スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1407ウエストホールディングス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


1407ウエストホールディングスです。

太陽光関連の会社ですね~。私にとってはちょっと時価総額が大きくてイヤイヤで、渋々調べようって感じです。8月決算の会社なのでもうすぐ有価証券報告書が出るはずなのですが、ちょっと待てません。


「太陽光エネルギー」ってどうやら日本の成長戦略に絡んできた感が強くなってきましたよね?ちょっと昔は風力がかなり良い感じでしたが・・・、今はちょっと下火でしょ?バードストライクとかで鳥がぶつかっただけでかなり被害が出るとかなんとかで。

今でも太陽光エネルギーって補助金が出るみたいだし、さらにはデファクトスタンダードが無い訳でしょ?「太陽光エネルギーなら○○社」みたいなアレね。

7725インターアクションとか小さい会社も調べましたが、やっぱり太陽光エネルギーってどうなのよってググってみたら当社が出てきた訳ですね。

やっぱり動向を調査する際は面倒でも大手を調べないといけないのです。


早速、調査開始です。


ビジネスについて、

う~ん、結構深いですね~。ホームページは3回くらい見ちゃいます。それだけ気にさせる会社ですね~。まあ、一言で太陽光で良いじゃないですか?ホームページから文字と画像でそう訴えてます。


セグメントは3つ

グリーンエネルギー事業
エコリフォーム事業
その他の事業

順番は2012年度からグリーンエネルギーが一番上になりました。それまではエコフォーム事業が一番上。で2009年度のセグメントは「住宅リフォーム事業、戸建住宅事業、土地・建物開発事業、土木事業、その他事業」ってなっていたのです。

売上比率で考えれば、もっと早く変えてくれよ~って感じですけど。


グリーンエネルギー事業 エコリフォーム事業 その他の事業
2010年度 71.5% 22.3% 6.2%
2011年度 82.5% 17.2% 0.3%
2012年度 88.6% 11.4% 0.1%
2013年度 97.3% 2.6% 0.0%
2012年度 88.6% 11.4% 0.1%
2013年度 97.3% 2.6% 0.0%



「セグメント変わったね~」って事を単に抑えておけば今は良いのです。
ほかの部分を見ても「変わってる~」って解れば、そこら辺からビジネスモデルが変化したんじゃねって考えられます。


ここで、
借入金でもいきなり見てみましょう。単位は百万円。

短期借入金。

2010年度 2011年度 2013年度
もみじ銀行紙屋町支店 0 226 726
三井住友信託銀行広島支店 0 58 454
三菱東京UFJ銀行広島支店 0 180 180
オリックス銀行本店 0 0 145
東日本銀行初台支店 0 0 134
山口銀行広島支店 0 120 100
トマト銀行福山支店 0 0 100
千葉銀行新宿支店 0 40 68
呉信用金庫広島支店 0 33 67
みずほ銀行新宿新都心支店 0 60 60
りそな銀行東京営業部 0 60 60
西日本シティ銀行広島支店 58 40 40
関西アーバン銀行本店営業部 359 134 34
商工組合中央金庫東京支店 18 18 18
横浜銀行新宿支店 0 60 0
中央三井信託銀行広島支店 196 0 0
計 631 1,029 2,185

長期借入金。

2010年度 2011年度 2012年度
三菱東京UFJ銀行広島支店 0 645 465
もみじ銀行紙屋町支店 0 532 306
トマト銀行福山支店 0 0 200
東日本銀行初台支店 0 0 188
みずほ銀行新宿新都心支店 0 225 165
りそな銀行東京営業部 0 225 165
西日本シティ銀行広島支店 0 150 110
千葉銀行新宿支店 0 0 98
呉信用金庫広島支店 0 44 58
商工組合中央金庫東京支店 72 54 36
山口銀行広島支店 0 100 0
計 0 1,975 1,792


何となく「2011年からカネ借りまくってね~か?」
つまり「何か変わってね~か?」って事。

カネがないから借りたのかそうでない理由で借りたのかは経営成績を見れば解る事です。

金利でも何となく解ると思います。
「マジでヤバいからカネ貸して」系の借入金はやはり金利が高くなります。だってかえって来ないリスクが高いからね。

直近で短期金利は1.79%。長期は1.75%ですね~。


私のいろんなレポートで、「カネを借りる際は長期がで金利が低ければ良い~」って言いました
当社の場合は短期、長期とも結構借りてますね。でも、「金利は個人よりは安く借りてね?」って気がする。


つーか、
「カネ借りれる」ってすごくね?


