スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1334マルハニチロホールディングス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


1334マルハニチロホールディングスです。
いや~大変なニュースになっている水産最大手の会社ですね。

マルハって会社とニチロって会社が一緒になってマルハニチロってなったのは結構昔の話になります。マルハニチロホールディングスの設立は2004年なりますね。


会社としてはそこまで古くありませんが、
その元を辿ると結構古く、歴史ある会社ですね。


今日の終値で換算すれば時価総額888億円と私にとっての中小型をはるかに超越しています。
大手運用会社でも確か中小型株の上限は800億円だったような気がします。

ちなみに私が良く取り上げる時価総額100億円以下の会社は英語ではマイクロキャップって言ってミドルキャップ、スモールキャップよりも小さいって事ですね。


という事を最初に書いておくって事は、「マジでリサーチは無理っす」って白旗をあらかじめ上るのです。
しかし、せっかくニュースになってる訳ですので、イベントドリブンで儲けたいな~って気持ちはあるのです。
それもネガティブニュースですので「売り」のイベントですね。


やっぱり株式投資って「買い」で儲けるのがベストですよね。


カネは経済の潤滑油だからです。

でもね、よ~く考えると「売り」も潤滑油になる事もあるのです。
半導体で吹っ飛んだ会社とかそうでしょ?早い所空売りで潰した方がまだマシでした。
3165フーマイスターエレクトロニクスのレポートで色々書いていますけど・・・。


結局は我々国民の税金が損するので我々が間接的に損をするのです。


ついでに初心者の方向けに書きますと(プロ、ベテランの方は飛ばしてください)
100万円持っていて80万円分株を買って(ロング)、20万円分株を売れば(ショート)、マーケットが上下してもモロダメージが受ける分が60万円分ってなるでしょ?

本当はα(アルファ)とかβ(ベータ)とか訳解んね~ってヤツが出てきて実際は60万円分きっちりにはなりませんけどね。


色々ありますけど、やはり「売り」って戦略も結構有効に働くのです。でこういったネガティブニュースであれば、アナリストがなかなかレポートしにくいのです。
一般にレポートを出すアナリストってセルサイドですからね。
つまり証券会社務めで顧客に「この株いいっすよ~。○対とは法律で禁止されて言えませんが、上がりますよ~」ってセールスが営業してその理由としてアナリストの見解、レポートが出ますから。


専門誌で書いてありましたが、買いのレポートが90%以上だそうです。


ただ、私のようにヘッジファンド系でのアナリストは違います。
レポートは内部、またはごく一部だけ、そしてかなり属人的なレポートで超自分中心のレポートであるのです。


それから、当事者であるマルハニチロ側からすると、まだ損失額が定かではありません。
それが何となく解り次第、IRをする訳ですね。それをアナリストさんが計算して、今後の収益予想を変更するのです。

レベルの高いアナリストさんであれば、IRが出る前位に大体それだけの損失なのかは計算します。ただ、レポートは出ないと思います。だって当たらないし・・・。


アナリストさんって3か月後の株価のレポートを出して、その2か月後に次の3カ月後の株価のレポートを出してって事を繰り返すのです。

となると、
最初の3カ月後のレポートの意味ってほとんどなくなります。方向性があっていれば言った通り、そうでなければここが違ったんですよね~って感じになります。決して「も~し訳ござ~ませ~ん」って書かない訳です。

