スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2925 ピックルスコーポレーション



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

2925ピックルスコーポレーションです。

漬物一筋の会社です。ご飯がススム君、きゅうりのキューちゃんで有名ですね。


売上微増、万年黒字会社ですね。さらにはじわりじわりと他の漬物会社と買収したり広島に工場を建てたりして更なる生産力を強化してますね。経常利益率は4.9%。大御所をお客様に持つ会社としては納得の数字です。今後、この売上微増は続くかどうか、この利益率が改善されるかどうかが投資において重要と考えました。


主な取引先は大御所、7&Iホールディングスですね。実は7&Iホールディングスへの売上依存度は5年前まで5割を超えていたのが今は4割をちょっと切りそうです。まさかのPBの影響がここにも!と考えますが時期尚早です。7&Iホールディングスの売上に占めるピックルスコープレーションの売上は実際に伸びてます。もちろんピックルスコーポレーションは他の会社にも卸しているのでそちらが好調であれば必然的に7&Iホールディングスへの割合は減少します。良いことです。


本気のアナリストであれば、セブン、ヨーカ堂の惣菜売上のうちの漬物の比率まで調査してその数字を使うのですが、これはセルサイドのアナリストに任せるのが一番です。私はバイサイド出身ですのでこういった数字を取れません。なので、適当に売上を数字として計算しました。


恐らく、PBの世界が漬物まで来ることはそんなにないと思います。理由として、日持ちしない漬物で食中毒などの問題があった際、責任の矛先が当PBブランドになり、本社のブランドまで落とす羽目になります。失礼ですがたかが漬物で7&Iホールディングスのブランドが落ちたらやってられません。PBは品質に問題なさそうな缶ジュースとはポテチでやれば良いのです。


という訳で、シェアが落ちても売り上げについては問題ないと思われます。7&Iホールディングスはずっと当社の株を2.1%保有しているのも安心の理由ですね。


ピックルスコーポレーションの売上シェアの残りを見ましょう。売掛金の欄にはいつもコープやベンダーサービスなど決まったお客さんばっかりですね。これもそれぞれ調査しましたがまあ問題ないでしょう。


ま家で食事をする人が増えてるという話がありました。それに漬物は子供からじーちゃんまでみんな大好きだから急に売れたり、売れなくなったりはしないでしょう。今後も地味にシェアを伸ばすのではないでしょうか。広島に新しく工場を作るのもそのためでしょう。実際、売上原価を見てみると運搬費が給料を超えています。工場の場所をそれぞれ見てみると中京エリアが一番南でした。広島にもセブンイレブンがあるので工場を建てて正解でしょう。しかも人口統計や物流などをしっかり意識しての広島なのだと思います。素晴らしい。

後は他社との競合ですが、漬物の世界は漬物協会なるものがいくつか存在し、のんびりとやっているように思います。地元の漬物屋と大手で住み分けはできてるし、他業種とも住み分けができているようです。なんとなく思うのですが、2908フジッコや2809キユーピーなどもライバルになりそうですが、それぞれ他人の領域を侵略するような商売はしてないように思います。

株価等を見てみましょう。
537円でPER5.8倍、配当利回り2.7%、PBR0.52です。2011年に一瞬220円を付けたときはPER2.38倍、配当利回り6.82%、PBR0.22です。これだけ聞くとどう見ても倒産企業にしか見えません。ここで買いが入らないのは機関投資家の目に触れてないからですね。

下値が限定している会社ですが、株価の動きと2%台の配当では個人投資家はよそへ行ってしまいます。逆によそに行ってしまったほうが売りにより株価下落で長期投資家としてはありがたいのですが。

まずは当社の県別のシェアを調べ、そのうちの7&Iホールディングスのシェアを調べて計算して将来の利益をはじき出す方法で株価に反映させるのが一番でしょう。あとは7&Iホールディングスに聞き込み調査です。


こういった大企業を大きな取引先に持つ企業でその大企業の子会社でない場合は、その企業の動き自身で大きく影響が出る反面、意外と単純な調査でとんでもない情報を手に入れることが可能です。


また、漬物という地方性がない食品であれば、たとえば当社の本社がある埼玉県のシェアが多い場合は基本的に他の件でも同じシェアになる事が多いです。例を挙げれば中古車販売の7599ガリバー、北海道基盤の家具の9843ニトリがそうでした。ピックルスコーポレーションも全国規模の企業になるのか期待してます。


私の投資としてはホールドですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。