あなたが独立して事務所を開く事にしよう。

そして銀行に「私、○○大学出身で、○○社に入社、15年働き、ついに退職、独立しました、つきましてはカネを貸して欲しいんですけど~」って銀行でお願いします。

スモールビジネスなので担当銀行員は3年目位の25歳のお兄ちゃんみたいな訳ですね。
そんな銀行員に「はー?このおっさん何言ってんの?」って言われる訳ですよ。

○○大学出身とか○○社とかもう関係ね~訳っすよ。
つーか「お宅の財務諸表を見せなさい」ってなるのです。基本はね。

そうでない銀行もありますが・・・。つまり○○大学出身とか○○社とかが関係しちゃうとね。って言うのを「コネ」って言うのです。


横道に逸れましたが、カネを借りれるってすごいことなのです。
それでは、なんで銀行はカネを貸すのでしょうか?


数字を見てみます。単位は百万円。

売上高 経常利益 純利益 経常利益率 純利益率
2008年度 27,375 197 -2,140 0.72% -7.82%
2009年度 20,849 580 239 2.78% 1.14%
2010年度 23,053 1,252 1,122 5.43% 4.87%
2011年度 21,992 1,320 1,006 6.00% 4.57%
2012年度 25,764 1,287 892 4.99% 3.46%
2013年度 52,745 5,872 3,123 11.13% 5.92%

我々は2011年頃からビジネスモデルが変わったよねって考えているから過去のマイナスの理由は無視。時間がある人は、もしくは機関投資家のアナリストであれば調べてください。

もちろん赤字に付いては調べるに越したことはないですからね。機関投資家アナリストは「企業経営者」は同じ間違いをやすような「マヌケ」ではない事を確認する必要があるのです。

ぶっちゃけ、個別IRに来てもらうとか、会社説明会を見てれば、それくらいは解ると思いますが。いちいち数字でも確認する訳ですね。


純利益率を見れば解るでしょ?

直近で5.92%出ちゃうビジネスをやっているのです。しかもゲームとかと違って太陽光発電とかやっていると。一発外したら「特損~」で赤字になっちゃうゲーム業界とかとは安定さが違う。なので銀行も2%位を切るくらいでカネを貸せるのです。


数字をさらに一人当たりを見てみます。単位は百万円。

総従業員数 売上高 経常利益 純利益
2008年度 536 51 0.4 -4.0
2009年度 383 54 1.5 0.6
2010年度 370 62 3.4 3.0
2011年度 426 52 3.1 2.4
2012年度 524 49 2.5 1.7


悪くはないね?

連結の全員の従業員数で計算してますが、提出会社である本社の従業員は57人、70人73人、80人、158人って感じの変化ですね。

でさ、
一つ気になったのが臨時従業員数ね。セグメントで書いてみます。カッコ内が臨時従業員数ね。

グリーンエネルギー事業 395人 (臨時6人)
エコリフォーム事業 83人 (臨時2人)
その他の事業 37人 (臨時19人)


バイトっすか?それともなんかすっげ~爺さんだったらどうしよう。
その町では超偉い人だったりするアレっすかって思うのです。

私の言いたいことは、

先生「あのカラスは白くなあ~」
秘書「真っ白でございますね~先生」


って事。


これはもう、機関投資家アナリストがしっかりと情報を取って来て欲しいのです。まあ、こういった事がしっかりできている会社は強いですよ~。まあ我々はそこまで深読みしても結果を知ることはかなり困難ですね。


