スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2769ヴィレッジヴァンガード



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

2769ヴィレッジヴァンガードです。
雑貨とかと取り扱っている会社です。「遊べる本屋」ってコンセプトだそうです。巷(ちまた)では「ビレバン」もしくは「ヴィレヴァン」って呼ばれてます。名古屋が発祥の地であり、上場企業に関わらず「商い」の香りがプンプンする会社です。

コメントでも頂きましたので調査します。


ビジネスについてです。

雑貨屋。ハンバーガー屋。アパレル屋。(チチカカ)で一応本も売っています。有価証券報告書に「モノを買うという行為そのものの楽しさ」をお客様に提供することを目指しております。なんて商売っ気がある上場企業なんでしょう。

後で説明しますが、当社の業績は景気に対して遅行して発生します。なので今景気いいなってなったら半年後以降の業績に表れます。まあ、そうだよね。こういった「無駄遣い系」や「ウケ狙い系」はお金に余裕があるときについつい勢いで買っちゃうもんね。

年齢層は10~30歳位の人達がターゲットかな?ただ、40歳、50歳代とかでも意外と楽しめるようなマニアックなものも取り扱っているので。ビートルズとか昔のロック系の本、グッズとかです。イケメンから丸の内OLにはプレゼントとしてオッケーですが、コンサバ丸の内OLとかにはウケなさそうですね。


ビジネスはシンプルすぎるので数字を財務諸表で見てみましょう。

ひじょ~に分析しやすい財務諸表です。誰に教育されたのでしょうか?外国人投資家向けの財務諸表っぽく、日本的なダサいその他大勢の上場企業とは違います。

素人っぽいですが、売上で見てみます。連結で売上は上昇。良いです。ただ、直営店1店舗あたりはで見ると減少。同様に利益も減少。まあ、でも店を出せばそれなりに売れて儲かるって事は理解できますね。たとえ1店舗当たりの利益が減少していても。だってもう1店舗出店すればそれだけ利益が増えるので。

ちなみに欧米では利益を自慢する人はいますが売上を自慢する人はいません。日本だけですよ、テレビで「年商200億の男」ってやっているのは。


ってか、じゃあ店舗を増やしまくれば良くね?って思うのですが、店舗数の増減を見て行けばわかる通り、過去5年の直営店の数はそれぞれ、258、319、309、408、455となっています。フランチャイズもあって、34、32、25、24、20となっています。フランチャイズは国道に土地を持っている人などが始めたのでしょう。直営はお金があるからパルコとかに入っているのです。ちなみに5年って2008年から2012年です。

2008年9月にリーマンショックって訳でその後少し経って、ヒエラルキーの底辺にいる一般国民のサイフがドーンでなる訳よ。で閉店~って店舗数が減っているでしょ?もちろん個々の戦略が失敗したかもしれませんが、1店舗当たりの数字の落ち込み見たら、全店舗にドーンってなってる訳よ。で店舗減少の傾向を見るとフランチャイズの方が耐え切れない感じでしょ。減少率高いし。

まあ、でもここからが経営陣のすごい所です。2008年はどの企業もヤバイ決算になると予想する訳です。なので当社も悪くても良いでしょうって事を考えちゃいます。で2.7億のたな卸資産評価損を出してるのです。たな卸資産評価損って売れ残った商品をゴミって考える事なので価値は無いのです。


でも黒字ですからね。


減損損失の金額って重要ですよ。2012年の有価証券報告書では商品及び製品が173億もありますからね。1商品で173億とかではないので全部がゴミになる事はまず考えられませんがね。この何%が毎年ゴミになるか計算して、この比率が上昇してきたら当社のブランドがちょっと壊れ始めてるって考えても良いのではないでしょうか?

今の所大丈夫です。まあ、小売りだしね。
自動車部品とかの会社だとリコールと新技術がでたせいで、商品がゴミになりスーパー特損が出たりします。


正直、何年でダメだったら撤退なのかも計算できますが、非常~に面倒なのでやりません。有価証券報告書には県別、店舗数、売上とかきれいにまとめてあります。また当社のHPでも月次が出ているので計算可能です。

ここでも外国人投資家は大喜びです。下っ端アナリストをこき使って計算させるのです。


あと数点、財務諸表で気になる部分を挙げておきましょう。計算などはご自由にどうぞ。ただ、自身が経営者として考えてどんぶり勘定的に足したり引いたりしたらなんとなく経営戦略を理解できるかと

売掛金18億。イオンモールとか。平均滞留17日。17日位で回収しちゃうって事ね
長期借入18億。メガバンク、地元地銀から同じ位の金額です。
買掛35億。現金21億。差し入れ保証金17億。これは個人でいう事の敷金。

あとはストックオプションね。当社の取締役3名、当社の従業員59名、子会社の従業員7名に付与ですって。

社員を大事にする会社って社内の食堂が使い放題とか、フレックス制とかではないのです。働いた時間に関して沢山のお金を様々な形で支払う事なのです。お金が信用と人事評価なのです。

私は銀行から10億円借りれません。理由は簡単です。100億の貯金が無いからです。
伝わってます?


