スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3165フーマイスターエレクトロニクス



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

3165フーマイスターエレクトロニクスです。
ルネサスエレクトロニクス、日立系、ジャパンディスプレイから部品を買って、それをLGとか海外に売っている会社ですね。

もろに半導体が入っちゃってるんですが、2010年9月に上場してるのです。そういえば、6055ジャパンマテリアルも2011年12月に上場しているのです。半導体って一括りに煤と、6665エルピーダメモリの件なしでは語れませんね。

という話を絡めながら、当社を調査しようと思います。やっぱりここまで割安スクリーニングで出てきた以上、調査してみるしかありません。

当社は単体決算でしたので昨日に続き、簡単なのです。なので今回はいつもの順番で書くのではなく、逆から書いてみようと思います。いつもはああだこうだ言って、最後に私の投資判断は~~~~如何に??ってなってますのでね。


私の投資判断は「却下」です。


だって、半導体とか絡んでんじゃん。で、銀行もリスク資産にカネ貸せないからカネは株の投資家から引っ張ろうって魂胆かよって思います。

今日は次から次に文句をいます。


まず従業員のセグメント、

2011年度 2012年度 2013年度
半導体事業 39 40 39
電子デバイス事業 5 5 5
LCDモジュール事業 6 4 4
TFTパネル事業 2 3 5
電子材料事業 4 6 6
全社(共通) 22 22 23
合計 78 80 82

まだ、やっぱり半導体な訳っすよ。

で、売上の数字とかを出します。(単位は千円)

売上高 経常利益 純利益
2009年度 118,384,617 619,068 396,034
2010年度 104,254,856 165,445 67,816
2011年度 99,675,223 630,623 355,205
2012年度 76,928,202 -637,775 -413,402
2013年度 67,512,016 125,211 5,372


率を計算。

経常利益率 純利益率
2009年度 0.52% 0.33%
2010年度 0.16% 0.07%
2011年度 0.63% 0.36%
2012年度 -0.83% -0.54%
2013年度 0.19% 0.01%


あれ、6665エルピーダメモリってさ、5,000億円とか単独で売っていたけど結局赤字な訳よ、理由としては、競争激化と製造コスト高、さらには当時は為替も影響した。


・・・。同じじゃね?


とは言え半導体です、一時は「産業のコメ」と言われ、かなり世界中で儲かりそうだな~ってな事で国家戦略になった訳ですよ。「半導体」、「国家戦略」でググるとこうなります

今はダメなんですね。半沢直樹もカネを貸さない、でも、カネを借りないとビジネスが出来ない訳ですので何とか借りている。短期で77億円。利率は0.78%何とか低いですが。銀行も先生方の顔色を窺わないといけないので2.5%でとか、たま~にある暴利はとれませんね。

でこの借入金は、有価証券報告書ではこのように書いてあります。

「運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行4行(株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社みずほ銀行、三菱UFJ信託銀行株式会社、三井住友信託銀行株式会社)とシンジケート方式による貸出コミットメント契約(リボルビング・クレジット・ファシリティ契約)を締結しております」

何かが動ているのです。

6624田淵電機のレポート
7879ノダのレポート

これらの中の一文に書いてある通りです。


6665エルピーダメモリはさ、5000億も売っていた会社なのでかなり国として重要な位置付です。そのため、吹っ飛ぶ寸前まで無理やりファイナンスをした訳ですよ。こんな感じでね。

公募増資
第三者割当増資
新規借入
社債発行
300億円の出資(優先株取得)
1100億円の協調融資(シンジケートって事)

300億のヤツなんて、改正産業活力再生特別措置法の適用第1号で日本政策投資銀行からですよ。


でまあ、ここらで、当社の第三四半期の数字、かなり良いの知らないの?当社は9月決算であなたの見ているのは有価証券報告書って事はすでに一年前なんですよ。時代遅れでしょ?って言いたい人いますか?