大手医薬品会社が株主になっている臨床試験とかの上場会社ってこの仕組みを結構使ってます。最近では電子書籍もかな。


数字についてなんだけど、2013年度があるのと無いのは開示されている資料の差です。2013年度の有価証券報告書はまだですが、決算短信決算説明資料IRで取れますので、いや~なんて投資家思いの会社なのでしょう。

ホームページを3回見ちゃう理由です。

さらにはミッシングパーツとして、従業員数、借入金、セグメントに出てきている9831ヤマダ電機の売上ですね~。かつて依存度が50%超であったのが2012年度は39.81%までダウンです。そろそろどこか他の会社が出てきても良いと思います。

しかし、提出会社はホールディングス、つまりその下に「事業」をする会社がぶら下がっている訳です。なので売掛金の欄がなく、客が解らない訳ですね~。ライバルが多いので解っちゃまずい事もあるのです。


昔、とある会社の事ですが、どっかの役人が臨時職員でとある会社に入って、そうなるとその臨時職員が在籍していた人の税金で建てたビルの改装工事がその会社で行われる訳ですね。


いやいや、今時入札あるでしょ?って思った人。正解。


でも、そんなに大きな金額でなければ問題なく出来ます。
2185 シイエム・シイのレポートで書いた戦略コンサルの営業の話と似てますね。


あと、気になる部分は保有株ですかね。
3751日本アジアグループの株を買いました。日本アジアグループのビジネスを考えながら当社の定款が一部変更になったのを見る。となると、電気売って、コンサルやって、金融商品売るってなっています。


う~ん。興味深い。


株価を見てみます。

1,768円、実績PER15.3倍、PBR5.9倍、配当利回り3.39%です。
ここからさらに前年度からの成長率を考える。会社予想の2014年も入れておきます。


売上高 経常利益 純利益
2009年度 -23.84% 195.35% -111.15%
2010年度 10.57% 115.66% 370.29%
2011年度 -4.60% 5.47% -10.32%
2012年度 17.15% -2.53% -11.39%
2013年度 104.73% 356.29% 250.29%
2014年度(会社予想) 39.56% 39.94% 44.73%


私の投資判断は「買い」となりました。


さすがに2013年度の成長は難しいかもしれませんが、2014年度の成長は可能性ありそうなんですね~。数字は2012年度位からあてに出来る数字だって既に言ってある通りです。


もし2014年の会社予想が、売上2倍~っとかなっていたらかなりDQNな会社だな~て思う訳ですよ。昔のバカIT企業バブルで死んでいった会社の経営陣を思い出しちゃいます。たとえ2倍になるって思っても流石に書いちゃまずい訳っすよ。


そんな事しちゃったら、


「ジョブスを超える」って意気込んで会社辞めてアプリ作っちゃう若者と同じっすよ。
「ってかアプリってジョブスが残した遺産の一部じゃねって」余計なツッコミも入れておきますが・・・。


企業ってのはね、特に上場企業ってのは~キチっとして欲しい訳ですね。
業績予想は地味にしておいて、後で上方修正をするのが上手い会社です。


一応PER15.34倍で考えて、
来年の会社予想を鵜呑みにすれば、来年の8月は株価は2,548円ですね。


最後に、

時価総額が500億に達してないのでまだ、この会社がデファクトスタンダードを取れる会社なのかは解りませんが、数字上、経営陣が上手いなぁ~って思う訳ですよ。となるとデファクトなんちゃらとかはここでは無視しようって考えれるのです。

本社が広島だそうです。
年棒の低い広島カープの上手なマネジメントを思いました。

非常に勉強になる、有価証券報告書でした。


がんばれ、ウエストホールディングス!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも興味深く読ませていただいてます。

最近9644タナベ経営が気になってます。(低PER、低PBR、財務内容も凄くいい)

一度お時間があれば検証お願いできますか。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。