スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3662エイチーム



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


3662エイチームです。
ゲーム会社ですね~。2004年11月に設立の上場は2012年4月ですので結構速いスピードで成長を遂げた会社ですね。

ゲーム会社ってカネが掛からないビジネスで参入障壁は低い訳ですね。ただ、直近ですとゲーム関係の会社が超~時価総額が高くなっています。さらには激しくデイトレみたいな感じで遊ばれている感があります。

でもってキャッシュが上場してガッツリ入ってきたから使い道に困るみたいな感じになっているのです。となると、どっかの会社を「のれん」付けて買収しちゃうのです。最終的には失敗しちゃいそうな感じがしますけど・・・。ゲーム会社が上場して脱ゲームみたいな感じでビジネスに投資をする投資家としては何とも言えない感じです。


つーか、最近のゲーム会社の上場ラッシュって、よ~く考えると、「お国」が推進してんじゃねって思うのですよ。

「クールジャパン」って事でゲーム会社の時価総額がアメリカのそれを抜けば、「クールジャパン」としての結果が出ているって言えますでしょうし・・・。この間抜いたそうですよ。

そんで、3793ドリコムのレポートでも書いた通り、そのうちダメゲーム会社は吹っ飛んで、残る数社が新しい歴史を築くみたいな感じになるんじゃないでしょうか?

というか、ゲームだけ作っててもダメなんじゃね?って私は思うし、ゲーム会社も多少は思っていると思います。それなので上手く転換できる会社が出てくると良いかもな~って思うのです。

当社の場合は素直な財務諸表、とか会社予想を持っているます。そういった部分も書こうと思ったため、レポートする事にしました。


ビジネスはホームページを見ればオッケーです。5分もかかりませんね。
ついでに直近の決算説明資料も長いですけど読むって言うか見るって感じで5分。


数字を取ります。


単位:億円

売上高 経常利益率 純利益率 経常利益率 純利益率
2008年7月期 26 6.0 3.3 22.79% 12.59%
2009年7月期 31 2.5 1.4 8.00% 4.71%
2010年7月期 35 2.4 0.6 6.81% 1.69%
2011年7月期 41 4.5 2.6 10.97% 6.35%
2012年7月期 64 10.5 5.9 16.43% 9.26%
2013年7月期 110 17.2 10.4 15.64% 9.48%
2014年7月期(会社予想) 150 24.0 14.1 16.00% 9.40%


ね、素直でしょ?
2014年7月期の会社予想では前年と経常利益率、純利益率は変わりませんってアイデアなのです。それでもって売上は成長させてきますよ~って言う感じ。

投資家としては、これがベストですよね~。


所で、売上高150億円ってのは前年の売上と比べると36.49%アップってなるのです。じゃあこの36.49%アップって数字は?という事を考え、5年分の売上アップ率を書きだしますと、16.26%、14.37%、15.54%、56.96%、72.27%となります。平均では35.08%なので、まあそんな所でしょう~って感じがするのです。


でもって一人当たりの数字を見ると、

単位:万円

売上高 経常利益率 純利益率 総従業員
2008年7月期 2,035 464 256 130
2009年7月期 1,585 127 75 194
2010年7月期 1,606 109 27 219
2011年7月期 1,607 176 102 253
2012年7月期 2,185 359 202 292
2013年7月期 2,464 385 234 446


何とも言えないけど、まあ結構良いね~ってレベルの数字ですね。でもって、第1四半期の数字を見ると、総従業員が485人になっているのです。39人の増加、じゃあそれを単純に39人×4四半期で156人、それに前年度の446人を足せば602人。

その602人に売上高2,464万円を足すと・・・。148億円~ってなるのです。


繋がりました?


