スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6271 ニッセイ



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

6271ニッセイです。
技術系会社で減速機(ギアモーター)、歯車を作っている会社です。
大株主ブラザーが最近公開買付で57%も保有することになりました。提出された意見書などを見ると、当社の技術、販売力(アジア)が欲しい~的な事を言ってましたね。

本当はキャッシュでしょーとか言いたくなります。
しかし技術も販売力もキャッシュも魅力的ですよね。

技術に関して、飛躍的な進化ないでしょう、歯車ですので。数千万分の一の技術はすでに出来上がっています。実際、歯車が壊れたとか一般人からの苦情はないだろうし。

販売力について、は当社の売上セグメントで10%超えの表記がないため、分散が取れています。売掛金を見れば大体のお客の企業が見えてきます。ここの部分あたりから、ブラザー工業が当社を欲しいなあと思うのではないでしょうか。ブラザーのそれと比べるとシナジー効果が出そうなんですよ。

キャッシュについて、当社有り余っています。それらは社債とかの有価証券に化けていますが。有価証券明細表を見るとその額、170億円、ソフトバンクの社債やヤマダ電機やシャープの転換社債、さらには投資信託まであります。証券会社におけるスーパー大口の顧客でしょうね。もしくは当社の投資は本気であり、名古屋のバークシャー・ハサウェイ (ウォーレン・バフェットの会社)にでもなる気なのかと。

当社は委員会設置会社です。取締役会が経営を監督して、業務執行は執行役に委ねている訳なんですよ。経営の合理化と適正化とか言うとかっこ良いですが、潤沢にキャッシュがある会社なんで、「カネの使い方は経営陣が決めて(運用)、現場業務(歯車作り)は赤字を出さずに少しだけ会社のカネを増やしてくれよ」的な言い方もできますね。

売上高研究開発費比率とかの数字を見ても、なんとなく当社の様子が見えてきます。
これらについて、私は何にも文句はありません。配当性向50%も出してくれているので。


株価を見てみましょう。

824円、この水準でPER22倍、PBR0.55倍、配当利回り2.55倍です。
微妙な水準かと思います。今後、当社の成長を考えず、黒字が続く事をと計算すれば、PBRのみがさらに割安になるだけですから。

ただ、当社の場合、株価上昇のシナリオは「誰かが買う」しか考えられません。

とりあえず適正株価はいくらなのだろうって考えます。TOBのおかげで様々なプロからの意見が集まりました。上限1200円く位です。DCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)の場合です。DCF法は本業で今後、未来永劫、儲けるカネは現在の価値でいくらか、じゃあ株価はこれ位だという訳です。

そうです。会社とは成長するのです。でもね、そんな成長する会社を創業者は簿価以下(PBR1倍以下)で本当に売るのでしょうか。疑問は尽きません。

私も色々な数値を入れて計算したのですが、こういった会社の適正株価は出せませんって言い切るのが一番。セルサイドのアナリストであれば即刻クビですね、ただ、ヘッジファンドのアナリストであれば稀に「こいつ出来る」って思われる場合があります。

当社の株を買うとしたら、インカムゲイン、イベントドリブンの先回りですね。


そのため、私の投資判断は保留です。しかしポートフォリオには少し入れます。ポートフォリオ全体のファンダメンタルが改善されますので。


所で、ブラザー工業ってかつてスティール・パートナーズが結構保有していました。そのおかげでブラザー工業の経営陣たちはかなりの金融知識を持ってるよな~って思う訳ですよ。

それと、企業価値分析をプロに任せるのも良いですが、当社は愛知県にある会社なのだから、コメ兵(2780)に査定を依頼してみたらって思います。コメ兵は「なんでも買い取ります」なので(笑)


がんばれ、ニッセイ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。