スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3826 システムインテグレータ



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

3826システムインテグレータです。
なんといっても社名がすごい。そのまんまなんですね。
ビジネスはソフト屋ですね。

まず気になるのが2010年の赤字と2011年の利益率の低さ。2011年もちょっと間違えたら赤字でした。
ただ、2012年はしっかり黒字、2013年度も黒字、配当も去年と同じ配当性向20%位出そうです。そういった面では安全ですね。

2010年と2011年の赤字の原因を考えると、取引先との値段交渉じゃないかと見えます。売掛金の相手先別内訳をみると毎年客が変わってきている(これ自体は普通ですが)その中に割引してくる業者を何件か発見!大口だし、リーマンショック後という先の見えない状況でしたので、そういった交渉を飲まないと行けない状態であったと思います。

それで広告宣伝費、研究開発費、賞与(セールスの人達のインセンティブかな?)とかで気づけば『あれっ』ってな感じで赤字。薄利。

研究開発費が結構かかったってことは、もしかしたら取引先企業が値引き要求、さらにはシステム改善を要求したのかもしれないと思うのです。IT産業で一生懸命働いてる人たちに申し訳なく思います。こういったITインフラををコストでしか考えない企業があるから、日本とアメリカのIT産業のレベルの差が生まれて来るのです。

横道にそれました。すいません。

2012年からは売上に対するコスト削減が見事に聴いてます。売り上げも回復してます。日本経済が緩やかな回復基調であり、なおかつMIJS(2006年に設立のソフトウエアベンダーの集まり)が効いのでしょうか?時価総額が30億円の企業は時価総額の大きい企業との取引ではどうしても交渉力が劣りますが、このMIJSの会員企業の時価総額を合わせればざっと数千億にはなります。

さて、黒字がしっかりと確保できる企業になりました当社ですが、現在の株価はどうでしょうか。
2013年2月12日現在、1156円です。予想の数値で見ればPER12倍、PBR2倍。同業と変わらないレベルとして取れます。ただし、気になるのが当社HPのIR情報での社長メッセージです。1800円が目標と言い切ってます。で株価も2012年11月12日に1815円を付けました。500円そこそこだった株価が1815円になるのにたった2か月、大きな出来高を伴ってです!

この間に5%ルール等の提出は一切なし。最近事件になりましたお金持ちの資産を運用するファンドでしょうか?それとも・・・。こういったファンドが実際にマーケットで株価の買い支え、買い上げることはよくあります。(私の知っているだけで9ファンドほどあります)

ここで注目は社長が言及しているPER22.6倍。もし仮に予定通りの一株当たり91円の利益を出せるなら、株価は2056円ですね。ただ、株価が上がらずに利益が下がれば当然PERが上がります。私はどうやらそっちのほうではないかと思います。現在株価はすでにそれを織り込んでいるように思います。

1152円、1株あたり利益73円でPER15.7。これくらいで良いと思います。
これで考えて2014年は株価成長率6%。株価アップの1221円です。

短期筋が好きな方は出来高をみると良いと思います。
それと上昇期に他のMIJSメンバーの株価も参考になります。当社はマザーズ銘柄ですが、2012年9月からの上昇時は2352エイジアと非常に相関が高い動きをしました。


今回も私の中小型バリュー株の長期投資としての投資対象にはなりませんでした。

私事ですが、先週からインフルエンザになり、いきなりブログをお休みしました。申し訳ありません。
基本的に月曜―金曜まで一日1銘柄をレポートします。

マーケットのコメントやヘッジファンドの手法などについては、たまに書こうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。