スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6062チャーム・ケア・コーポレーション



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

6062チャーム・ケア・コーポレーションです。
大阪、奈良、京都、兵庫に介護付き老人ホームを運営している会社です。単体決算です。老人ホーム保施設は16しかありませんのでシンプルなビジネスを展開しているように思います。

て思ってる人、残念でした。

例え単体でも、ビジネスが老人ホームでも、シンプルではないのです。なぜなら当ビジネスにおいては様々な「認可」が必要になります。誰でも、適当に当ビジネスを始める訳には行きませんので・・・。

そんな中、当社は2012年に上場を果たし、結構な責任のある企業になったのです。売上もまあまあ増えているようです。


ビジネスについてです。

老人ホームビジネスですね。とりあえず色々頭に浮かんだのが介護系国家資格等です。「ユーキャン」とかで調べると

社会福祉士国家資格
介護福祉士国家資格
介護支援専門員資格
ホームヘルパー資格
福祉住環境コーディネーター資格

とか多種多様です。

資格が必要で、気持ちだけでは介護は出来ませんね。また、儲けを考えての介護ビジネス参入も難しいのです。さらに、介護に関する法律は色々と国会で審議中です。総量規制とか小難しいのが沢山出てきます。なので、そういった「先生」ともお近づきになる必要もあるし。人脈が大切なのです。

参入障壁は非常に高いのですね。

そんな中、当社は上場している訳なので、そういった事は一通り「合格」していると言って良いでしょう。詳しく言うと、近畿圏では「合格」って事になります。


財務諸表を見てみましょう。

ここでも、なぜ近畿圏で「合格」したかの手がかりが見えてきます。まあ、それなりにツッコミ所もありました。

まずは上場前、平成20年の債務超過時(694万円)です。この数字の出元を探りたいのですが、不明でした。探るというのは694万円が昔はさらにあって1億とかから回復してきたとか、1会計期間にとんでもない特損を出したから債務超過になってしまったとか、そういった過去の失敗が読み取れません。

過去の失敗は未来への布石なのですが、企業によっては何度も同じ間違いを繰り返すことがありますので、そういった兆候が財務諸表に出てくる会社であれば、投資対象にはならないのです。当社はその情報が手に入りません。


次に、買収した「つばめ荘」が気になります。流動資産203,693千円、固定資産2,601千円、資産合計206,294千円。流動負債111,091千円、固定負債165,687千円、負債合計276,779千円なのです。いくらで買収したんだろ~って思うのですが上場前なのでこれまた見つからない・・・。

買収タイミングも絶妙で、「つばめ荘」の売上が当社全体の売上の10%をギリギリ超えない時に買収。となると当社への業績は少しなんで「つばめ荘」の詳しい決算内容は提示しませんよってなる。

「つばめ荘」についてさらに続けると、三井住友銀行との融資契約があって借入金1,035,000千円を継承している。(平成22年6月7日付)。ポイントは、なぜ銀行は「つばめ荘」にそんな金額を貸せるのだろうって。

もし答えが将来、「つばめ荘」が収益を生むからであれば、経営者はそんな良い会社を手放すの?とまあ考えると、よき人材、人脈があるのではって思います。

役員の経歴を見ればわかりますよね。
それに役員報酬についても。報酬は8,000万円÷4人です。


役員について見てきたので、そのまま役員について見て行きます。

銀行出身者、当ビジネスのノウハウを知っている銀行出身ではない役員もいます。銀行出身者が役員に就く理由は複数あります。

当社のビジネスが落ち目で融資の回収をする必要がある(融資した当時の担当者が役員となる)。財務諸表とかが苦手な経営者がいる。それらを助けるため。銀行が株主であり、出世できなかった50歳代に役職を付けてあげるための天下り会社。

考えて見ればそうですね。それぞれのビジネスの現場を知らない人が上になるのですから。これは正論です。なので、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」の映画は大ヒットしたのです。

まあ、当社の場合は、銀行から結構なお金を借りていて、それにコミットメントがついているのです。それが守れないようであれば即、銀行はお金を引き上げますよってヤツです。

幾つか挙げてみると

損益計算書における営業損益を2期連続で損失としないこと。
平成22年6月期以降、借入人の収益償還年数を2期連続で20年超としないこと。

とか色々あるのです。これは誰かが常にしっかり見ている人が必要な訳ですよね?じゃあ財務諸表をしっかり見れる人が必要なのです。で銀行にもしっかり話ができる人。「私は適任を知っています」って銀行チームが経営者にそう伝えます。場所は料亭かどこかで偶然頭取や副頭取が座っている横にいる銀行チームのおじ様がそうだったりします。