言ってもらって結構。


売上高 純利益 一株当たり 純利益率
2012年度1Q 19,319,607 6,963 -11.75 0.04%
2012年度2Q       20,158,151 -248,820 -54.2 -1.23%
2012年度3Q 19,553,496 -135,754 -35.41 -0.69%
2012年度4Q 17,896,945 -261,565 -62.09 -1.46%
2013年度1Q 15,608,720 68,837 -1.26 0.44%
2013年度2Q       15,962,501 86,908 17.08 0.54%
2013年度3Q 18,783,016 75,677 17.87 0.40%
2013年度4Q 17,157,779 -106,715 -31.75 -0.62%


四半期ベースはこんな感じ。
結構どっかんどっかん赤字の四半期もあるぜ。


それでも資産が結構あって割安だからハゲタカが狙いに来るとかそういった事はないのかい?って反撃がきたらこう言います。


資産は確かに203億位ありますが、売掛金(もらうカネ)が124億円、買掛金(払うカネ)59億円、短期借入金77億円。これら相殺したら膨らんだ資産が圧縮されるよね?この部分には私の大好きな「のれん」とか「ソフトウェア」とか怪しいヤツも存在するけど、当社はそこまで無い。

「のれん」、「ソフトウェア」は色々書いているのでこれらのどれかを読めば解ると思います。

4835インデックス
8918ランド
2388ウェッジホールディングス
2724インスパイアー
3807フィスコ
3840イー・キャッシュ


あと、資産には商品も41億円分ありますね。これは作った商品ではなく、仕入れた商品です。当社の研究開発費はありませんからね。


売掛金と買掛金の欄をまとめると、


売掛金
NECパーソナルコンピュータ株式会社 3,231,835
LG電子株式会社 2,898,533
LG ELECTRONICS (HUI ZHOU) INC. 2,811,491
LG Display Co., Ltd 952,016
株式会社シンデン・ハイテックス 848,322
その他27件 1,699,669
計 12,441,869


買掛金
株式会社ジャパンディスプレイ (注) 2,806,121
ルネサス エレクトロニクス株式会社 1,647,300
株式会社日立メディアエレクトロニクス 1,216,944
Renesas Electronics Singapore Pte. Ltd. 81,111
日立マクセル株式会社 79,497
その他7件 80,139
計 5,911,115


ここら辺まで書けばもう、大丈夫でしょう。


株価を見ます。
941円、四半期で計算するとかなり割安になりますが、床証券報告書ベースでPER435倍、PBR0.39倍、配当利回り3.72%。まあ、配当は記念配当のIRで40円との事なので40円÷941円で4.25%ってしてもありかな。

時価総額のターゲット、つまり株価のターゲットの重要性は9610ウィルソン・ラーニング ワールドワイドのレポートです。読んでね。


で、投資判断は最初に言った通り。


最後に、

66650エルピーダメモリはデカすぎて救えない案件なのです。ただ、他の小さい半導体関連の会社は再編は可能なのです。また、国がカネをジャブジャブ入れるのはいつもの通りで、それで失敗したら破格でハゲタカ(主に米系)が格安で買い取り、儲ける訳ですよ。

日本長期信用銀行の事ね。7兆円位つぎ込んで、結局リップルウッドって会社に1,210億円で買われ、強烈な貸し剥がしをして、「そごう」が潰れて、儲けたカネは米国に~。で上場して逃げる。って話をするとみなさん、アメリカが大嫌いになるのですが、違います。

これは経済戦争みたいなものなんですよ。でいつもアメリカに負ける、ほかの国も負ける。ただ、日本はほかの国に対してはかなり買っているのです。

つーことで、日本もある程度半導体を諦めたらそれらの会社の方向転換を手伝う、またはかなりの「のれん」を付けて他国からボッタくる。これで良くないですか?


がんばれ、フーマイスターエレクトロニクス!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして
いつも興味深く拝見させてもらっています

元投資顧問出身ということで、ウィズ・パートナーズはどう思われるでしょうか?
http://www.stpedia-ma.com/taiho/index.php?cmd=search&hoyucode=E09037

いろいろな銘柄に新株予約権と引き換えに関与していき
ある程度結果は出していると思います

取り上げていただければ幸いです

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

ウィズ・パートナーズはああ~これだけの人が集まったらああして、こうするんだろうな~ってな具合です。こういった人達が会社を始める事はよくある事ですので、フツ~にスル~して良いかと思います。

確かに大株主になるって事で株価形成に影響を与えますが、まあ、ファンドっと事でとらえていれば良いと思います。

今後とも応援よろしくお願いします。

> はじめまして
> いつも興味深く拝見させてもらっています
>
> 元投資顧問出身ということで、ウィズ・パートナーズはどう思われるでしょうか?
> http://www.stpedia-ma.com/taiho/index.php?cmd=search&hoyucode=E09037
>
> いろいろな銘柄に新株予約権と引き換えに関与していき
> ある程度結果は出していると思います
>
> 取り上げていただければ幸いです
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。