スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7602 カーチスホールディングス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

7602カーチスホールディングスです。
中古自動車を取り扱っている会社ですね。全国展開しています。あの「ホリエモン」が1円オークションで自分の車を出品していたあの会社です。当時は「ライブドアオート」ですね。

当社は何回も社名を変更しています

エイジーエイ
オートガーデンアソシエーション
ジャック
ジャック・ホールディングス
ライブドアオート
カーチス
ソリッドグループホールディングス
カーチス
カーチスホールディングス

という感じです。

まあ、これを見ただけで嫌になっちゃいますね。一般的に社名を変更するのってブランド名が消えるって事なので良い事であるとは考えられませんので。

で、まあ今はカーチスホールディングスとして新たなスタートを切っているのです。当社は以前、私が調査した8767ウェブクルー(2013年2月14日のレポート)とコラボレートしています。

まあ、色々と癖がありそうな企業なのですが、こういった企業こそ投資妙味が残っている可能性があります。

調査開始です。


ビジネスについてです。

中古車屋、中古車仲介屋ですね。カーチス倶楽部ってHPがあります。会員は18,244 社(平成 24 年 11 月末)です。カーコンビニ倶楽部・カーコン車検はまあまあ認知度がありますね。

当社は賃貸もやっていましたが、これは債権者から取り立てた物件ですのでビジネスとしてやっていこうって感じではありません。


ある程度の規模がある企業なので、日本自動車販売協会連合会の中古車登録台数などにビジネスは影響するのではないでしょうか?中古車登録台数は減少中ですが、今後の景気回復具合により好影響も出てくるのではないでしょうか?

「規模の経済」が働き競合他社が消えて、当社が生き残れれば、シェアが増える可能性も出てくるのではないでしょうか?


財務諸表を見てみましょう。

車はBSの商品ですね。売上に対してかなり少ない金額です。会員の18,244 社からフィーを頂いてるのでしょう。車が売れなくて一気に特損の恐れはないですね。

破産更生債権等が気になりますね。68億も貸し倒れそうなのです。ただ、引当金を充てているのでまあ、この数字は過去の遺物としてとらえましょう。だって引当金額は貸したカネの99.95%ですよ。この意味は、取り立て諦めましたって事でしょう。

この破産更生債権の内訳は、株式会社スポーツトラスト14億、JAC HAWAII, INC.13億ってなっています。利益率改善とかより、ここから本気で取り立てたら一気に業績が回復するじゃん。

利益率は連結ベースで2012年7.9%、2013年予想が2.3%、2014年が2.4%という感じになっています。2012年は特別で訴訟損失引当金戻入額が特別利益で計上されて約18億のプラスですからね。

で、それ以外に気になる所を見ると、過去2008年、2009年がそれぞれ30億位の赤字です。実際それ以前も赤字です。ソリッドグループホールディングスの時代です。EDINETで見れる一番古い平成20年の有価証券報告書を見れば赤字体質である事が簡単に理解できます。

ってか、「当期純利益」の欄って赤字があるときは「当期純利益または純損失(△)」って表記になるのですが、当社のそれが「当期純損失」ってなっているのが非常に珍しいです。5年間、ずっと赤字なのかいってツッコミました。

現在は過去の遺物を生産し、しっかりとしたビジネスに戻りつつあると思います。


ただ、利益余剰金がマイナスなのでまだ、損失を繰り越している状態ですね。まあ、確認のため自己株式の取得もあるかチェックしましたがないですし。


株価を見てみます。

43円、会社予想ベースでPER14.5倍、PBR1.8倍です。配当は0円、利益余剰金が無いので当然出せませんね。
14.5年分先の利益まで買われているって考えるのです。


私の投資判断は「保留」となりました。


理由としては通常の投資スタイルである割安、成長株ではないためです。しかし、当社には「イベント」がたくさん残っているのです。

まずは人事でしょう。

取締役兼執行役会長に加畑雅之氏が就任しました。事実上の買収ですね。加畑雅之氏はあの「プチシルマ~♪」の人です。

加畑雅之氏が平成24年8月28日にKABホールディングス合同会社を設立しての株を買って筆頭株主になっています。詳しくは当社のIRをご覧ください。でさらに買い増して2013年4月12日の大量保有報告書では31.33%となりました。

色々な憶測が飛び交い、初めは売り抜けのためではないかとのニュースもありました(こちらです)ただ、経営陣に入ったからには売り抜けは難しいでしょう。


私が思うに今後の動向は2つ考えられます。

一つ目は破産更生債権等、68億円の本気(マジ)取り立てです。これが結構取り立てられれば業績の回復度はとんでもない事になりますね。利益が会社予想の数倍みたいな感じです。そうなれば超割安株に大化けです。

二つ目は本気(マジ)経営参入です。プチシルマ~♪の経営手腕とコネクションを使えば何とかなるのではないでしょうか?この場合は企業はコツコツと成長するのでいまいち投資妙味がありません。


そういえば、「研ナオコ」ってプチシルマ、カーコンビニ倶楽部のCMに出てましたよね?って事実を考えると、加畑雅之氏とカーチスホールディングスも面白く感じるのです。


がんばれ、カーチスホールディングス!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。