役員報酬は1.4億を4人ですが、オーナー会社ですので均等に4.で割ってる訳ではなさそうなので高すぎ~とは思わなくて良いですね。

また、無駄な証券とかに投資もしていません。怪しいデリバティブも無し、もう本当に「商い」をしているって事がこういった部分から見て取れる訳なのです。これも外国人投資が大好きな部分ですね。


株価を見てみます。

214,000円、実績ベースでのPER10.6倍、PBR0.93倍、配当利回り0.65%です。
PBRについてはゴミになりそうな資産等を考えてもうちょっと高くなるのでしょう。計算、修正して1倍は超えますね。PBRでは買えません。

では、PERってなります。10.6年分の利益が織り込まれてます。10.6年後、当社はどのようなビジネスになってるのでしょうか?

7532ドンキホーテ?3092スタートトゥデイ?3331雑貨屋ブルドッグ?


私の投資判断は「買い」です。


理由として当社のビジネス展開が全国区ではあるものの、店舗数がもうちょっと増やせます。こちらの決算説明会の36ページ目ですね。

当社のビジネスには地方性ってないのです。静岡県民がお茶を良く飲むとかそういうの。で今の所、ブランドとしてもある程度人気があるようですし・・・。

で、IRなんかも普通に英語であるし。「素晴らしい」の一言です。だからストックオプションを優秀な従業員に出すのでしょう。だってあれは、今後数年後、交換できますって事であってつまりは、従業員を引き留めるためなのです。当社の場合はね。

なので、逆にストックオプションが行使され、次のストックオプションの一手が出ないようであれば、そういった優秀な人たちがどこかへ行ってしまったって考えます。

まあ、月次ちゃんと見て行けば、会社予想とどう違うか、アナリストのコンセンサスとどう違うかが解りますので買い時、逃げ時が解りやすいです。


最後に、

ファンド会社にはファンドマネージャーがいて投資の最終決定を下します。その下にシニアアナリスト、ジュニアアナリスト、アソシエイトアナリスト、下っ端アナリストみたいな感じになっています。

店舗ごとの情報はアソシエイトアナリスト、下っ端アナリストにやらせて、経済事業と合わせての分析はジュニアアナリストに、でファンマネージャーへの提案、報告書のチェックやら最終的な事をシニアアナリスト。で最終決定前にファンドマネージャーがアナリスト何人かを連れてトップ、経理、財務の方たちとお話しをして「ヒト」を見極めます。

で、投資判断を下すのです。特に外国人投資家はオリジナリティがある会社が大好きです。HPなどを見ると解りますよね。私はよく引き合いに出しますが当社は3092スタートトゥデイっぽいオリジナリティがありますね。

それに経済事情、クールジャパン、ゆるキャラとか売れてるし、そんな時代なんじゃない?って運用会議で言っちゃうと、満場一致で投資されそうな案件になるのです。こういった部分をヴィレッジヴァンガードは有価証券報告書、HP、IRとかでやっているのです。マジで当社のIRは必読です!!

やっぱり、ファンドがある程度当社に指南しているのではって思います。で、もしさらにファンドがいっぱい投資してきたらって考えるのです。


がんばれ、ヴィレッジヴァンガード!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

早速の調査ありがとうございました

数ヵ月前の株価を見ていたので、そこから2倍以上の株価では買いづらい。。。とずっと様子見していたのですが、この記事を読んで「そういう視点で投資判断すればいいんだ」と思いました。
過去の株価はあまり気にせず近々購入しようと思います。ファンド事情など普段知ることが出来ない情報も満載で読んでいて非常に勉強になります!
これからも楽しみに拝見させていただきますね♪調査ありがとうございましたm(__)m

Re: 早速の調査ありがとうございました

コメントありがとうございます。
確かにチャートを見ると買いにくいですよね。もっと早く気付けば~って思います。
たた、今の株価の価値がいくらで、あの時の価値がいくらだったとか計算をすれば良いと考えてます。

昔は毎日の一株当たりの売上、利益なども計算して毎日の理論株価をグラフにしてみると、買い時、売り時が解ると思います。チャートの動きだけで売り買いを判断すると、相場になってしまうのでご注意さい。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> 数ヵ月前の株価を見ていたので、そこから2倍以上の株価では買いづらい。。。とずっと様子見していたのですが、この記事を読んで「そういう視点で投資判断すればいいんだ」と思いました。
> 過去の株価はあまり気にせず近々購入しようと思います。ファンド事情など普段知ることが出来ない情報も満載で読んでいて非常に勉強になります!
> これからも楽しみに拝見させていただきますね♪調査ありがとうございましたm(__)m
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。