スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5607中央可鍛工業



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

5607中央可鍛工業です。
トヨタグループに向けにアルミ鋳造の会社ですね。
大株主にこそ出てきませんが、一族企業のオーナー経営の会社ですね。また、四季報の当社の前後の会社を見ると解りますが、鋳造は1961年10月に一斉に上場してますね~。

ザ・ジャパンの慣行ですね。横並び精神、ライバル関係、あんまり解りませんが・・・。「隣の芝生が青い」と思うのは個人だけで、ビジネスの世界では「隣の芝生が青いので、ウチの芝生も青くしてくれよ」ってなるのです。こういった同業は当然、○○協会とかにお互い加盟している訳で、そうなると同時期に仲良く上場が好ましいのです。

コメント頂きましたので調査することにしました。まあ、自動車部品業界は割安銘柄がゴロゴロしています。当社のその一つですので私の調査対象には当てはまります。


ビジネスについてです。

アルミ鋳造して、自動車向けに販売してますね。主なお客さんはトヨタ自動車です。売上ベースでは50%前後です。次に日野自動車、シェアは16%です。技術を利用して金属家具事業もスタートしましたが未だ全体の売上の3%なのであまり貢献はしていない様です。

ただ、一人当たり売上で見れば金属家具事業が2900万、可鍛事業が2600万となってます。本業の可鍛事業の取引先に買ってもらってるのでしょう。結構普通に良さげな商品ですもん。詳しくは当社のHP、オフィス家具の所を見てみましょう。

全トヨタ労働組合連合に所属しているのでトヨタ自動車とはしっかりした関係にあるのでしょうね。株式持合いもあるし、当社はトヨタ株を現在の時価で7億円、トヨタ自動車は中央可鍛工業株を5.1%保有しています。ここら辺でも「ザ・ジャパン」の慣行が見受けられますね。まあ、5%以上で大量保有報告書を提出ですので「俺達はこんな関係だ」ってすべての人に堂々と宣言している訳ですね。


財務諸表を見てみます。

まずトップが武山氏、で取締役にも武山氏がおります。で、常務取締役武山直民は、取締役社長武山尚生の弟でありますとの事です。当社の操業は昭和5年6月 普通銑鉄鋳物の製造を目的として武山鋳造所を創立ってなっているので、一族経営だろうな~ってここで思うのです。

ただ、裏付けが必要です。数字を見て行くと、2009年と2010年に赤字を出しています。2009年は15.5億円、2010年は3600万円です。この赤字は何って考えると、2009年はデリバティブ損、特損などでした。まあ、デリバティブをヘッジって言いながら投資してたんでしょ?って思わせる感じです。で言い訳がこんな感じで記述。「デリバティブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、信用度の高い金融機関と取引」はい。解りました。もうこれ以上ツッコミません。


特損に関しては昔から残っていたゴミレベルの資産を一気に損に振り替えたのでしょうね。で、「100年に1回」って言い訳を使用します。リーマンショックって実はそれなりの余裕ある企業については「特損」を計上するチャンスだったのです。

2010年は売上の低さで赤字って考えて良いと思います。しかし2009年にしっかり膿をだし、2010年はカサブタってな言い訳で良いのではないでしょうか?まあ、それでも配当は毎年8円をずっと出していた訳ですし。良いでしょう。

ただ、この経営における赤字で誰も経営陣は辞めてないんですよ~。って事を考えるとやっぱり一族経営なんだなあ~って思うのです。

でも、逆にから見ればね、もう怖い経営者とか連れてきて、スーパーコストカットする必要が無いレベルのビジネスが出来ているって事。トヨタの人とゴルフを一緒にすればOKなのです。三好ゴルフ倶楽部株4株保有、金額800万円。さらに調べちゃうとは三好ゴルフ倶楽部の理事長の豊田芳年氏、偶然にも豊田自動織機の取締役名誉会長と同じ~。

技術もビジネスもしっかりした基盤があるからこういう事が出来るのです。本当にポジティブですよ~。「いいね!」

まあ、当社の売上の数字はトヨタ自動車の生産台数とかと当然、関連があります。JAMA(日本自動車工業会)の統計月報で見れます。ここのデータベースは非常に使いやすく。重宝しています。


あとは、怖い部分を探すのですが、蘇州中央可鍛有限公司と蘇州石川製鉄有限公司への28億ですかね~。それと減価償却がかなり進んでいる機械装置及び運搬具ですかね。180億円。これが償却が終わったら機械はゴミになるのかな~ってちょっと心配。

そんな事を考えつつ、有形固定資産除却損の内容を見ると、2011年7500万円、2012年は 2400万円なので、機械はスクラップにしちゃってる?って思うのです。ここら辺は機関投資家のアナリストに調べてもらいたいものです。もしくは工場見学会とかやってもらいたいものですね。

