スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2687シー・ヴイ・エス・ベイエリア



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


2687シー・ヴイ・エス・ベイエリアです。
コンビニを東京都、千葉県の湾岸エリアに出店している会社ですね、ローソンのエリアフランチャイズです。

私が昔、コンビニ業界を調べた際に出てきた小さい会社なのです。もちろん大手はみんな上場していて2651ローソン、3382セブン&アイ・ホールディングスとかがそうですね。あと小さい会社では7601ポプラなんかもそうですよね。

で、まあ何というか、1店舗当たりの売上とか、㎡当たりの売上、月次などをちゃんと出してくれている会社で、コンビニ経営しちゃおうかな~って人は是非とも一読あれって感じの有価証券報告書なのです。

ただ、私の場合はある程度のタイミングでコンビニは飽和状態になるって考えていて、その指標として当社の経営状況をチェックしていました。


で、最近、なんか値動きが怪しい感じでどったんばったんじゃないですか~。「株は需給」って言うトレード信者もいると思いますが、それは私の苦手部分なので、現在、当社株がなんで動いているのかを財務諸表から調べてみようと思ったのです。「需給」だけで動いているのかもしくは今後の業績によるためかって事です。


とまあ、昔を思い出す訳ですが・・・。


このビジネスで上場しているのが凄くない?って思うのです。だってフランチャイズをまとめただけでしょ?って。フランチャイズの経営リスクをさらに株主に転換しちゃうの~って感じですよね?


伝わっています?


私の言い方で言うと、
TSUTAYAでDVDを借りてそれをまた誰かに貸しちゃう感覚ですよ。本当はもうちょっと複雑ですが、感じを掴んで欲しかったのです。

そんな文句はさておき、ともかく調べてみないと始まらない訳なので、調査しますよ。


ビジネスについて、
ホームページに書いてあります。で有価証券報告書には店舗が東京に78、千葉51、神奈川1ですね。お、神奈川も攻めるのね~って感じが伝わってきます。

沿革ですと、「昭和56年2月、千葉県市川市に、コンビニエンス・ストアの経営を目的とするシビルサービス株式会社を資本金1,000千円をもって設立」です。昔も今も変わらず同じビジネスをやり続けている。良い事です。

上場は2000年12月、いや~このタイミングなら上場出来たな~って思います。


セグメントではコンビニエンス・ストア事業を主な事業とし、マンションフロントサービス事業、クリーニング事業、その他事業ですね。まあ、売上分析とかはそこまでセグメントでやらなくても問題ないでしょう。そんなに大きくないしね。

ただ、ここでやはり「その他事業」って部分はどの会社でもちょっとだけ掘り下げて調査したほうが良いですよ。その他事業に分類する会社って様々な理由があるからです。


ネガティブ要因では、

利益が出ない事業をまとめてその他に分類、特損で整理。
さらにその事業で子会社、孫会社で取引して大損、会社からカネが何処かに出ていく、

みたいな恐ろしい事があるのです。


ポジティブ・・・。というかオッケーな場合は

小さい売上なのでその他としている。
本当に本業とあまり違う事業である。

とかそんな感じね。

当社の場合は「その他事業の一つであるビジネスホテル「CVS・BAY HOTEL」~」ってなっているのでオッケー。さらには連結でのセグメントで社員数、平均臨時雇用の数字は5(8)って表記、提出会社でも同じく5(8)って表記なので、ちゃんと本社の人間がビジネスプランを考え、「儲けようぜ」と出発している感じですね。


数字を見てみます。単位は千円。

営業総収入 純利益 純利益率 一人当たり売上
2009年度 25,271,012 -78,393 -0.31% 27,115
2010年度 26,322,934 235,560 0.89% 13,618
2011年度 28,635,481 233,576 0.82% 15,346
2012年度 26,882,188 -369,208 -1.37% 14,254
2013年度 27,190,440 -880,849 -3.24% 13,636