でもって、直近の第1四半期を見ると、27億円売って、1.1億円の経常利益、純利益は5,654万円です。

いや~全然会社予想の数字に届いてなくね~って思っちゃうのです。この数字を×4してもダメでしょ?そもそも売上からアウトってなっているし。当社の場合、決算説明資料の9ページを見て、10ページ目には「新作プロモーション費用の増加」って書いています。

それじゃあ9ページの部分を割合にして計算しちゃいましょうね。


単位:百万円

売上高 広告宣伝費 広告宣伝費割合
2012年度1Q 1,105 314 28.42%
2012年度2Q 1,225 409 33.39%
2012年度3Q 1,876 702 37.42%
2012年度4Q 2,172 905 41.67%
2013年度1Q 2,775 933 33.62%
2013年度2Q 2,777 1,238 44.58%
2013年度3Q 2,820 1,240 43.97%
2013年度4Q 2,615 898 34.34%
2014年度1Q 2,705 1,029 38.04%


一応、広告効果ってのがどれ位で発揮されるかを考えれば基本1四半期とかずらして売上と広告費の割合とかを計算しないといけないのですが、とりあえず同じ四半期で計算しちゃいます。

1,029百万円の広プロモーションに投入したのであれば、2Qとしては3,000百万円位は売りたいのですね~。


という感じで適当に表計算をしてみるのです。

ここからは人事を簡単に見ちゃいます。
役員を見れば解る通りですね~。

中内之公さんはGMO Gamesdeで代表取締役社長をしてから当社に入社、3か月後の平成21年1月当社ゲーム事業部長就任です。

スピード出世って訳ではないでしょ?ヘッドハンティングですよね。
それ以外の役員も大体同じ感じです。


となると、どの会社が当社の味方なのかってのも解ってくるのです。

さらには役員報酬を見れば、1.5億円で4人分です。1億円以上を貰っている欄には名前が出てませんので、上手に分けているのでしょうね。当社の平均年収は456万円です。そういった部分からも、役員はヘッドハンティングって事が解りそうですね~。


次に、
バランスシートを見たのですが、ゲーム会社には珍しく「のれん」もスーパー高い「ソフトウェア」もありません。ツッコミ処がそこまでありませんね。


後は気になるニュースで「NHNエンターテインメントと業務提携」って部分でしょうね。合弁設立の時期が平成26年1月31日までってなっているのでその時まで待ちましょうね。

LINE関連でどれだけの効果があるのかは人それぞれ考える所ですね。これに群がっている訳ですね~投資家さんは。とまあ、色々考えながら、LINEユーザーは日本で5,000万人ってして、そのうち6割がゲームをすると(こちらの情報より)で22.1%の人が3,000円を使う(こちらの情報より)って考えるとすると・・・。なるほど、そういう事ですね。

でもって、LINE関連のゲームのシェアとかを考えると・・・。まあ、そんな所なんでしょうね。ご自身で電卓を叩いて計算してみて下さいね。


正直に言ってしまうとそこまでのインパクトはなさそうだなあ~って感じです。全国のセブンイレブンのデザートに採用され手純利益が押しあがる計算とおんなじ感じで考えて計算してみましょう。


こういった事、良くありますね。


株価を見てみます。

7,200円、実績ベースでのPER65.41倍、PBR19.71倍配当利回りは0.27%です。


私の投資判断は「却下」となりました。


いや~流石の人気の業界です。同業と比べればまだ安いのですが、私にとっては割高。例え会社予想の利益を私の予想数字に置き換えて計算してもです。


最後に、

私はその「銘柄」に対して色々考えて投資判断をしています。

マネーマネジメントについては何も述べてはいないのです。つまり投資資金をどのように振り分けて何%の収益を出すといった事は何も述べてないのです。

だって500万円で投資する個人と100億円のファンドを運用するのでは当然、目標リターンが違うに決まっています。私はどちらかといえば、ファンドサイドとして考えているように思えます。で、このブログも色々な方に読んで頂いてますので。


はほぼ需給で動いていると言って過言ではありません「需給相場」が長年続いています。

ただ、一部、希に業績で動くこともあります。業績相場ですね。需給は他の投資家の動きを「読む」訳で業績は財務諸表で「解る」訳です。

確実な方で投資をするというのも、賢明な手段かと思います。


がんばれ、エイチーム!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。