アカデミックな仕事ですから、あの人たちは我々よりも頭が良いって事になっていますので・・・。


ワードで換算すると、既に3ページ程、文句で埋まりましたけど、言いたいのは一つ。


頑張ればそいつらよりも先回り出来るかもって事なのです。


調査開始です。


ビジネスについて、
ホームページで充分です。
というか、今回の目的はイベントドリブンなのでそこまでこのビジネスが今後10年間、生き続けるかとかは関係ないのです。


数字を見ます。

単位:億円

売上高 経常利益 当期純利益 経常利益率 純利益率
2005年度 7,472 112 -151 1.50% -2.03%
2006年度 7,193 121 45 1.68% 0.62%
2007年度 7,375 111 15 1.50% 0.21%
2008年度 8,448 73 1 0.87% 0.01%
2009年度 8,975 81 -63 0.90% -0.70%
2010年度 8,287 78 16 0.94% 0.19%
2011年度 8,234 151 36 1.83% 0.44%
2012年度 8,161 149 34 1.82% 0.41%
2013年度 8,098 133 54 1.64% 0.67%

利益率の低さはご自身で売上原価報告書などで見てみましょう。どうせ石油とかそういった高騰したコモディティのせいです。


一人当たりを出しますね。

単位:百万円

売上高 経常利益 純利益 社員 臨時 総従業員
2005年度 49 0.74 -1.00 10,316 4,829 15,145
2006年度 49 0.82 0.30 9,992 4,819 14,811
2007年度 50 0.76 0.11 10,311 4,301 14,612
2008年度 36 0.31 0.00 13,690 10,093 23,783
2009年度 39 0.35 -0.27 14,341 8,956 23,297
2010年度 34 0.32 0.07 14,094 10,194 24,288
2011年度 34 0.62 0.15 13,216 11,158 24,374
2012年度 33 0.61 0.14 12,554 11,850 24,404
2013年度 30 0.50 0.20 12,335 14,247 26,582


社員数と臨時の割合、を一人当たりの純利益を考えれば、厳しい商売であるのが手に取るように解ります。


初めからデフレ~、高齢化~、若い人の水産離れ~ってな事を考えれば、大体そうなるな~って皆さん、予想してんでしょ。


という事で業績についてはここまで、


次にバランスシートを見よう~って事ですが、一言で表せば、人のカネ(借入金)でほとんどビジネスをしているって感じではないでしょうか?パブリックな会社です。当然それがベストです。

ここはもうレシオをお好きに計算して下さい。


正直、借入金の中身を見ると、シンジケートで借入をしているのもあります。
一つの銀行が貸したくないのでシンジケートを作る、つまりその会社ヤバくね?って流れもありますが、当社のように数十億も借りる際は、シンジケートを作って銀行それぞれがそれぞれ貸して金利を仲良く山分けって場合もあります。
そして毎年一回位はみんなで仲良くゴルフに行くのです。

当社の場合はどっちか解りませんが、両方かな~って思います。


正直、バランスシートについて書くと、原稿用紙10枚は超えちゃいますね。私からのアドバイスですが、大きな会社はキャッシュフロー計算書も一緒に読むと解り易いです。


私が両方かな~って思った理由として、優先株が挙げられます。優先株とは~って株の参考書には色々書いてありますが、要は普通株じゃあ買う人がいない、つまりカネが集まらないからですね。優先株って配当、会社が吹っ飛んだときに真っ先にカネを分配されるのです。(社債の方が上ですけど)でもって当社の場合には「取得価額の修正」って事があります。

詳しくは有価証券報告書を見て考えて欲しいのですけど、ここでは簡単な「例」で説明します。


とある会社が普通株式1000万株@100円とします。時価総額は10億円。
優先株を同じ1000万株@100円で発行します。半分は資本金に入れるとかなんちゃらですけど、会社のカネを合計すると20億円になりますね。

で、この優先株1000万株には1:1で普通株に転換できるのですけど、普通株が50円に値下がりしたら、10億円÷50円で2000万株と交換できるってなっているのです。


MSCBみたいですね~。7624 NaITOのレポートでも書きましたね~。


つーか、この優先株、さっさと買い戻そうぜってのがまず先ではないでしょうか?しかも条件が投資家からすれば超美味しい案件です。そうですヘッジファンドが目を付ければ、この優先株を買って、現物株を売れば良いのです。

これを超~難しくすると「デルタヘッジ」というプロレスの技みたいな名前が炸裂するのです。


ここからが適当満載の計算タイムです。

どうやって今回の損失を計算しましょうか?

