スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1782常磐開発



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

だけども、読むだけであなたの投資IQが上がる事は間違いなし!!


1782常磐開発です。
スパリゾートハワイアンでおなじみの9675常磐興産グループの建設会社ですね。
1960年に設立、上場は1995年です。

先に言ってしまうと、実績ベースでPER4.81倍、PBR0.68倍、配当利回り2.68%な訳でスクリーニングで出てきた銘柄です。

当たり前ですが、今後、収益力が落ちるので決算発表と同時にPERが上がる。配当がなくなる、資産が実は大した事は無く、特損~ってなる可能性も秘めいているって事なのです。もしくは投資家に見放されている会社であるって事。


企業業績が正しいのか?
株価が正しいのか?


割安株ってそんな所を地味に調べるだけなんですよね。
そんでもって、9675常磐興産グループの建設を請け負っているって事を考えて、9820エムティジェネックスのレポートを思い出した人は、スーパー読者ですよ!!

とまあ、9820エムティジェネックス的な感じなんだろうってストーリーを描いて調査すると、当社を理解する上で非常に役に立ちます。


それでは、調査開始です。

ホームページは投資家として一瞬は拝みに行ってくださいね。


数字を見ます。


単位:億円

売上高 経常利益 純利益 経常利益率 純利益率
2005年度 107 0.73 0.84 0.68% 0.78%
2006年度 120 1.86 0.60 1.55% 0.50%
2007年度 146 2.61 2.47 1.78% 1.69%
2008年度 145 0.91 -2.62 0.63% -1.81%
2009年度 143 0.69 0.59 0.48% 0.41%
2010年度 121 0.62 0.22 0.52% 0.18%
2011年度 105 0.58 -3.92 0.55% -3.73%
2012年度 155 6.96 4.28 4.48% 2.76%
2013年度 146 8.51 4.57 5.82% 3.12%


2008年はリーマンショック、2011年は3.11ですって事で細かくは突っ込まない。
でもってそれ以外では黒字を出せている会社ですね。


一人当たりを出します。


単位:千円

売上高 経常利益 純利益 総従業員
2005年度 23,865 163 187 448
2006年度 21,711 337 109 552
2007年度 25,265 451 426 579
2008年度 25,232 158 -457 573
2009年度 25,239 122 104 568
2010年度 20,972 108 39 575
2011年度 18,158 101 -678 578
2012年度 27,179 1,218 749 571
2013年度 25,307 1,473 790 578


まあ、良いんじゃない?

ってか私が「まあ、良いんじゃない」って言うのにはいくつかの理由があります。
まずは売上なのです。

恐らく、どのビジネスでもあなたが独立したら売上で1,000万円を稼ぐのがかなり大変であるって事が解ります。ちょっと古いですけど、このレポートでは1310万円だそうです。

今はもっと低いって事は経済的バックグラウンドで簡単に理解できるのです。

つーことで当社においては会社という「看板」はしっかり作用しているって事になります。なので私は「まあ、良いんじゃない」って書くのです。決して凄~いって意味ではありませんよ。


数字を見た時点で、成長しないなあ~って事は解り始めるのです。
これは社員の状況を見ても理解できますね~。


社員数 平均年齢 勤続年数 平均年収
2009年度 215 45.4 20.6 4,867,402
2010年度 209 45.6 20.9 4,463,340
2011年度 199 46 21.3 4,628,809
2012年度 184 46.3 21.8 5,213,366
2013年度 188 46.5 21.6 5,133,872


9820エムティジェネックス的でしょ?

という事で、成長は微妙~ですが、一つ気になる部分があるのです。
それがセグメント。

受注ベース、施工ベース、売上ベースってのがあります。その中で環境関連事業の前年度比からの伸びを見ると、それぞれ、863%、83.2%、83.4%ってなります。工事完成基準だ~ってちょっと簿記ってる人はうれしくなりますね~。

って違う。

863%増の受注しているんですよ。30億円。ガンガン人投入してさっさと終わらせて他から仕事取ってきたら凄いことになりそうじゃね?って考えません。この人達、仕事遅くね?って考えるのです。

環境関連の連結での従業員はこんな感じ


2011年:社員77人、臨時46人
2012年:社員65人、臨時50人
2013年:社員64人、臨時45人


何で人材をもっと投入しないんだろう・・・。恐らく、時間が掛かるのかな~ってかかけなきゃダメな感じなのかな~って思うのです。


理由として、借入金を考えてみます。


と、言っておきながら私のブログです。起承転結は一切なし、思ったタイミングで書きあげますのでまずはどのような客がいるのかチェックですね。

単位:千円

売掛金
2013年度
いわき市 120,958
日本環境科学 77,253
福島県いわき建設事務所 48,303
中央区役所 15,225
ヨークベニマル 8,785
その他 143,348
計 413,875

