スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6484KVK



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


6484KVKです。
給水栓の会社ですね。設立は1949年1月の古い会社です。久々に歴史ある地味な会社ですね~。私の好きなタイプです。ザ・ファミリー企業、ザ・オーナー企業って感じですね。

調査って言ってもほとんどがデータ収集で終わっちゃうような会社ですね。


本日はサクっと終わらせます。


ビジネスについて、

有価証券報告書の「沿革」より、
「昭和24年1月、給水栓の製造販売を目的として、北村バルブ株式会社設立」からの~、「今っ」て事です。

事業は拡大していますが、基本的に創業の時とビジネスには変わりはありませんね。
色々みたい方はホームページ製品情報を見ればどんな会社か理解出来ると思います。


数字を見ます。

単位:億円

売上高 経常利益 純利益 経常利益率 純利益率
2005年度 135 -1.1 -2.1 -0.8% -1.5%
2006年度 136 -3.7 -5.9 -2.7% -4.4%
2007年度 146 -6.5 -7.3 -4.5% -5.0%
2008年度 161 0.8 -1.6 0.5% -1.0%
2009年度 261 9.2 13.5 3.5% 5.2%
2010年度 223 10.8 6.1 4.8% 2.8%
2011年度 228 16.0 8.7 7.0% 3.8%
2012年度 242 21.4 11.6 8.8% 4.8%
2013年度 246 24.3 14.9 9.9% 6.1%


とりあえず一人当たりを出します。

単位:千円

売上高 経常利益 純利益
2005年度 13,978 -118 -213
2006年度 13,251 -356 -579
2007年度 14,236 -635 -716
2008年度 12,997 67 -132
2009年度 18,728 661 970
2010年度 16,776 811 462
2011年度 17,547 1,230 669
2012年度 18,066 1,595 866
2013年度 18,275 1,808 1,106


この売上、経常利益、純利益の数字は提出会社から出した数字です。当社は提出会社の数字の方が連結の数字より大きいのです。結構珍しいほうかと思いますが、まあ、そうなんだねって感じでしょ?理由の説明は特に必要ないと思いますが、気になるようでしたらご質問くださいね。

数字を見て、簡単に言ってしまうと、
「ここ5年で赤字体質を抜け出しました。」(ちなみに2004年度は黒字)
「一人当たりの数字も回復」

で良いと思います。


当社の場合、「住宅着工件数」など様々な住宅指標を用いて業績を図りたい人が続出します。実際にそれらを用いて色々計算してみてはどうでしょうか?いまいち当てはまりません。当社自体、決算説明資料でそういった指標を出していますけど・・・。


ここら辺は適当にストーリーで考えちゃうのです。

2005年位からは熾烈な価格競争、海外製品がどか~んって入ってきた。

巻き込まれ赤字。

そしてリーマンショックで需要も激減してボロボロにやられました。

当社は上場していて、キャッシュもまあまああったので助かりましたけど、中小企業は吹っ飛びました。

って事はライバルが激減しました。

さらに、中国に生産をシフトしたので、ある程度固定費が削減でき、今は黒字になりました。


という体でどうでしょうか?


連結子会社は中国の大連です。
提出会社は岐阜県の本社です。

これらの従業員数を計算すれば、

日本 中国
2005年度 518 323
2006年度 459 392
2007年度 435 397
2008年度 648 392
2009年度 654 419
2010年度 640 406
2011年度 638 430
2012年度 643 438
2013年度 628 441

さらには臨時社員とかも同様に考えれば中国の増え方が多いのです。

ただし、当社の場合、生産実績を見れば、

単位:億円

日本 中国 合計
単独水栓 11.5 20.8 32.3
湯水混合水栓 64.3 7.7 72.0
シャワー付湯水混合水栓 90.9 7.0 97.9
その他 32.7 1.8 34.6
合計 199.4 37.3 236.7


さらに割合で見ると、

日本 中国
単独水栓 35.5% 64.5%
湯水混合水栓 89.3% 10.7%
シャワー付湯水混合水栓 92.9% 7.1%
その他 94.7% 5.3%
合計 84.2% 15.8%

となり、一部分だけ中国でやっている感じですね。
もしくはある程度基礎の部分を作り、日本の技術で完成って事かも知れません。

この金額って何とも言えませんがそういった感じにとらえた方が良いかと思います。

つーか、多分、完成品を中国から日本へ送ると関税とかスッゲ~高かったりする場合は中国で未完成品にして日本に送り、日本で完成させるんですよね。


そんな業界があったような気がするのですが、思い出せません・・・。知っている方がいましたら是非とも教えてください。

私事ですが、朝早くの執筆ですので頭が回ってません。


続いて、どのような客がいるのかなって売掛金、受取手形をチェックするのですが、その前に、売掛金の回収機関を見ると2009年~2013年まではそれぞれ、71.6日、72. 1日、73.5日、76.4日、62.4日ってほとんど変化がありません。

