スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2458夢テクノロジー



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


2458夢テクノロジーです。
エンジニア派遣、ソフトウェアの受注開発とかを行っている会社ですね。2362夢真ホールディングスの子会社で夢真がまだ80%以上保有しています。

かつては4848フルキャストホールディングスの傘下でしたがTOBで夢真の傘下になりましたね。昔の記憶にあったTOBでした。(ここにそのニュースが残ってました)2011年4月7日の株価が19,500円で、翌日の8日は23,500円。TOB価格としては35,320円って発表でしたので。かなりびっくりした訳ですね。

当時のフルキャストってままイケイケで・・・・。フルキャストでなくて、今日は2458夢テクノロジーですね。

でまあ、一度メチャメチャな会社になっちゃった訳ですが、現在は復活して戻ってきた感じがあります。「よしよし」って思いながら見ているとまたまた当社はぶっ飛びIRなどを出すのでまあ、不思議な会社だな~って見ていたのです。


という事説明しながら、当社を見てみます。

ホームページでビジネスを調べる・・。派遣です。セグメントは3つありますが売上自体が小さいのでセグメントでは分けません。分析もしません。

有価証券報告書の事業等系図を見ると、夢真ホールディングスも派遣ですよ。で当社も派遣なのですよ。でも親会社、子会社の関係ですね。まあ、こういった部分、労働派遣法とか超詳しい人でなくては解りませんね。

派遣先にどれくらいの派遣元から人を送れるか、時間とか、そういった事が色々規制されている訳で、いわゆる上手に運営されてますねって事で流しましょう。


肝心なのは数字。単位は千円

売上高 経常利益 当期純利益又は当期純損失(-) 純利益率
2009年度 9,082,949 969 -95,612 -1.05%
2010年度 6,501,656 224,005 -1,058,226 -16.28%
2011年度 4,290,183 256,204 219,689 5.12%
2012年度 4,196,658 125,974 -178,093 -4.24%
2013年度 3,746,870 270,977 255,431 6.82%


基本、数字しか見ないアナリストであれば、ここで「アウト」で終わりですよ。ただ、私の場合、こんなブログを始める前はマジで毎日数十社を調査していたのですよ。当時は却下です。ただ、その中で、メモ書きしている部分があって、「経営者」、「イケイケ」って書いてありました。


つまり、ビジネスが回復に向かうのは「経営者」しかないなって事でした。それと「イケイケ」は売上をガンガンあげて、赤字でも良いと、その後いつかその分は戻ってくるという「先行投資」を皮肉って書いていた訳です。


当時を思い出すと、リーマン前な訳でかなり良い時代でした。とある外資系証券会社では社員の給料明細の最高が999万9,999円なので、7,000万円とか貰う人は(ボーナス除く)給料明細を8枚もらう訳ですね。で同僚同士では「何枚?」って話がありました。

当時、そこに派遣した人の年棒は1,200万円でしたね。なので月計算で100万円、1日8時間とかで考えれば時給6,200円みたいになりますね。大学とかのミスコン出場者で英語が堪能であれば、採用しちゃいますよ。

まあ、でも派遣さんなんで、来月も派遣として採用されるかは担当者次第ですので、皆さん非常に付き合いが良かった気がするのは・・・。


懐かしい思いです。


横に逸れました。


「経営者」と「イケイケ」の説明ですね。

「経営者」はその通りですね。経営者が変わるって事。2011年から2012年にかけては結構な交代がありました。そりゃTOBですからね。で、コピペして、名前順でソートしたので順番はメチャクチャ、誰が偉い人か解りませんが、名前だけ見ればオッケーです。敬称省略しています。偉い人、ごめんなさいね。

2011年度
岡田 城
平野 岳史
徳永 政一
佐々木 孝二
漆崎 博之
香田 史朗
根矢 透
徳丸 剛

2012年度
金子 壮太郎
佐藤 大央
佐藤 眞吾
川下 敏久
田中 義男
松本 幸夫
吉富 祐介
高井 浩路
丸山 直樹
徳永 政一

2013年度
金子 壮太郎
佐藤 大央
佐藤 眞吾
川下 敏久
田中 義男
松本 幸夫
横山 彰彦


という感じ。

で「イケイケ」の部分の説明は売上。
2009年度のほうが売上が良いけど利益はダメ、当時はまあ、勢いでガッツリ売れば、いつしかシェアを取れるって助言するコンサルが多かったのです。そんな感じのマーケティング、流行ってましたよね。レッドオーシャン、ブルーオーシャンとかだっけ?

