スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3668コロプラ



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


3668コロプラです。
2012年12月上場のゲーム会社です。設立は2008年10月と、あっという間の上場を果たした会社です。位置ゲーって呼ばれているあれですね。

ご存知の通り、当ブログは中小型、割安、バリュー株の銘柄のレポートを書いている訳で、当社の数字を見ると、別に割安でもないんですよね?でもね、たとえPERが高くても割安になるシチュエーションは山ほどあるのです。

あくまでもファンダメンタルの数字って過去の数字と今の株価を比べてるみたいな部分があるのです。なので当社は現在は数字の上で割高かもしれませんが、何となく割安に動く可能性があるなって睨んでるのです。


でさらに、私のあまり好きではないゲーム業界なんですね。

私がゲーム業界が好きではない理由として、ライフサイクルが超短いためです。長期投資として5年先、ゲーム会社が存続しているかもわからない訳ですね。となると5年先の数字はまず予想不可能。

プレステもファミコンも何十年って持ってない訳ですよ。プレステは2とか3とか出ちゃうし、ファミコンはスーパーファミコンとか出たでしょ?


当たり前ですが、ハード、ソフトの違い位分かっている訳で、解りやすくハードの話をしましたがソフトなんかもっと早い訳ですね。


逆に良い部分もあり、ゲームなのでゼロからカネを生み出している、つまり利益率は高い、そうなるとクリエイティブなビジネスであるという一面もある。投資する以上、利益率の高いビジネスに投資をしたいのは言うまでもありませんよね?

もちろん、会社側だって利益がしっかり出ていれば、一人当たりの給料を上げる事も出来て有能な人を会社に留まらせる事が出来ます。新たな人材も採用できます。


良い循環が出来るって事ですね。


私のレポートで良く、一人当たりの利益とかを出していますが、そういう事を言いたいがためにしつこく一人当たりの数字を出しているのです。


で、今後、当社の成長ストーリーを勝手作ってレポートするにはある程度有価証券報告書を見て、登場人物等を確認したり、数字を確認したりする必要があるのです。で、それで良いストーリーが作れれば投資案件として良い案件になるのです。


ご存知の通りですが、証券会社のアナリストはその会社のストーリーを描いて、カネをもらっているのです。そのストーリーに反し、株価が逆に動いてもです。


とまあ、とやかく言っても始まりませんので、調査開始します。

当社のビジネスはホームページにある通り、スマホゲーム、位置ゲーですね。私が一番詳しくないでしょうね?ここで数字を見ちゃうのです。他には千円、当社の決算は9月です。

売上高 経常利益 純利益 純利益率
第1期 362,825 198,833 114,319 31.51%
第2期 1,515,455 693,494 381,565 25.18%
第3期 2,283,200 568,078 283,260 12.41%
第4期 5,071,672 1,499,830 778,358 15.35%

で、一人当たりを計算。

第1期 第2期 第3期 第4期
一人当たり売上 22,677 21,344 25,654 31,897
一人当たり経常利益 12,427 9,768 6,383 9,433
一人当たり純利益 7,145 5,374 3,183 4,895

従業員数は155人で平均年齢が30.9歳、平均勤続年数は短く1.2年ですが、理由は何となく解るでしょ?で平均給料が649万円。

パソコンが出来たら当社に就職したいですよ~。


でもね、何が言いたいかって事は解ると思いますが、まだまだ財務に余裕がありまくりなのです。で9月決算なのですでに第3四半期の数字も出ていて、売上は100億超えちゃいましたね。でまあ、利益率も変わらない。そして当社の従業員が何人かを調べると、会社概要で今の所246名です(2013年6月末日時点)

じゃあ4期と5期の第3四半期の一人当たりを比べます。

4期 5期(第3四半期)
一人当たり売上 31,897 41,025
一人当たり経常利益 9,433 13,768
一人当たり純利益 4,895 7,826

かなり成長している事が解ります。
一人当たりで成長しているって事は会社としてのシナジー効果が出ているって事ですよ。

「1+1=2以上」ってなるのです。


2138クルーズのレポートでガンホー、グリー、DeNAの数字を出してこの業界について、「飽和状態じゃね?」って事を書いたのですが、当社の数字を見ると飽和状態では無いように感じます。