この時点で、決まった客だな~、ここ5年で大口客の動きは少ないなって考えます。

単位:千円

売掛金
2013年度
パナソニックエコソリューションズ住宅設備 1,090,059
クリナップ 864,126
ハウステック 209,279
川本第一製作所 207,722
タカラスタンダード 169,629
その他 2,544,971
合計 5,085,789

2012年度
パナソニックエコソリューションズ住宅設備 1,063,189
クリナップ 885,328
ハウステック 240,211
川本第一製作所 194,948
ブリヂストン 185,976
その他 2,471,665
合計 5,041,320

2011年度
パナソニック電工住宅設備 1,136,211
クリナップ 732,794
ハウステック 192,303
川本第一製作所 170,700
ブリヂストン 143,969
その他 2,580,147
合計 4,956,127

2010年度
パナソニック電工住宅設備 330,047
クリナップ 294,689
ハウステック 224,147
川本第一製作所 188,352
タカラスタンダード 131,194
その他 3,496,106
合計 4,664,537

2009年度
クリナップ 758,237
パナソニック電工バス&ライフ 602,488
パナソニック電工 424,326
タカラスタンダード 198,729
サンウェーブ工業 188,849
その他 2,949,422
合計 5,122,054


受取手形
2013年度
タカラスタンダード 645,123
川本第一製作所 542,344
渡辺パイプ 419,940
小泉 335,234
ミヤコ 224,284
その他 2,042,548
合計 4,209,475

2012年度
タカラスタンダード 653,853
川本第一製作所 520,584
渡辺パイプ 393,166
小泉 326,034
ミヤコ 218,661
その他 1,944,536
合計 4,056,837

2011年度
タカラスタンダード 580,881
川本第一製作所 402,402
渡辺パイプ 354,259
小泉 287,858
ミヤコ 195,226
その他 1,721,956
合計 3,542,583

2010年度
タカラスタンダード 499,007
川本第一製作所 316,074
渡辺パイプ 310,015
小泉 251,651
ミヤコ 198,853
その他 1,746,449
合計 3,322,052

2009年度
タカラスタンダード 517,824
川本第一製作所 276,625
渡辺パイプ 248,314
小泉 156,548
ミヤコ 134,616
その他 1,713,471
合計 3,047,400


まあ、当分変わらないでしょうね。

技術的には参入障壁が低いですが、営業に関しては参入障壁は高いと思います。
売掛金の欄の会社も、給水栓は外注で良くね?って思っているのでしょうね。


さてと、
最初に言った「ザ・ファミリー企業、ザ・オーナー企業」の件に関しては株主欄、役員欄ですね。

北村興産 11.89
十六銀行 4.84
岐阜信用金庫 4.52
北 村 博 志 3.46
北 村 嘉 弘 3.41
元気なぎふ応援基金 3.26
末 松 容 子 3.12
北 村 治 弘 2.96
KVK従業員持株会 2.94
北 村 和 弘 2.73
計 43.13

住所は全部「岐阜県」でした。

当社役員には会長、北村和弘昭和12年5月30日生を筆頭に北村家メンバーがいます、ただし、苗字が違いますけど、そこら辺は「※」ってなっているので「※」を見ると、

「取締役社長末松正幸は、取締役会長北村和弘の娘の配偶者であります」
「取締役相談役北村治弘は、取締役会長北村和弘の弟であります。」


という事ですね。
基本、動かない会社って事ですね。


となると、どうやって株主様を満足させてくれるのかって部分です。

「自己資本当期純利益率(ROE)を重視」って事で、さらには配当性向について書いています。

給水栓を作っている会社でROEを重視しようっていう試み、非常に良いですね~。
日本の低いROEに関しては、2122インタースペースで書きました通りです。


後は潤沢なキャッシュ20億円。69億円の機械設備は53億円償却して残り16億円です。
まあ、過去のレポートを読んでいる読者さんは解ると思いますが、かなり機械設備がボロいって訳でもなさそうです。

ここは機関投資家のアナリストさんに会社訪問してもらいたいですね。

それと気になる特損に関しては商品が古くなってゴミ、ゴルフ会員権とか昔の流れでとか大した事はありませんね。


株価を見てみます。

589円、実績ベースでのPER6.62倍、PBR0.72倍、配当利回りは3.06%ですね。


私の投資判断は「買い」となりました。
ただ、ちょっとだけね。


割安ですからね。


ただし、過去5年の最高、最低PER、株主数を見ると、

PER H PER L 株主数
2009年度 3.15 1.59 1,132
2010年度 6.57 4.97 1,162
2011年度 6.97 4.35 1,185
2012年度 5.23 4.27 1,173
2013年度 8.04 3.56 1,125