2012年度
いわき市 83,180
福島県 65,963
東京都中央区役所 19,152
大誠商会 11,096
ヨークベニマル 9,075
その他 126,120
計 314,588

2011年度
いわき市 86,326
福島県いわき建設事務所 60,314
双葉地方広域市町村圏組合 20,790
中央区役所 15,781
ヨークベニマル 9,795
その他 125,861
計 318,869

2010年度
福島県 75,052
いわき市 58,623
中央区役所 23,570
双葉地方広域市町村圏組合 20,475
ヨークベニマル 10,642
その他 135,707
計 324,070

2009年度
福島県いわき建設事務所 60,591
いわき市 56,330
双葉地方広域市町村圏組合 18,267
中央区役所 16,065
大誠商会 11,406
その他 175,904
計 338,566


手形~

2013年度
常磐興産 218,618
新興商事 8,325
大誠商会 2,357
サカエ鉄工所 2,000
常磐エンジニアリング 1,523
その他 10,815
計 243,640

2012年度
常磐興産 974,687
大豊建設 88,900
関東工業 34,650
大誠商会 7,886
新興商事 7,060
その他 25,168
計 1,138,353

2011年度
常磐興産 79,181
加地和組 47,958
茨城サービスエンジニアリング 30,256
大豊建設 16,500
新興商事 8,076
その他 27,270
計 209,243

2010年度
常磐興産 70,876
不動テトラ 32,227
新興商事 6,655
大誠商会 6,206
同仁医薬化工 4,743
その他 19,283
計 139,992

2009年度
アドマック 131,853
常磐興産 90,090
共和化工 33,567
関東エラストマー 20,602
昱 15,233
その他 47,196
計 338,543


さらには建設業ですので「完成工事未収入金」ってのがあります。簡単に表現すれば1年以上掛かった。もしくは決算をまたいだみたいに感じで捉えちゃってくださいよ。


2013年度
福島県いわき建設事務所 196,830
東北地方整備局磐城国道事務所 183,120
クリナップ 112,014
福島県いわき農林事務所 98,692
常磐共同火力 90,249
その他 466,869
計 1,147,775

2012年度
常磐興産 192,554
常磐共同火力 146,954
東京電力 118,262
いわき市 109,566
いわき市建設業協同組合 72,378
その他 559,065
計 1,198,781

2011年度
いわき市 125,855
福島県いわき建設事務所 118,744
東北地整磐城国道事務所 113,277
常磐共同火力 90,438
常磐興産 79,461
その他 463,898
計 991,676

2010年度
鹿島道路・常磐開発特定建設工事共同企業体  633,864
いわき市 409,435
東北地整磐城国道事務所 321,195
福島県 302,969
都市再生機構 千葉地域支社 166,940
その他 513,201
計 2,347,605

2009年度
アイ・ケイ・ケイ 543,400
福田組 323,031
鹿島道路・常磐開発特定建設工事共同企業体 129,735
いわき市 99,337
常磐湯本温泉 83,241
その他 682,908
計 1,861,654

そして、滞留状況が見れて、「平成25年3月期計上額1,147,775千円」、「平成24年3月期以前計上額-」、「計1,147,775」ってなっています。これを何年か遡ってみると、ほとんどの受注は2年以内かな~って感じに捉えられます。


さらに、さらに、受注元って役所的な所が多いな~って思います。やはりこれは当社が気付いてきた長い信用とコネクションの賜物なのです。常磐グループ様がいたので福島県いわき市は発展したのです。ホームページ、ちゃんとお参りしましょうね。

9625セレスポのレポートでも書きましたが、「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」ありの会社なのでしょう。地元のお祭りとかじゃあスーパースポンサーでしょうね?


つー事は、銀行とも仲が良い訳ですね~。


銀行借り入れです。

単位:億円

短期

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
常陽銀行 5.5 8.5 6.0 7.0 4.0
秋田銀行 4.5 5.0 6.0 6.0 3.7
七十七銀行 0.0 3.0 0.0 4.0 1.5
東邦銀行 5.0 7.4 4.1 0.0 1.0
福島銀行 0.0 0.0 3.0 2.5 1.0
大東銀行 2.5 3.0 1.5 2.5 0.0
みずほ銀行 4.0 0.0 0.0 0.0 0.0
その他 4.0 3.5 1.5 2.7 1.7
計 25.5 30.4 22.1 12.9 24.7


