スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2146 UTホールディングス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

2146UTホールディングスです。
製造業派遣や請負をしている会社です。最近まで半導体にターゲットを絞っていたのですが、製造業全般になりました。

改正労働者派遣法」の影響でどうなるのか、また政治の関係で今後どのように当社が動くのかという事に興味があります。また、やたら強気の経営計画も今後どのように実行されるか、そしてそれが達成した時には株価にどのような影響があるのかが気になり、調査する事としました。


ビジネスについて。
工場などから人材が必要だとの連絡を受け、人材を派遣させるというビジネスですね。とりあえず仕事を探している人は当社の連結会社に登録などをしてメンバーになるのでしょう。当社従業員は109人、連結では6,272人ですので。

まあ、でも派遣の仕事として1年間×5個の仕事をした人は社会に出ますと「派遣の人」っていうキャリアになります。ただ、当社で1年×5個の派遣の仕事をしたとしても、「半導体のある程度技術を身に着けている人」ってキャリアになるのでしょう。

「派遣」に付加価値を付ける。
お客である工場はコストダウンが出来る。

って事が強みかなって思います。

でも、昔のアデコとかが、超優秀な派遣をやっていた時期があって、でもアデコ自体が有名になってくると結局、「派遣の人」は「派遣の人」として社会に認知されてしまったように思います。当時の外資系金融の外国人役員の秘書とかってみんなアデコから来ていたな~って記憶があります。


強気の経営計画について見てみます。
会社HPに色々説明していますが、ぶっ飛んでます。EPS成長率30%以上、総還元成功50%以上。2016年の売上、利益等は今の約3倍だ~ってなっています。(このページの下の方)それを毎年どれだけ成長できればその数字にたどり着くのか計算をすると・・・・。まったくたどり着く気配がないのです。

じゃあ何か資本政策とか、ビジネスの戦略とかが無くてはダメなのです。それを探るも見つかりません。当然、そんなおいしい戦略をHP上に載せる事はないです。でも本当に可能であれば、数字で結果を残してほしい訳ですよ。

機関投資家はそんなに暇じゃあありませんから、企業のHPとか隅々とか見ませんよ。数字とかレシオとか計算して「はい、終わり」ですので。


株価を見てみます。

59,500円。PER13.97倍、PBR4.92倍、配当利回り4.2%です。
グロース株として考えたいのですが、ビジネスについての話はしましたが、急成長であれば4.2%も配当を出さなくても良いわけですが・・・。配当をもう一度当社に投資すれば有能な経営陣がさらに儲けてくれる筈なので・・・。

会社がHPで出している新中期経営計画の数字を叩き込んで計算すると、2015年にはPERが3倍になります。うーん、本当ですか?


私の投資判断は却下です。


理由としては現在の所、会社予想の数字には達成不可能であると判断したためです。ただ、もし達成可能性がある数字が出てきたら、買い対象としてはとっておきの銘柄になるのでは無いでしょうか?

また、当社は色々なところに色々な指標を出しているのですが、それらを組み合わせて計算すると、どれも微妙にズレがあるのです。だってそれぞれの指標って計算すれば出てきますよね。

当社の投資対象としていくつか微妙な点を挙げておきます。

従業員の平均勤続年数が1年未満
役員報酬が4人で1.49億
子会社が親会社に比べ、かなりデカい
従業員の給料に自社株を混ぜている

まあ、数点は説明がつくから問題ないのですが・・・。


最後に
当社HP上に社長ブログなるリンクがあったのでクリックしたら・・・。
「来年はエベレストチャレンジ」、ゴールは「登って生きて帰ってくること。」だそうです。
で、色々読み進めると、「僕は30%持っているけど会社はパブリックです」って。

人間的にはステキな人だと思いますが、投資案件先のトップとしては、ちょっと待ってくれ~ってなってしましました。


がんばれ、UTホールディングス!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。