ってな具合です。

私の考えとして、今の時代でここからPERが4倍まで落ちるかって話なのです。

今、589円で買って、PERが4倍の355円まで下がったら仕方なく買って平均取得価格を444円位にしてPER5倍で買った事にしよう~的な事をするのです。さらに下がれば参ったな~って事で似たような事をするのです。なので少しだけ買おうって言うのです。


これに関しては配当利回りで考えても良いですし、PBRで考えてもオッケーです。
ご自身で判断下さい。


ただし、株主数からみて解る通り、今後5年動かないってのもありますからね。


当社について、7年ぶりに再調査しています。非常に当時とほとんど変わりようがないな~って感じで懐かしさを感じました。

ただ、

1) 変わらなくて良い会社
2) 変わっては行けない会社
3) 変わらないとダメになる会社

を考えると、当社は1)、2)かな~って思うのです。そうであれば、懐かしさを感じたって事は良い会社なんだな~って思うのです。

とまあ、中身にしても「こうであればこうだよな」って感覚を持って投資をすることが重要であると思いました。数字だけでなく、「プロとしての見解」ってのが投資運用業においては求められるのでしょうね。


最後に、

プロって言えば・・・。


今や、IPOマーケットが活況です。IPOをゲットするファンドは速攻で売り抜けます。個人にはほとんど行きわたりません。これが初値○倍っのが繰り返されてます。

となりますと、機関投資のファンドの成績は自然とベンチマークのTOPIXや日経平均を上回れます。となると、「投資信託はプロが運用している」って信用復活、NISAでドーンってなるのです。


お国の仕組みです。


私のいましたヘッジファンドはそういったプロっぽく見せる運用は一切せず、プロとして堂々と株式市場に挑み、多岐にわたり高パフォーマンスを出してきました。


「プロ」っていったい何だろうって事を思いながら、今日はおしまいにします。


がんばれ、KVK!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

昨晩、2138クルーズの評価レポートを検索していましたら、こちらに辿り着きました。
大変興味深く、徐々にすべてを読ませていただこうと思っています。

ところで、リクエストしてもよろしいでしょうか?
2174GCAサヴィアン、2127日本M&Aセンター、3859シナジーマーケティングの投資判断をお願いします。

お暇な時で構いませんから、よろしくお願いいたします。

こんにちは、よろしければ<7518>ネットワンシステムの分析をお願いします。
非常に割安に見えてしまうのにもかかわらず、現在も年初来安値を更新中なのですが、これほどまでに売られる理由が見当たらず、判断が付きかねています。
よろしくお願いします。

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。
2174GCAサヴィアン、2127日本M&Aセンターに付いては今後、こういったビジネスに関してまとめて情報を入手し、一気に書き上げようと思っていた銘柄です。

3859シナジーマーケティングについては結構気になっている会社です。「楽天」銘柄になる可能性が高いからです。2015年6月に楽天が二子玉川にオフィスを移転するようですが、チーム楽天の会社であれば、一緒に入るって話もありそうですよね。

となると取引先ではなく、楽天経団連の一員であれば今後のビジネスも非常に有望なのです。

財務諸表に付いてはまだしっかりと見てません。

何かツッコミどころ等ございましたらお教えいただければ幸いです。

今後とも、どうぞ応援をよろしくお願いします。

> 昨晩、2138クルーズの評価レポートを検索していましたら、こちらに辿り着きました。
> 大変興味深く、徐々にすべてを読ませていただこうと思っています。
>
> ところで、リクエストしてもよろしいでしょうか?
> 2174GCAサヴィアン、2127日本M&Aセンター、3859シナジーマーケティングの投資判断をお願いします。
>
> お暇な時で構いませんから、よろしくお願いいたします。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
デカイ会社ですね~。結構な苦労があると思います。

やはり気になる所は不正があり、管理銘柄にされた事かと思います。
当時は7.48億円の不正請求でしたが、恐らく見つけたベースですね。今後(今は調べてませんが)どれ位まで膨らむかによるのです。

そうなると、官公庁向けとかのビジネスに黄色信号~ってなります。

ただ、どこで拾うかってのが気になる部分ですね。

かつて、粉飾(事故)の会社が上場廃止になりました。私は直接、120億円のキャッシュを確認しました。借金はなく、毎年のビジネスは10億円位カネがかかる。つまり、まったく売れないと10億円の赤字。