機械の買い替えになったらかなり厳しいですよ。しかしその確率はゼロではないし・・・。銀行からのコミットメント融資枠もまだちゃんと持ってるし、そしてそれはほとんど使われてないし。この融資枠はいつ、何に使うのかな~。

だって当社は普通に無借金会社になれますもん。キャッシュも資産もそれなりにあるし・・・。しかもそれを狙われないように買収防衛策も決議されてるし・・・。今後も淡々とビジネスを進めるのであればこんなコミットメント枠いらないでしょ~。


株価を見てみます。

348円、実績ベースでPER5.2倍、PBR0.4倍、配当利回り2.3%です。割安ですね。ただ、自動車部品の会社なので成長性は無いって言えちゃわない?だって自動車販売数は減るよってみんな考えているし、円安になっても生産は海外に移るだろうし・・・。


私の投資判断は「保留」となりました。


理由は4つです。
1つ目は設備投資の行方です。やはり機械の買い替えなど、もう一度位あるのではないかって考えます。
2つ目は変わらない配当です。配当利回り2.3%は特に魅力的なではないですよね。
3つ目は今後の利益の成長が期待できないのです。となるとPERは割安方向に振れない。
4つ目は自動車部品業界全体がみんな割安なのでいまの所横並び。

って事が挙げられます。

しかし、逆に機械の買い替えの目安が決まり、配当も上がり、利益成長として海外売上が10%以上になり有価証券報告書にその数字が上がってきたらチャンスかと思います。現在はほとんどビジネスが日本向けですので。


最後に、

機関投資家がまったく手を付けていない会社です。言い換えれば機関投資家が損も得もしていない会社です。機関投資家って一度損をしている会社の株をまた買うって事は難しいのです。ほぼムリ。ってかもし同じ会社の株で2連敗はクビですね。

機関投資家が買うタイミングとして、トヨタ自動車の株が一気に上がり、ポートフォリオの占有率が高まると、トヨタ自動車株を売ってこういった会社に投資する事もあります。

そういった動きを捉える事が出来れば、再調査で「買い」に変わる場合もあるのです。


がんばれ、中央可鍛工業!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問です!

>自動車部品業界全体がみんな割安なのでいまの所横並び。
とありますが、自動車部品全体が割安に放置されている理由はどういうところにあるのでしょうか?

また、同様に住宅建材業界も割安に放置されている銘柄が目立つ(当ブログでも紹介があった杉田エースとか、ノダとか)のですが、今後ファンド等の買いが入って見直されていく局面は期待できるのでしょうか?ハウスメーカーはそれなりに買われていると思うんですが、、、

ちなみにノダ(7879)は面白そうだと思うんですが、どうでしょうか?(汗)

Re: 質問です!

コメントありがとうございます。

リーマンショックの際に一気に売られました。自動車大手が3年は赤字が続くとの会見があったためですね。その自動車会社は生き延びれますが、小さい部品会社は生き延びれないっと思った機関投資家が売りに出しました。

また、当時は中小型株の下落の方が厳しく、中小型ファンドは軒並みクローズでした。当然アナリストやファンマネはクビです。なので今はこういった会社を調査する人がほとんどいないようです。

私自身も大手のファンドから調査依頼を受けたりしています。やはり調査する人材がいないようです。
なので、業績が回復しても買うファンドがほとんどないのです。配当さえ高くすれば買う投資家は出てくるのでですが・・・。FとかIとか。しかし、自動車大手、部品大手の株が充分に戻り、業績も伴ってきたらこういった会社が通常のファンドからも多少買われるのではないかと思います。


住宅建材業界も同様に割安に放置されていますね。
ノダは面白い会社かと思います。08年09年の赤字が本日紹介した5607中央可鍛工業と同様な「特損!」的な香りがプンプンします。木材ですので劣化した在庫は結構あったと思いますが・・・。

木造は国の建築基準、耐震、耐久年数等で結構な規制を受けているのでそういった部分も調べる必要があると思います。

7898ウッドワン、7837アールシーコア等も調査してみたくなりましたが、明日、「ノダ」を調査して独断と偏見によるブログを書かせて頂きます。

今後とも、応援をよろしくお願いします。

> >自動車部品業界全体がみんな割安なのでいまの所横並び。
> とありますが、自動車部品全体が割安に放置されている理由はどういうところにあるのでしょうか?
>
> また、同様に住宅建材業界も割安に放置されている銘柄が目立つ(当ブログでも紹介があった杉田エースとか、ノダとか)のですが、今後ファンド等の買いが入って見直されていく局面は期待できるのでしょうか?ハウスメーカーはそれなりに買われていると思うんですが、、、
>
> ちなみにノダ(7879)は面白そうだと思うんですが、どうでしょうか?(汗)
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。