スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4838スペースシャワーネットワーク



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


4838スペースシャワーネットワークです。
ケーブルテレビに音楽番組を提供している会社です。四季報を見ると、国内最大級って書いているのです。国内って付けている場合は海外にさらに強い企業があるって事を指しています。

設立が1996年で株主がレコード会社、商社、通信となっているのです。

1996年って言うと音楽業界が結構盛り上がってた頃なのです。(CDとか売上金額ベースでは特に)ざっと当時はCD、テープ、MD(ミニディスク)とかが主流で、ストリーミングとか、CD-RWとか、まだ実用段階ではありませんでしたね。なのでCDとかは買うか、またはレンタルしてダビングってな感じでしたよね。


電通のこのページを見ると非常に参考になります。


その勢いに乗って設立されたようですが、乗りに乗っているようであれば、デカイ会社が祖入れぞれ会社を立ち上げてやる感じになるのです。アメリカのコカ・コーラが売れるから日本の飲料メーカーもこぞってそれに近いやつを作って売っているでしょ?今、ならエナジードリンクとかね。

当社においては、共同出資の形ですね。
以前調査した2391プラネットもある意味、同じですね。

「ケーブルテレビ」、「音楽番組」と言えば「MTV」って思い浮かぶはずです。そうです、面白い文化は欧米から入ってくるのです。

で、「MTV」を調べると、1992年に日本に参入して1999年に契約関係で一度消滅。その後2001年に復活ってなっています。あくまでも日本におけるMTVの話ですよ。でなんで消滅したのだろう?

そうでない場合もありますが、
外国の企業が日本で儲けて、儲けた金は本国に戻していた場合、日本の雇用、機会収益が損なわれている訳ですよ。となると我が国の優秀な官僚、政治家、それ以外の利害関係者は「それは許せん」ってなるのです。


という事が色々ありますと、当社みたいな会社が出てくるのです。

ブロードキャスティングの時代は変わり、今はストリーミングとか様々な方法がありますね

で、当社は今後どうなんの?ってかマジでスゲー音楽TVになるようであれば、株価にも反映されるでしょって思う訳です。投資家も儲けて売れる訳です。コネクションは充分にありそうですよ。

日本レコード大賞の受賞者の選考において、あなたには清き1票はありません。

私の言いたい事、伝わってますでしょうか?


という事で、調査開始です。


ビジネスについて、
ホームページを見るだけでオッケーでしょう。

数字はこんな感じ

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
連結売上高 13,909,138 12,474,789 11,435,855 11,022,742 11,658,194
連結純利益 206,729 -263,230 52,921 79,549 166,472
純利益率 1.49% -2.11% 0.46% 0.72% 1.43%

儲からないビジネスなのです。
○○テレビとかの放送系って儲かっているイメージがありますが、こんなもんなのです。で2010年度は赤字ですし。理由としては費用が掛かりすぎたのと、時代に付いて行けないモノ、子会社とかを「特損~っ」って処理したからでしょうね。

費用については、上納金的にそういった会社に吸い取られている感はありますね。

じゃあ働いている人は儲かってるかも、って考えます。

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
従業員数 91 96 97 173 189
平均年齢 37.8 38.1 38.7 38.8 38.9
勤続年数 9 9.6 9.9 9.2 9.1
給料 6,569,848 6,742,949 6,454,566 6,266,882 5,714,103

人数と平均年齢、給料で考えると、出向させられている人が多いように思いますね~。で何年かで戻ってくると。出世コースからやや外れたような気もしなくもありません。

株主の会社のそれを見ると、

伊藤忠商事 41.1歳 1,389万円
KDDI 41.1歳 906万円
スカパー 45.7歳 1,222万円

ってな感じです。


就活生の皆さん、
新聞などで中小企業就職フェアとか、まずは小さい所で自分を磨いて、専門技術を~とか書かれてますよね。


あれ、ウソです。


ここで追加確認をしたい所ですが、そういうのは機関投資家アナリストが会社訪問をすれば良いのです。でも結構会社訪問は難しいレベルになると思います。

決算短信の最初のページの左上、「決算補足説明資料の作成:無」、「決算説明会開催の有無:無」みたいになっていて、なかなか投資家に対しては淡々と接している感じです。

正直、オフィスに入った瞬間、雰囲気で何となく投資判断が出来る場合もありますよ。であとで数字を見れば「なるほど」ってなるのです。


あとは、最近、私が良く使っている一人当たりの計算をします。単位は千円です。

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度
一人当たり売上 47,798 41,722 40,267 38,950 40,763
一人当たり利益(千円) 710 -880 186 281 582


誰に売っているかも明確にするために、3年分の売掛金の欄を纏めます。

2013年度 金額(千円)
スカパーJSAT 173,568
Amazon.com Int’Sales,Inc 83,776
タワーレコード 69,928
レコチョク 52,621
アイキャスト 49,850
その他 690,263
合計 1,120,009

2012年度 金額(千円)
スカパーJSAT 185,473
Amazon.com Int’Sales,Inc 108,840
タワーレコード 68,005
レコチョク 62,169
アイキャスト 45,384
その他 743,739
合計 1,213,613

2011年度 金額(千円)
スカパーJSAT 180,327
アイキャスト 40,654
ジュピターテレコム 39,975
ジャパンケーブルネット 27,209
電通 12,818
その他 284,053
合計 585,038


これ以上突っ込む必要はありませんね。


ホームページを見ると、社長がこのように言ってます。

「開局25周年を前に、第二の創業を目指します」

どいう言う意味かは捉え方それぞれですね。ただ、社長の任期は2年で任期が切れますが、来年ももちろん続けるだろうな~って思います。伊藤忠には戻らずね。その前の社長は2代とも渡辺プロダクション出身でした。


あと特筆する部分と言えば、会社概要・沿革を見ると、全社員と役員の比率が高いって思います。これも出向的な事でしょうね。出向元の役職よりは上にしてあげる的なあれですよ。

まあ、銀行、証券、投資顧問なども同じで、みんな名刺にはバイス・プレジデントってなっている訳ですね。


怪しい資産とか、グルグルお金が回っている系は特にありませんでした。


株価を見てみます。
111,700円、実績ベースでのPER71.7倍、PBR3.19倍、配当利回り0.78%。


私の投資判断は「却下」となりました。


利益動向が良くて横ばい、悪ければ下向きって考えているのです。「クールジャパン」とかそういったのも関係ないように思います。さらにはどの放送局もケーブルテレビも当社をプッシュしている感じが無いのです。

となると当分はシクシクやっていくのでは無いでしょうか?


最後に、
日本における企業、またそこで働く人のピラミッド構造が良く理解できる、面白い会社でした。新聞、メディアでは「やりがい」とかそういった事で一般大衆の気持ちをそらします。7235東京ラヂエーター製造のレポートの「最後に」でも書きましたが。

やっぱり、株式投資をしている人は数字に冷たくなりましょうね。仕事の対価は給料、企業の優越は利益です。厳しく行きましょうね。


がんばれ、スペースシャワーネットワーク!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。