こういった会社の時価総額が30億円まで売られました。

結局、上場廃止になりましたが、PBR0.5倍で買い取ってもらったので倍ですね。

その会社は今後、銀行からの借り入れも難しいし、色々と取引先とも理解を深めてもらわないといけませんので流石にPBR1倍で買ってもらう訳にはいかなかったのです。

規模は別にして、当社には同じような状況に陥る可能性もあります。

正直、決算の3月31日に会計監査人のサインが入った有価証券報告書が提出されなきゃ上場廃止な訳ですね。で日本って優しいので何とかサインは頂けちゃったりする訳ですけど。

それにして、その不正の取引先、社員(もうクビなので社外、だから匿名)ってな感じで優しすぎるのです。アメリカではふつ~に禁固85年とかになるのですけど・・・。日本では良くて懲役2年とかですからね。2年懲役されて7億円もらうなら喜んで懲役されますけど。

とまあ、日本は緩いのですが、日に日に厳しくなっているのです。
こういった問題は今後もかなりの調査が行われるはずです。


ついでですけど、株主に「大先生」的な会社もいませんし、ちょっと立場が厳しいってのが当社なのです。


私が言える事は、こういった会社はPBRで判断しましょうって事位ですかね。
それも独自で調べたPBRです。


今後とも、どうぞよろしくお願いします。

> こんにちは、よろしければ<7518>ネットワンシステムの分析をお願いします。
> 非常に割安に見えてしまうのにもかかわらず、現在も年初来安値を更新中なのですが、これほどまでに売られる理由が見当たらず、判断が付きかねています。
> よろしくお願いします。

ありがとうございました。
言われてみれば売られるに十分な理由ですね。
今後も一応監視だけはしていきたいと思います。

返信、ありがとうございます

早速の返信、有難うございます。

まず、M&A関連銘柄から・・・。
成長性と時価総額を勘案して、2127売り、2174買い、と考えています。

次に3859ですが、管理人様も注目されていましたかぁ。
素直に嬉しいです。

管理人様は3859を「楽天」銘柄として見られているとのことですが、私は、これ以外に
セールスフォースドットコムと主要経営陣が大株主であること、時価総額が小さいこと、
そして、今年から海外展開を本格化し始めたことから監視を継続しています。

直近では、出資しているホットリンクが上場するのに伴い、一時的に値を上げるでしょうが、
まだあまり仕込んでいないので、少し待って、という感じです。(我儘ですみません)

突っ込みどころですが・・・うーん。
正直、物販の子会社は売却でもして、本業に集中してほしいですね。
会計的には、比較的保守主義的な姿勢は好きです。たまに、裏切りますが・・・。

ちょくちょくお邪魔させていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

今後とも応援よろしくお願いします。

> ありがとうございました。
> 言われてみれば売られるに十分な理由ですね。
> 今後も一応監視だけはしていきたいと思います。

Re: 返信、ありがとうございます

コメントありがとうございます。

難しい業界の投資に関しては売りと買いを織り交ぜてニュートラルにするのは結構ヘッジファンド(地味系)でもやる手法ですね。

3859について、セールスフォースドットコムに関しては日本ではまだそこまで関心が薄い会社ですが、アメリカではかなりデカイ存在になりました。

先日まで日本ではビッグデータとかで大騒ぎしていますが、アメリカであればすでに終わった話でいまはビッグを超えてメガデータの話です。

そういった大局的な流れから考えてもやはり、3859は気になる存在ですね。

今後とも、応援よろしくお願いします。


> 早速の返信、有難うございます。
>
> まず、M&A関連銘柄から・・・。
> 成長性と時価総額を勘案して、2127売り、2174買い、と考えています。
>
> 次に3859ですが、管理人様も注目されていましたかぁ。
> 素直に嬉しいです。
>
> 管理人様は3859を「楽天」銘柄として見られているとのことですが、私は、これ以外に
> セールスフォースドットコムと主要経営陣が大株主であること、時価総額が小さいこと、
> そして、今年から海外展開を本格化し始めたことから監視を継続しています。
>
> 直近では、出資しているホットリンクが上場するのに伴い、一時的に値を上げるでしょうが、
> まだあまり仕込んでいないので、少し待って、という感じです。(我儘ですみません)
>
> 突っ込みどころですが・・・うーん。
> 正直、物販の子会社は売却でもして、本業に集中してほしいですね。
> 会計的には、比較的保守主義的な姿勢は好きです。たまに、裏切りますが・・・。
>
> ちょくちょくお邪魔させていただきます。
> 今後ともよろしくお願いいたします。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。