長期

長期 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
東邦銀行 1.4 1.4 3.6 2.9 2.9
1年以内 1.3 1.1 1.6 1.7 1.8
福島銀行 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0
1年以内 0.0 0.0 0.0 0.0 0.4
七十七銀行 1.3 2.0 3.3 1.8 0.8
1年以内 1.0 1.4 1.5 1.0 0.8
大東銀行 0.0 0.0 1.8 1.2 0.6
1年以内 0.0 0.0 0.6 0.7 0.6
常陽銀行 3.0 1.7 1.0 0.6 0.3
1年以内 2.6 1.6 0.4 0.3 0.3
秋田銀行 0.0 0.0 1.5 0.6 0.0
1年以内 0.0 0.0 0.9 0.6 0.0
みずほ銀行 0.7 0.1 0.0 0.0 0.0
1年以内 0.6 0.1 0.0 0.0 0.0
計 6.4 5.2 11.3 7.2 5.5
1年以内 5.5 4.2 5.0 4.2 3.8


非常に見にくい感じで申し訳ないですけどね。


単純にみずほ銀行の「0.0」に注目してみます。
2009年と2010年位は借入が終わっていますね。そしてそれ以降の借り入れは無い。これって、みずほ銀行の担当者さんがお客を連れてきて、2年で完成する受注分を当社が請け負って、その分のカネをみずほ銀行が貸したって考える事出来ませんか?

2008年は借入が無かったって事で考えてみて下さい。
それ以外の銀行も同じアイデアで考えてみましょう。
4349テスクのレポートでも似たような事を書いてましたね。


と言った事を考えると、ビジネスのスピードを上げるのって難しいのかな~って思うのですよ。となると成長って考えると、微妙~って結果になりました。


となると、次は割安かそうでないかって事を考えます。


・・・とりあえずバランスシートは地味ですね。特に怪しい感じの資産は見当たらず。ただ、ビジネスは借金でやっている感はありますね。当たり前ですが、カネを借りれるって素晴らしい事ですよ~。で儲かったカネは株主に配当して、後は貯金しておこう的な感じです。


この会社の存在意義とかを考えてしまうとマジで固い話になりますけど、


配当利回りが2.68%、これはリスクを取った株主。
平均で短期金利1.7%、長期金利2.3%で貸した銀行。


う~ん、確かに投資家からすれば欧米の「会社は株主のモノ」って考えも好きですが、「会社は社員が喜び、悲しみを分かち合い、共存する場所」みたいな考えも好きですね~。だからこそ良い商品が出来たりしますから。

2122インタースペースでも書いたROE論に結び付く訳ですよ。
つーか日本の企業で経営者がマジで、人材はコストと思ってカットしまくると、大変な事になるのは最近のニュースでもギョーザ事件でも車で突っ込んだあの事件とか、そういった事になるのです。


という事で株主にもちょっと厳しくね~って話になっているのです。

でもって配当政策などを見れば、2013年度から「配当性向30%を目途」って文言が抜けています。つーか直近5年はたこ足配当とか配当もしていないとか、30%下回るとかそんな感じだもんね。そりゃあ外した方が良いに決まっております。

でも、回復してきた際には30%は黙って増配とかやっちゃうとカッコイイんだけどね。今期予想は7.5円ですね。


株価を見てみます。

280円、実績ベースでPER4.81倍、PBR0.68倍、配当利回り2.68%です。


私の投資判断は「買い」となりました。


まず、280円って株価で会社発表の数字が出てくると一株当たり44.59円なのでPER6.27倍でしょ。今は第2四半期までの数字ではまだ会社予想の半分も達成していません。

ただ、当社のお客はお役所関係でしょ。となると3月にモーレツな受注とか発生して予算を使い果たすってのが皆さんのご存知の通りです。

という事で四半期ベースで計算してみます。
割合は1年での売上における割合、今期は会社予想の160億円で割合を計算していますよ。

単位:億円

売上高 経常利益 純利益 一株当たり 売上割合
2010年度1Q 15 -2.3 -2.4 -30.17 13%
2010年度2Q  25 -1.4 -1.5 -18.69 21%
2010年度3Q 23 -0.3 -0.4 -4.47 19%
2010年度4Q 57 4.7 4.4 56.16 47%
2011年度1Q 14 -2.3 -2.3 -29.64 13%
2011年度2Q  22 -1.1 -1.2 -15.30 21%
2011年度3Q 21 -0.6 -0.6 -7.88 20%
2011年度4Q 47 0.2 0.2 2.93 45%
2012年度1Q 17 -2.0 -2.0 -25.82 11%
2012年度2Q  40 2.2 2.2 27.75 26%
2012年度3Q 34 2.1 1.7 21.29 22%
2012年度4Q 64 3.5 2.5 31.27 41%
2013年度1Q 25 0.5 -0.1 0.00 17%
2013年度2Q  34 2.2 1.4 0.02 23%
2013年度3Q 30 0.9 0.6 0.01 21%
2013年度4Q 58 3.9 2.6 0.03 39%
2014年度1Q 28 1.3 0.5 6.27 17%
2014年度2Q  34 1.8 1.0 12.08 21%


