スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7500 西川計測



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

7500西川計測です。
その名の通り、計測機械を販売、保守、管理などをしている会社です。技術系の会社です。

技術の会社ですので、技術力を調査する必要があります。ただ、アナリストは技術者ではないため、その技術を調べたところで、何もわかりません。そのため、取引先の情報などから推測する必要があります。

当社の大株主は横河電機(6841)です。時価総額2000億円以上の優良企業です。当社も横河電機の株を732,780株保有しています。金額では約6.8億円、当社の時価総額が32億という事を考えると6.8億は非常に大きな金額であるとわかります。最近はなくなりつつあるものの非常に良い持合い関係かと思います。

当社の販売先を見ると、ホンダ、日産、川崎重工業、昭和電工など、数々の名門が出てきます。そして、大口顧客はいないため、売上セグメントの10%を超える客はいません。良い傾向です。また、今年だけでなく、数年前の有価証券報告書などを見ると政府関係なども取引先で出てきます。

計測器等を取り扱う会社ですのであらゆる産業と結びつきがあります。またこういった企業を多く得意先として抱えているのは当社の取扱い製品の性能の良さ、技術力の良さを表しています。


株価を見てみます。

948円、PER6.6倍、PBR0.6倍、配当利回り3.59です。割安であるといえる水準です。ただ、時価総額32億円ですのでこの時点で配当をここまで出しているというのはどうなのでしょうか?ビジネスがすでに成熟しているのでしょうか。それとも次の成長先投資が見つからないのでしょうか?色々考えます。ただ、答えはわかりませんのでとりあえず、株主配当もしてくれているという事でポジティブにとらえます。配当政策も曖昧な表現ですので参考にはなりません。

では、この株価が今後成長をするに当たり、さらにファンダメンタルが割安になる事を考えます。売上については昨年より増加していますが、要因が不明のため、今後の売上成長率はゼロで考えます。また、利益率はここ5年、ほとんど変わらないので昨年の数字を使います。配当も32円を継続とします。

PBRで計算すれば2013年で0.63、2014年で0.59、2015年で0.55となります。投資のタイミングとしては2014年あたりでしょうか。将来の純利益、配当は変わらずとして計算していますのでPER、配当利回りは変わらず6.7倍、3.38%となります。

これらから、今後の投資タイミングとしては会社の利益成長が昨年以上、または会社予想を大幅に上回りそうな時、または株価が何らかの要因で下落も収益が前年ほど落ち込まない時となります。

ただ、私の投資判断は保留となりました。

いくつか、私のタイプでない部分が当社にはありました。1点目は、役員報酬、社員の報酬が当社の時価総額に比べ高い事が挙げられます。これは色々な意見があると思いますが私はそう思っています。2点目は、時価総額における売上高、利益率の低さです。これはなぜこのような構造になっているのかをさらに調べる必要があると思います。時価総額が低い事と売上(金額)が高く、利益率が低いことが必要十分条件でなくてはなりません。(伝わってますでしょうか?)3点目には、売掛金、資産、保有有価証券の金額がこれまた時価総額に比べて大きい事です。

ともかく、時価総額に対し、何もかもが大きいと私は考えます。これは今後、時価総額がそれらに追いつくという良い点も考えられますが、逆に何か1つでも悪いことが起きると大変な損失にもつながりかねないためです。

投資判断は保留ですが、良いほうに転びそうな時は私のポートフォリに即座に追加します。今後は四半期報告をチェックする位で良いと思います。


がんばれ、西川計測!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。