私としては飽和してない部分が当社にはあるからって思うのですね~。つまり当社は特別。


まあ、理由は位置ゲーですよ。

有価証券報告書、「沿革」の部分です。コピペしますが 【】の部分は私がツッコミを入れます。それにより伝わりやすくなります。

平成20年10月東京都台東区北上野において資本金300万円で株式会社コロプラを設立【個人商店ね】代表取締役社長馬場功淳よりゲームアプリ「コロニーな生活☆PLUS」の事業を譲受け、運営を移管【譲っちゃうのって相当な事だよね。何かあるはずですよ】

平成21年2月東京都渋谷区恵比寿西に【速攻で】本社移転
平成21年11月東京都渋谷区恵比寿南に【またまた速攻で】本社移転

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)と協業し、「九州一周塗りつぶし位置ゲーの旅」キャンペーンとして「コロカ(公共交通事業者)」サービスを開始【出来るようなコネクションがあったのです】

平成22年2月 各種旅行事業者と提携し、「コロ旅」サービスを開始【出来ちゃうコネクションがさらにあります】

平成22年7月「コロニーな生活☆PLUS」が、一般社団法人モバイルコンテンツ・フォーラムによる「モバイル・プロジェクト・アワード2010」モバイルコンテンツ部門最優秀賞を受賞
「コロニーな生活☆PLUS」が、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会による「CEDEC AWARDS 2010」ゲームデザイン部門優秀賞を受賞【それぞれの会員企業はこちらこちら

平成22年10月 「コロニーな生活☆PLUS」が経済産業省、内閣府、総務省、財務省、文部科学省、国土交通省の6府省が推進する「情報化月間推進会議議長表彰」を受賞【ここら辺でもう解ってきてますよね】

とまあ、数々の栄光があって、大株主にKDDIとジャフコがあると。つまりもう、上場がここらへん解ってるのです。

さらには、有価証券届出書(新規公開)の(4)【発行済株式総数、資本金等の推移】です。

平成23年4月17日、有償第三者割当をKDDI、
平成23年12月27日、ジャフコが当転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使ってなってます。ジャフコについては2162日本マニュファクチャリングサービスのレポートで書いてます。

まあ、その前からそういう人たちは一枚も二枚も絡んでるのですよ。

KDDI、ジャフコに割当てる前には、取締役に割当てているのです。リクルート出身がいたり、大和証券/総研のアナリストが当社の取締役になっています。

アナリストの人は、アナリストランキングで例年1位か2位だそうで。ご存知の通り、人気アナリストは他社に転職しても年収5,000万円位もらえる訳ですよ。あの豊満な女性タレントの元カレとかもそうでしたでしょ(昔のニュースね)


いきなり訳の分からない企業に転職しないですよ。


「なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか」回答「2億円もらえる仕事をもらったから」

「100円のコーラを1000円で売る方法」質問「なぜ本を売るの?コカ・コーラ社に引き抜かれないの」


とまあ、どちらも売れている本で私も楽しく読みましたが・・・。意外と簡単に引っ掛かる訳ですね。たかがタイトルとかでね。じゃあ文章ならどうですか?


もっとですよ。

伝わりました?


以上の事を考えると、当社はゲーム会社ではなく「広告会社」的な部分もある可能性が強いのですって読み解けます。だって位置ゲーで「何か」を集め、「コンプリート」とかするには外出しなくてはならない訳ですよね。となるとカネを使う訳です。

ガチャとか言って会社が全部利益をふんだくる訳でもないし。


そう、この単純な「広告会社」というのが言いたいので長たらしく書きました。


一応、当社の決算資料の23ページを見ましょう。
「位置ゲーPF事業の売上は(広告抜きの自然体ながら)~」

つーか広告付けたら利益相反になりそうだもんね。それは提携先や先生が許さない訳ですよ。


株価を見てみます。

6350円、予想ベースでのPERは100倍、実績の数字でのPBRは44倍です。


私の投資判断は「保留」となりました。


理由としては成長率2倍、PER24倍として当社の株価を計算すると、まだちょっと割高なのです。当たり前ですが、株価を今の水準で固定出来れば、PERは毎年50%減っていく計算ですね。来年は50倍、再来年は25倍まで下がる。

で、さらにさらに当たり前ですが、利益がかなりデカクなれば一気にPERは下がりますね。

ただ、今、そこら辺まで織り込まれているからPERが100倍なんですね・・・。


期待だけは膨らむのですが、一人当たりの数字や全体の売上とかのそういったバランスを加味して計算するにはまだデータ不足と思います。私が機関投資家であればもっと詳しく調べたり、会社との直接IRをしたりしたいのですが・・・。残念。


待つしか無いようです。


最後に、
久々に強そうな会社を見つけましたがすでに時遅しでしたね。やはりマーケットのスピードは速いなあというのを実感したとともに、自分の調査スピード、アンテナの弱さも実感しました。

参ったぜ。


がんばれ、コロプラ!!