さらには人事です。
ここ4年、変化がなかったのですが、今期から取締役には木田政伴さんって方が入りました。多少、動きが出てくる可能性もありますけどね。ただ、下から上がってきた感がありますのでそこまで過度な期待はできません。


でもって投資家。

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
政府及び地方公共団体 0 0 0 0 0
金融機関 24 24 23 24 24
金融商品取引業者 1 1 1 3 6
その他の法人 23 24 25 23 24
外国個人以外 0 0 0 0 0
外国個人 0 0 0 0 0
個人その他 52 51 50 49 46
合計 100 100 100 100 100

みんなあまり興味なさそうです。
さらには個人投資家の推移は696人→673人→727人→741人→705人って事なので。誰~も見てない感じですね。


最後に、

こういった会社への投資って、非常に息の長い投資になります。

最近、割安銘柄への投資で株価10倍だ~とか書いている株雑誌って不思議に感じるって事が理解出来ますね。なので私が「ふ~ん」って感じで毒ついているのです。

となると、ビシバシ上がっちゃっている株でトレ~ディング~って方にはエキサイティングではないと思います。ただ、バフェット爺さんがフォーブスでスーパーリッチな人になっている間は、こういった地味な投資を続けようと思います。

もうコカ・コーラみたいな会社は出てこないかも知れませんが・・・。はぁ~グローバルスタンダード・・・。


がんばれ、常磐開発!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

個性派の経営者

毎回、記事を楽しみにしています。

佐々木ベジ氏は有名なのでご存知かと思います。

彼の会社である、フリージアマクロス(6343)を調査いただけないでしょうか。

利益は戻っているようですが、売り上げが頭打ちなようです。

あと、彼の経営者としての評価も伺えるとうれしいです。

よろしくお願いします。

常磐開発を取り上げて頂いてうれしいです。
当方の主力銘柄です。

貴ブログのファンでいつも更新を楽しみにして居ります。
約2年前からのホルダーですが、ここまで深い分析は出来てませんでした。
会社にもたびたびインタビューしていますが、やはり人手不足がボトルネックのようですね。
爆発的な伸びは期待出来ませんが、除染、復興、廃炉のプロセスを考えればいわき市の建設土木需要は少なくとも20年は青天井でしょう。
ご指摘の通り、じっくりホールドしたいです。
今後とも良記事のアップ期待しております。
ありがとうございました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
時間があれば常磐興産も調べる必要があるな~と感じた会社です。
また、現地まで見に行けば、今後の企業業績の数字、需要などが何となく解ると思います。
私は実際現地まで足を運んだ事もあります(かなり前ですが・・・)

今後とも、応援よろしくお願いします。

> 常磐開発を取り上げて頂いてうれしいです。
> 当方の主力銘柄です。
>
> 貴ブログのファンでいつも更新を楽しみにして居ります。
> 約2年前からのホルダーですが、ここまで深い分析は出来てませんでした。
> 会社にもたびたびインタビューしていますが、やはり人手不足がボトルネックのようですね。
> 爆発的な伸びは期待出来ませんが、除染、復興、廃炉のプロセスを考えればいわき市の建設土木需要は少なくとも20年は青天井でしょう。
> ご指摘の通り、じっくりホールドしたいです。
> 今後とも良記事のアップ期待しております。
> ありがとうございました。

Re: 個性派の経営者

コメントありがとうございます。

6343かつて色々盛り上がった銘柄ですね。
もちろん佐々木氏や一寸法師の件などは面白がって調べましたが企業までは完全に調べてはいませんね。

純利益率の数字が非常に悪く、理由を調べる必要がありそうに思います。
つまりそれが改善されれば投資案件として美味しい銘柄ですので。

タイミングが合えば、調査しようと思います。

今後とも、応援よろしくお願いします

> 毎回、記事を楽しみにしています。
>
> 佐々木ベジ氏は有名なのでご存知かと思います。
>
> 彼の会社である、フリージアマクロス(6343)を調査いただけないでしょうか。
>
> 利益は戻っているようですが、売り上げが頭打ちなようです。
>
> あと、彼の経営者としての評価も伺えるとうれしいです。
>
> よろしくお願いします。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。