スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2128ノバレーゼ



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

2128ノバレーゼです。
ウェディングの会社です。
婚姻届出数が減少している中、当社は着実に売上を伸ばしていて、施工数(式を行う件数)も伸びています。また、アベノミクス効果により多少なりとも消費は増加傾向になると考えます。しかし、モノがあふれている時代ですのでモノを買う動きというよりかこういったイベントに消費者はお金を出すのではないでしょうか?

私自身、あまり調べた事が無いビジネスなので非常に楽しみです。


ビジネスについてです。
ウェディング会社、なので結婚式、衣装、料理など一通りの結婚式に関わるビジネスを展開しています。上場しているライバル社はこんな感じですね。

4331テイクアンドギブニーズ
売上479億
純利益4.5億(利益率0.8%)
時価総額251億

4696ワタベウエディング
売上489億
純利益4.2億(利益率0.9%)
時価総額85億

2418ベストブライダル
売上445億
純利益32.7億(利益率7.3%)
時価総額391億

当社は、
売上117億
純利益5.2億(利益率4.4%)
時価総額79億

となっているため、時価総額ベースでは一番小さい事になります。上記4社の数字を純利益で取りましたので本業以外での収入が含まれてたりしますので%自体はふ~んって程度で見る方が良いのではないでしょうか?

実際、経常利益を用いる方が正しいという方もおりますが、少し古い考えのように思います。欧米の投資のアイデアとしては「白猫でも黒猫でもねずみを取ってくるのが良い猫」という考えですので、ビジネスも同じ、経常利益だろうが純利益だろうが、いくら最終的にいくら稼いだんだって事が重要であると考える訳です。


財務諸表を見てみます。

とりわけ怖い部分が見当たりません。私の財務諸表の見方として、特損の恐れがありそうな資産、貸し倒れそうな売掛金、謎な有価証券、金利の高い借入、それらを基本的に見ています。

結婚式のドレスなんてすぐにダメになるでしょう?2年と持ちませんよ。でこれが超大量にどこかから買い付けて「資産」にたっぷりと計上していたら・・・・。ああ~特損でるな~思いますよね。で会社は損するけど、そのドレス屋はがっつり売れたから得する。ドレス屋が当社と知り合いの企業だったりする。

こういった類の「でた~」的な事が当社にはないのです。

なので、財務諸表はサクサクっといくつかのレシオだけ計算して大丈夫って再確認します。逆にもし怖い部分を見つけたら私にご一報頂けたら嬉しいです。

あ、従業員のお給料だけはちょっと安いなって思いました。まあ、CAと同じで皆さんがやりたがるお仕事なので安くしても人材は集まると、で一通り経験して退職するので平均勤続年数は3年位なのかな。


株価を見てみます。

74700円、実績ベースでのPER14.8倍、PBR1.3倍、配当利回り3.35%です。
現在の東証1部平均から見ると割安なのですが、S&P500の国際的なアイデアから見ると、PERは12倍以下が好ましいですね(世界的なバリュー投資家の最近の見解です)私も同感です。

ただ、婚姻届出数が減少している中、業績がアップしてますので、この婚姻届出数が増加したらさらに業績がアップする可能性はあります。なのでそれを踏まえて株価を計算します。

まず将来予想ですが、業績がアップしている会社ですので会社の数字を鵜呑みにします。でそれの成長率を見ると、5%位成長すると計算できました。これを今後も当てはめていくと・・・。2014年にはPERが10倍を切り、2016年にはPBRが1倍を切ります。配当は2015年には増配可能と考えます。配当性向について、当社は言及してませんが、計算して平均値を採用した結果になりました。

アップサイドはまあまあです。2017年の予想ベースでPERを15倍として考えれば今から保有で年率15%という単純な計算結果が出てきました。

ただし、ダウンサイドも非常に高く、かつてPERが5倍を切る水準まで売られた事もあります。これは業績の変化によるものです。当社は四半期ベースでは結構ブレが多く、大きな赤字を出したりもしています。そのため四半期でどれだけのペースで進んでいるかもチェックする必要があります。

売上ベースでみると、ジューンブライドの時期が入る時期が売上がやや多くなります。


私の投資判断は「保留」となりました。


私が未熟なせいかもしれませんが、厚生労働省リクルートのブライダル総研の数字と当社の業績がかなり納得いくように結びつかないのです。恐らく、同業他社調査も必要なのだと思います。

また、株価の動きを見ても、四半期決算の数字を見ても遅くはないと思います。つまり、機関投資家のアナリストがそれほどカバーしている銘柄ではない様に思います。なので四半期報告でうれしい数字が転がり込み、国や研究所の調査でも良い数字がでて、同業他社の数字も良くなれば、そのマクロ要因で「買い」になる事があると思いました。

あとは、「ゼクシィ」の編集とかにも調査をかけて各社の評判を聞いておきたいですね。当ビジネスは多少、ファッション的な部分もあると思いますので。


最後に、
多少なりとも、同業他社分析を行いました。とある会社では金融子会社まであるのですね。結婚式は予算オーバーでその分はローンでっ、て事も可能なのですね。ちょっと現実に戻されますね~。逆に最近では「スマ婚」とかもあってとりあえず式できますよ~なんてのもある。

やっぱり人生で1回とかの大切なイベントな訳じゃん。どういったブライダルビジネスが生き残るかってなんとなくわかるような気がしません?


がんばれ、ノバレーゼ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

チャームケアコーポレーション

6062 チャームケアコーポレーションという関西の介護ベンチャーが気になっています。

一部のバリュー投資家のブログで絶賛されているようで、成長性、収益性、割安性ともに、かなりいい感じに思えます。

50万円ほど仕込んでいるのですが、なかなか上がらず、不安な毎日をおくっています。

一度、精査していただけないでしょうか?

Re: チャームケアコーポレーション

コメントありがとうございます。
6062チャーム・ケアコーポレーション。面白そうな会社ですね。
さっそく明日調査して独断と偏見に満ちた独り言のレポートを書かせて頂きます。

もう少々お待ち下さいませ。

> 6062 チャームケアコーポレーションという関西の介護ベンチャーが気になっています。
>
> 一部のバリュー投資家のブログで絶賛されているようで、成長性、収益性、割安性ともに、かなりいい感じに思えます。
>
> 50万円ほど仕込んでいるのですが、なかなか上がらず、不安な毎日をおくっています。
>
> 一度、精査していただけないでしょうか?
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。