一人当たりは臨時も全員で計算してますよ。

うーん結構コンビニは飽和状態なのかなあ~って思っちゃいます。

でまあ、当社はホームページに月次とか色々出ているのでその数字で色々計算してみると良いと思います。


あとは日本フランチャイズチェーン協会の月報とかを見てひたすらにエクセルでの計算が始まります・・・。しんどいのでパス。

感覚で理解できると思いますが、景気が悪くなった業界で一番最初に影響が出るのは小さい所なんですね。で、段々と大手にもってなる訳です。あの6665エルピーダーメモリが吹っ飛んだ時にはすでに沢山の半導体関連の小さい会社が吹っ飛んでます。


同じ事ですね。


私とすれば、7601ポプラなんかも調べて、当社と似たような状況であれば、コンビニは飽和してますって考えますね。コンビニ業界ってデカいのでマジで調べている機関投資家アナリストも大勢います。ダイヤモンドとか東洋経済とかでも良く特集してますもんね。


でもね、物事を逆から考えるのです。


人口一人当たりとか、所得統計とか、CPIとかでコネコネ計算できる業界なのですよ。子供から老人までコンビニは利用されてますのでね。


後、コンビニは飽和しているな~って思う理由として、私の知り合いに小売りセクター(コンビニとかね)の機関投資家アナリストで昇進しているヤツがいない事なども挙げられますね。


あと、当社のB/S、P/Lはまあまあ面白いですが、そこまで突っ込む部分は無いように思います。


総合的に見て、結構ビジネスが厳しくなってます。って思いました。
当社の有価証券報告書を見てそう思わない人、思うけど何でかわからないような人がいましたらどうぞコメントしてください。


細かい所、指摘しますので・・・。


おまけとして、
コンビニ経営者のための数字を有価証券報告書から拾ってきましたのでコピペしておきます。直営と加盟がありますが、コンビニ経営者という立場から加盟という位置づけにします。1店舗当たり平均日販63.8万円、売場面積(㎡)(平均)861、1㎡当たり期間売上高(千円)1,869円です。

売れっ子店舗でこれ位だそうです。


株価を見てみます。

290円。実績ベースでは赤字なのでノーPERですね。PBRは5.25倍、配当利回りは0.69%です。


私の投資判断は「却下」です。


特に何も特徴は無いでしょ?
つーことで、最近の取引は「需給」によるものだって解りました。業績見直しによる割安感からの買いとかは無いでしょ。


という感じでした。


最後に、

コンビニの数字やルールって結構役に立ちます。大手コンビニのデザートの棚とか、一日販売のノルマとかあって、それが売れないと翌月は商品を置いて貰えないんです。これを逆に取れば、○万店舗のコンビニで○○個売れる。純利益率に換算するとデカクなりますね。

まあ、小さい会社に限りますが・・・。私のレポートですと2925ピックルスコーポレーションなんかが該当しますね。

言いたい事は、どの会社を分析しても、損するのは時間だけで、溜まるのは経験って事です。
皆さんも頑張って調査してみてください。


がんばれ、シー・ヴイ・エス・ベイエリア!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

朝日ネット

はじめまして。
個人投資家歴3年目のけんけんです。
銘柄分析よく参考にさせていただいております。

最近わたしは朝日ネットを買っています。
高配当で安定していて、そして今後は分割と、リスクが低いからです。
現在415円の平均買付単価で保有しているのですが、買い増すか迷っています。
先生は、いかがお考えになりますでしょうか。

Re: 朝日ネット

コメントありがとうございます。
415円の水準ですと結構ちょうど良い感じじゃないですか?

配当もまあまあありますし。流動性は低いですが、ファンドとかの機関投資家も多少なりとも持ってますし・・・。

ビジネスについては今後の展開に期待ですね。
まあ、ここら辺は数点、調査しないといけない部分はあると思います。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> はじめまして。
> 個人投資家歴3年目のけんけんです。
> 銘柄分析よく参考にさせていただいております。
>
> 最近わたしは朝日ネットを買っています。
> 高配当で安定していて、そして今後は分割と、リスクが低いからです。
> 現在415円の平均買付単価で保有しているのですが、買い増すか迷っています。
> 先生は、いかがお考えになりますでしょうか。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。