事業から関連事業についても進出を考えているように思います。市場規模1.3兆円だそうです。当社の四半期決算説明資料をかる~く読んでみて下さい。


最後に、

こういった会社、テレビとかで社長が色々取り上げられたり、日経新聞に出始めたりすると、良いサインなのですね。これらは簡単に調査可能です。ただ、話の内容が、「園芸ビジネスの夢、未来」を語っているのなら良いですが、「俺のビジネス、成功論」的なとある雑誌の成功者に聞く的なメディア露出はマイナスですね。

こういった部分なども見極めて、当社が良い方向に進んでいるようであれば、再調査、「買い」に変更もありそうです。


がんばれ、ユニバーサル園芸社!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。