ニュースを見れば630万パック回収ですって、一つ1000円のコストがかかるって考えれば63億円です。これではつまらないのです。


有価証券報告書の設備の状況からの生産設備の工場をピックアップしました。それが8098億円の売上を作るすべてですからね。


今回の事件は群馬県の工場です。

建物が7.99億円、機会が10.65億円、土地が7.89億円の25千㎡、リース資産が2百万円でその他が22百万円、従業員(社員)が61人の臨時が243人です。ちなみにこの工場は当社の子会社でアグリフーズです。資本金3.01億円です。

さて、この群馬県の生産能力は?って考えます。それぞれのベースでの金額、それに連結売上をかけてみました。


従業員ベース 4.79%(388億円)
機械の金額ベース 8.47%(686億円)
土地(㎡)ベース 0.82%(66億円)
工場の資産の合計金額ベース 5.61%(454億円)


ってなりますね。

もちろん、これは「1年」の数字でその問題のあった期間を考えますね。
つーことはこれら4つのどれか採用して、全品回収になるといくらかかるってのを計算したら良いんじゃないですか?

それに加えて、私の場合はお友達アナリストに色々聞いてみるのです。
他社のリコールであったり、食品業界における回収におけるコストが大体どれ位なのかを計算するのです。


株価を見てみます。

179円、実績ベースでのPER16.85倍、PBR1.26倍、配当は第1期からずっと3円で配当利回りは1.68%となります。


私の投資判断は「却下」となりました。
つまり買いとしては「却下」ですがショート銘柄としては「マル」って事になります。


ターゲットとしては被害のIR、配当について、その後の四半期の数字で判断できると思います。
さらには当社の中期三ヵ年経営計画「ダブルウェーブネクスト(2011-2013)」における推進策、アクリフーズを服も中核会社5社の合併(平成26年4月)はどうなるんだろう~って思います。これもターゲット。


「ウエーブ」ってね~。


この時点から運の悪さを露呈しているような気がしてならないのですが・・・。皆さん。どう思いますか?


最後に、

有価証券報告書のどこに何があって、何をどうすればあれが解ると言った閃きが大事な大事かと思います。となるとやる事は、財務諸表を読む事をひたすら愚直に続ける事なんだなぁ~って思いました。


がんばれ、マルハニチロホールディングス!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

時事ネタすね

あけまして今年も楽しく拝見させていただきます。

我が家の冷凍庫を覗いたら当該毒入商品が出てきてびっくりしていたところです。こういう旬なエグい銘柄を分析される姿勢がとても好きです。

8千億円のうち食品セグメントは20%でそれが全滅ってわけではなく持ちこたえるとは思いますが、あまり体力のある会社ではなさそうですね。とりあえず毒入商品を送り返して特損に計上してもらいます。

7587の診断お願いします

スーパーさん、はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
4k放送関連で、7587 パルテックが気になっております。
お忙しいと思いますが、診断のご検討宜しくお願い致します。

Re: 7587の診断お願いします

コメントありがとうございます。
7587PALTEKですね。半導体がちょっと関係している銘柄ですね。
4k関連についてはそもそも、4k自体がコケそうな感じがするのは私だけでしょうか?