それと、明日明後日のブログは企業訪問のため、お休みします。
先方からブログに書いて良いって言われたら書きますね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シナジーマーケティング

いつも、鋭い考察参考にさせてもらってます。
ビッグデータ関連の有望株として、シナジーマーケティング(3859)に注目しているのですが、どうでしょうか??
時間のあるときにでも調査お願いしますm(__)m

Re: シナジーマーケティング

コメントありがとうございます。

ビッグデータ関連なのですね。
アメリカでは確立されている部分ですが、日本ではどこになるのかがいまいち微妙な所ですね。
ビッグデータを売りにして小売業と顧客の間にさらに入って収益を稼ぐと、かなり小売業の業績の押し下げとかになりそうですね~。

ビジネス、システムとかそういった関係は難しいですが、チャンスがあれば、調べてみようと思います。

また、財務上、何かポイントがありましたら追加でコメントを頂ければ幸いです。


今後も応援よろしくお願いします。


> いつも、鋭い考察参考にさせてもらってます。
> ビッグデータ関連の有望株として、シナジーマーケティング(3859)に注目しているのですが、どうでしょうか??
> 時間のあるときにでも調査お願いしますm(__)m

ご無沙汰してます。

ゲームカードジョイコは財務もよく株主にパチンコ、パチスロの大手がずら~り。
業界自体が吹っ飛ばない限りは安泰で高利回りでと思い購入してましたが上期営業赤字の可能性から手放してしまいました。(財務がいいので営業赤字でも経常や純利益は黒字だと思うのだが、個人的な指標が財務がいい前提で営業利益×10=時価総額ですので)

今は流動性は低いですが1723 日本電技、4464 ソフト99、7871 フクビ化学等をチョビリチョビリ集めてます、どうでしょう?

最後に厚かましいですが9856 ケーユー(過去の最大にしてにて最大の含み益の投資先)ですが購入時より大幅に上昇してるのですがずばり「刈り入れ時」でしょうか?

宜しくご鞭撻お願いいたします。(もとい最終判断は自己責任は熟知してます)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
銘柄のピックアップを見ると、無借金(ではない会社もありますが)、自己資本比率高め、余剰金が多く、配当もまあまあな銘柄がタイプなのですね。私もこのタイプの会社は下値が限定されている感じがしますので好きですね。

9856ケーユーに関しては、現在の経済状況に遅行して動きそうですね。しかし当社自体、もう一段、レベルアップしたい感じの財務戦略がうかがえます。恐らく、コツコツ細かく計算して数字を計算するしかないと思います。それが他社より低いとか、投資案件としてまあまあであるってときは売っても良いかと思いますよ。

私のカーチスとか色々自動車会社は調査してきましたである程度参考にして頂ければ幸いです。

> ご無沙汰してます。
>
> ゲームカードジョイコは財務もよく株主にパチンコ、パチスロの大手がずら~り。
> 業界自体が吹っ飛ばない限りは安泰で高利回りでと思い購入してましたが上期営業赤字の可能性から手放してしまいました。(財務がいいので営業赤字でも経常や純利益は黒字だと思うのだが、個人的な指標が財務がいい前提で営業利益×10=時価総額ですので)
>
> 今は流動性は低いですが1723 日本電技、4464 ソフト99、7871 フクビ化学等をチョビリチョビリ集めてます、どうでしょう?
>
> 最後に厚かましいですが9856 ケーユー(過去の最大にしてにて最大の含み益の投資先)ですが購入時より大幅に上昇してるのですがずばり「刈り入れ時」でしょうか?
>
> 宜しくご鞭撻お願いいたします。(もとい最終判断は自己責任は熟知してます)
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。