料亭の話は尽きませんが、話が逸れるので財務諸表に戻ります。


ビジネス上での売上は上昇していて、直近3年は前年度比29.15%、34.87%、10.64%となっています。純利益も86.26%、173.80%、52.00%とよろしい感じ。ただ、2013年の会社予想の売上増加、純利益が減少なので、当社の戦略として拡大路線、もしくは借入金の返済である事に気づきます。

配当はまだまだ先なのかなって思いました。


でずっと読み進めていくと、借入金の明細が出てきて、短期借入金の平均利率1.2%とやや高め、長期借入金の2%も高い。リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)が12.1%って超高いのです。

まあ、これは見方により変わりますが、誰かから高く手に入れているのか、もしくは最短の8年で償却してしまおうって考えているのかですね。建物の耐用年数は8年から47年ってなっていますので。


株価を見てみます。
1420円、実績ベースでPER7.8倍、PBR2.37倍、で配当は無し。まあ、会社の利益の金額が減るって発表なので今後のPERは高くなっていくと、予想ベースででは11倍です。


私の投資判断は「保留」です。


当社は成長産業であるにも関わらず、会社予想があまりにも弱気である。これは今後、大阪、奈良、京都、兵庫以外への進出が難しいって事を意味しているように思ったりします。当社の老人ホームには95%程の入居率がありますので出せば入居できるのです。単純に部屋数×売上、そこから3年平均位の純利益率を掛けてあげれば数字が出てくるはずです。

それを株価に当てはめてば良いのですが、出店攻勢がかけられないとすれば、成長に関しては黄信号です。

当然、国の総量規制もありますのでそういった法律関係にも目を光らせる必要があります。
ただ、さらに光らせなくてはならないのは当社が上記以外の他県への進出をした時です。そうなればその県には根回しが出来ている事になります。


最後に
介護サービスは陣取り合戦です。以下の会社がどこの地域で強いのか調べる必要が出てくると思います。

介護サービス事業の会社(私の思いつきベース)
9783ベネッセホールディングス
9792ニチイ学館
7522ワタミ
2398ツクイ
2415ヒューマンホールディングス
2400メッセージ
9707ユニマットそよ風
2374セントケア・ホールディング
6059ウチヤマホールディングス
2494メディカル・ケア・サービス
2373ケア21
2435シダー
4355ロングライフホールディング
2425ケアサービス
2144やまねメディカル
2137光ハイツ・ヴェラス


あと、当社の介護施設がどれ位古いのかも、グーグル、ストリートビューで見るとわかるかもしれませんね。

当社の介護施設
チャームやまとこおりやま 〒639-1136 奈良県大和郡山市本庄町307-1
チャーム南いばらき    〒567-0861 大阪府茨木市東奈良3丁目16-16
チャーム守口おおくぼ   〒570-0012 大阪府守口市大久保町1丁目18-10
チャーム奈良公園     〒630-8305 奈良市東紀寺町1丁目11-5
チャームスイート緑地公園 〒561-0862 大阪府豊中市西泉丘3丁目2-21
チャーム河内長野     〒586-0051 大阪府河内長野市末広町2-35
チャーム枚方山之上    〒573-0041 大阪府枚方市山之上東町11-8
チャームヒルズ豊中旭ヶ丘 〒561-0865 大阪府豊中市旭丘1-13
チャームスイート京都桂川 〒601-8213 京都市南区久世中久世町1-66-1
チャームスイート西宮浜  〒662-0934 兵庫県西宮市西宮浜4丁目10-8
ルナハート千里 丘の街  〒565-0804 大阪府吹田市新芦屋上3-20
チャーム京都山科     〒607-8187 京都市山科区大宅石郡町116
チャーム東淀川瑞光    〒533-0003 大阪市東淀川区南江口2-6-86
チャーム東淀川豊里    〒533-0013 大阪市東淀川区豊里5丁目23-22
チャーム京都音羽     〒607-8062 京都市山科区音羽珍事町39-1
チャームスイート神戸摩耶 〒657-0812 神戸市灘区箕岡通4丁目5-2
チャームスイート宝塚売布 〒665-0852 兵庫県宝塚市売布4丁目1-25


がんばれ、チャーム・ケア・コーポレーション!!








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。