7587についてもツッコミ所、気になる部分があれば教えて下さい。

今後も応援よろしくお願いします。

> スーパーさん、はじめまして。
> いつも楽しく拝見しております。
> 4k放送関連で、7587 パルテックが気になっております。
> お忙しいと思いますが、診断のご検討宜しくお願い致します。

Re: 時事ネタすね

コメントありがとうございます。

未だ解決されてませんね。
今後、随分と大変な事になりそうな気もしますが、まずは特損待ちでイベントとしての投資先として面白いと思いました。同時にヘッジをしてればさらに良い感じになると思います。

あくまでも投資は自己責任ですが・・・。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> あけまして今年も楽しく拝見させていただきます。
>
> 我が家の冷凍庫を覗いたら当該毒入商品が出てきてびっくりしていたところです。こういう旬なエグい銘柄を分析される姿勢がとても好きです。
>
> 8千億円のうち食品セグメントは20%でそれが全滅ってわけではなく持ちこたえるとは思いますが、あまり体力のある会社ではなさそうですね。とりあえず毒入商品を送り返して特損に計上してもらいます。

はじめまして。いつも楽しく拝見してます。

こちらと7624の記事を読んで疑問に思ったことがあるのですが、プロの方でも優先株を扱って損をするってことはあるのでしょうか?

5940の不二サッシなんですが、去年野村証券が優先株をりそな銀行から買い受けました。ですがさほど転換する訳でもなく、現物を借りて売ってる形跡も見当たりません…。ブログ主さんのようなプロ達は他に利益を出す手段をご存じなのでしょうか…?

優先株が残ってるので分析する価値がない銘柄かもしれませんが、もし機会がありましたら取り上げて頂けるとありがたいです。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

最終的に吹っ飛ぶ優先株も珍しくはありません。損をする投資家も結構います。
普通株主が増資に応じられないので色々条件を優遇させての優先株です。普通株主と利害は対立します。

野村證券さんの場合は、株はお客様のために「仕入れ」ているのです。(在庫と同じ感じ)
そのため、需要があったと思われます。

これは野村證券さんがお客に「売れる」と思って仕入れたのか、ヘッジファンドがとあるスキームを使ってアービトラージを狙うために野村證券にお願いしたかは定かではありません。

ただ、保有者がずっと野村證券となっている場合であれば、後者が多いと思います。
理由として簡単な例を上げますが、100億円の資産のヘッジファンドが100億円の株を買います、それを野村證券名義で預ければ野村證券から100億円借りれます(名義が野村證券ですので売買できるのは野村證券でルールとしてヘッジファンドではないのです)それに良く個人である3倍のレバレッジをかけて何かの株を買えば合計400億円分株を持てる事になります。
実際は野村證券が「商品」として持っている株をショート(売り)300億、ロング(買い)400億としても差引100億円ですのでそういった事も出来ると思います。

これはヘッジファンドごとに契約があります。年間何百億円も動かすヘッジファンドです。どの証券会社も喜んで何でもやってくれます。

ちょっと横道に逸れましたが、優先株については、そういった事を考えながら、コツコツとチェックしたほうが良いと思います。

そして普通株主と利害対立しますので財務戦略としては早めに自社株買いをした方が良いのですけどね・・・。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> はじめまして。いつも楽しく拝見してます。
>
> こちらと7624の記事を読んで疑問に思ったことがあるのですが、プロの方でも優先株を扱って損をするってことはあるのでしょうか?
>
> 5940の不二サッシなんですが、去年野村証券が優先株をりそな銀行から買い受けました。ですがさほど転換する訳でもなく、現物を借りて売ってる形跡も見当たりません…。ブログ主さんのようなプロ達は他に利益を出す手段をご存じなのでしょうか…?
>
> 優先株が残ってるので分析する価値がない銘柄かもしれませんが、もし機会がありましたら取り上げて頂けるとありがたいです。

早速のお返事ありがとうございます。優先株のある銘柄は避けていたので、各々どういう理屈で動いているのかよくわからなくて質問させて頂きました。これからも記事楽しみにしてます。

Re: タイトルなし

コメントありがとぐございます。
色々間違っている部分もあると思いますが、大体こんな感じかと思います。

今後とも応援よろしくお願いします。

> 早速のお返事ありがとうございます。優先株のある銘柄は避けていたので、各々どういう理屈で動いているのかよくわからなくて質問させて頂きました。これからも記事楽しみにしてます。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。