でさらには財務諸表では2009年度はのれん4.3億円ってなっていた訳ですよ。何かの会社を4.3億余分に出して買っちゃう。もちろん、良いのれんもありますが、私は今回は悪いのれんである。って考える。

でも、5年前の経営陣だからもう関係ないって考える。


なので最終的に考えるのはここ2年の経営成績だけです。

で、まず最初の変化は2012年に黒字。前年にはガッツリ「特損~っ」って出してます。

2011年の特損一覧。

固定資産除却損 1,666
固定資産売却損 109
特別退職金 16,849
店舗閉鎖損失 11,462
寮解約損 47,374
雇用調整支出金 38,477
震災に伴う停電時休業手当 8,072
アドバイザリー費用 25,998
その他 2,966
特別損失合計 152,977

赤字を出してもアドバイザーはカネを貰えるのか~。いいな~。
でまあ、ゴミを特損でどっさり出して、足取りを軽くしてビジネスしたたらちゃんと2012年は2.5億円の黒字。で当社は9月決算なので数字が間もなく出ると思いますが、黒字だろうね。

で、2013年は復配の8,000円ですね。ってか、一株利益が6127.45円の予定なのに期末配当6,000円、中間で2,000円だから儲け全部を株主に出すの?びっくりします。


私は今後、ビジネスが安定期に入り、財務が改善したのである(実際に改善してる)さらには改善の見込みがあるって判断です。


そこは銀行の見方も同じかもって借入金金利を見ます。

2012年度の1年以内に返済予定の長期借入金の金利は2.66%
2013年度のそれは1.80%


銀行は正直です。


あと、気にする部分では、

預け金
JPアセット証券株式会社 115,256
野村證券株式会社 6,149
クレディスイス証券株式会社 3,896
合計 125,302

預け金ってね~。通常は銀行ですね。で有価証券報告書には「余剰金については安全に~」ってなっていますが、当社はまあ、証券会社に預けていると・・・。何か仲良くなって億必要があるのではないでしょうか?

で最近のIRにたどり着く、立会外分売のお知らせ。2800株を取引所以外で売ります。一人当たり20株です。140人株主が増えます。2013年度での個人株主は883人、それ以外の投資家を含めれば910人。お、株主数4ケタじゃね?


目指してる~?(上場審査基準概要(一・二部)についてはこちら


とまあ、色々ありました。

後は、本気で派遣法を調べなくては難しいですが、知人のアナリストに聞いたら。先生によってコロコロ変わるから難しとの事。まあ、じゃあ先生に好かれている会社かそうでない会社かはじっくり調査しようと思います。


株価を見てみます。
128,500円、実績ベースでのPERは28.7倍、PBRは4.1倍。配当は今回の8,000円を採用して、6.2%になっちゃうよ・・・。


私の投資判断は「買い」となりました。
ただ、少額で投資であって、メインのポートフォリオにはまだ入らない感じです。
私の新たなメモとして「役員継続」、「配当性向」、「横ばい」という付箋をつけておきました。それがかなえば、二回目の調査をして「買い」継続となる事もありそうです。


今回の「買い」の理由としては、会社方面から「株価を上げたい」って意欲が伝わるのです。本業も良くですし、カネを貸してくれる銀行も沢山出てくると思います。しかし、役員の異動や裁判など、突発的に株価に危険なイベントは起こりやすい会社かと思います。また、デカく動いて失敗する可能性も高いのが中小型株の特徴とも言えますね。


だからこそ、あえて配当を置く事により、下値抵抗を付けているような気もしなくもないのです。
ああ~、誰かアナリストの方、会社訪問して~。


最後に、

やっぱり会社を経営するような人は「1番」を目指してもらいたいものです。それが株式市場でも同じ。それは財務戦略で可能なはずなのです。まあ、会社は未来永劫続かなくてはならないので異常なハッスルはダメですが。

でも変わりゆく社会です。小さい会社であれば、結構ハッスルしても良いですよね。って私は思うのです。で、当社の代表挨拶の下にある社長のサインを見ると、何か躍動感を感じるのです。


がんばれ、夢テクノロジー!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。