スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8918 ランド



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

8918ランドです。
マンション開発と老人ホームをやっている会社です。株価も二桁と「危ない」水準にある会社です。

ただ、悪材料出尽くしで今後当社が復活を遂げる事になれば株価ってどうなるのだろうって思うのですよ。そういった事で現在活況な不動産系でまだ吹っ飛びそうな株価である会社を調査してみようとおもいました。


ビジネスについてです。

レジデンシャル事業、アセット・ソリューション事業、シニア事業の3本です。まあ、見れ見るとアセット・ソリューション事業が超足を引っ張っている訳ですよ。アセット・ソリューション事業の全体に占める売上は4.4%で、利益寄与率はマイナス36%、資産は全体の67%となってます。

さらにアセット・ソリューション事業で働いている人材は本社の3人だけです。

ここの動向ですべてが決まると言っても過言ではないようです。で、どのような取引をしているかは常に不明みたいな。IRをいくつか見ると「当該資産の譲渡先の詳細につきましては、相手方との都合により開示をひかえさせていただきます。なお、譲渡先と当社の間に記載すべき資本関係、人的関係及び取引関係は特にありません。」ってなってるのです。

ほとんどこんな感じで・・・。はぁ~悪い噂が出てくる訳ですよ。

まあ、それらの悪い噂は結局噂なので当社においては「シロ」ですよ。

ちなみに、人的関係ですが、「友達」はこれに含まれません。社会人になっての「同僚」は含まれるらしいですが、大学時代の「同期」とかはその同僚の濃さレベルだそうでして。そりゃそうですよね。

監査は数字が大好きで粉飾してるか否かを調べる訳で、こういった文系的部分はあまり興味がなさそうですね。

ってか、アセット・ソリューション事業で働いている3人は誰だって知りたいです。普通の会社であれば秒札でクビですよ。もし超ガチガチ日経企業でもね。だって会社の利益を著しく損なってるので。


財務諸表を見てみます。

すげ~色々な人に第三者割当してるんだね。

株式会社ミッドナイトエクスプレス
有限会社さくら浄苑墓地協同組合事業
経通ネットワーク
マック投資諮問(コーナー)1号、MAC Investment Advisory . Co.,Ltd
耀燿
エスリッチ投資事業組合

まあ、会社もあれば投資組合もあると。世の中には浮世離れしているお金持ちの人がたくさんいる事を気付かされます。それぞれ住所を調べ、グーグルマップで調べましたが、やっぱりカネ持ちの人は質素な生活を送ってます。

で、DES(デットエクイティスワップ)を増発。必殺技級です。だって借金払えないから株券で払わせてください。(株が上がれば借りたカネ以上になるかもです)って事なのよ。株価は数十円の株だよ。

自分のお給料が自社株で支払われる事を考えて見れば良いのです。上場していないブラック企業にお勤めの人であればかなりの確実で「マジで」って思いません。

まあ、文句はそこまでにしておきます。

ここで発行可能株数を見てみます。6.8億株まで株券を刷れるのです。現在ある株は3億株です。ネットして3.8億株をする事が法的に可能であると。


株価を見てみましょう。

今、22円です。もうこの状態でPERとかPBRなどを見る必要が無いのね。どの指標もあてにならないので。

それにしても良く動く株です。1円から復活してますからね。昔の足利銀行とか思い出しました。


私の投資判断は「却下」です。


やっぱりアセット・ソリューション事業がいらないのです。でこれがすべて売り手が出れば、単純に計算してEPSが2.03になってPERが15倍と仮定すれば株価が30円になるのですが・・・。そうはならなそうです。

最近ではシニア事業をやっているし。

国がつ潰せない会社として挙げられる一つとして「国民生活に影響が及ぶもの」なのです。だって保険会社とか潰れたらどうなるのって一般国民は狂うのです。銀行もそうです。まあ、証券会社は金持ちが銀行以外にお金を預けているみたいな感じなので、証券会社が吹っ飛んだら1000万までは保障しますよって事を言ってますよね。

ほら、家電メーカーも自社の名前を冠して○○○生命とかやってるでしょ。あとコンビニとかの小売りも○○○銀行とか。それぞれ儲かっているときは上手にお金を運用できるし、逆に吹っ飛びそうになったら国に助けてもらえるのです。

という事で、老人ホームで一斉に人がいなくなったらまずいわ訳です。なので、そういった面を含め、当社は色々守りながら復活を狙っているのかなって思うのです。

ただ、先行きがまだ不透明だし、道筋も見えない。


最後に、
復活する企業って何かすごいパワーを秘めています。その動きを察知する事ですね。吹っ飛びそうな会社は超割安です。それが復活の際には一気に買われすぎの水準まで飛び跳ねます。投資妙味を味わうには最高です。

最近では3046ジェイアイエヌ(眼鏡屋さん)とかでしたかね。株価は二桁でした。これはごく一握りの成功例でほとんどは歴史上から消えていくのですが・・・。

こういった銘柄でポートフォリオを組むのも面白いかもしれません。


がんばれ、ランド!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。