スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1383ベルグアース



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


1383ベルグアースです。
野菜苗を作って販売している会社ですね。エンドユーザは野菜を生産している全国の農家及び農業法人です。

10月決算の会社です。上場している会社では約40社が10月決算なので稀なタイミングでの決算であるって事は解ると思います。

上場は2011年11月なので結構最近って言えると思います。最近では農業系の上場って数社あった様ですが、ブームなのか、農協とかの予算が減っているので投資家からカネを入れて成り立たせているのかとか色々考えちゃう訳ですよ。


「IPO」について、教科書を読めば、メリット、デメリットがそれぞれあるのです。資金調達力強化、知名度強化、創業者利潤の実現ってのもありますよ。


当然、メリットの方がデメリットより大きいので上場しますってなります。


つーことはですよ、
メリットを生かしてその会社が今後どうなったかって調べたくなるのです。で、そこから「この会社はIPOによって○○のメリットを狙ったのではないか?」って読み解くのです。

上場ゴール、大手のトップの愛人がトップの企業、おじい様が超有名投資家を武器に起業したので証券会社に出入り自由、からの上場とか、もうね~IPOの裏舞台を見ると非常に切なくなるのです。


こういった会社は遅かれ早かれライバルに負けます。


でまあ、企業を大きく出来るってメリットを享受できるから上場しようって会社は投資家から見ればオッケーでしょ。それで、本当に大きくなるかな~ってのは、上場して1年~2年位経過すれば解ってきます。当然、企業が大きくなれば、株価にも反映される。なので投資妙味があるってなる。


という事を考えると当社は調査してみようかなって会社に該当するのです。

早速、調査開始です。


ビジネスについて、
いつもの通りにリンクを張ります。(商品情報)これ以外にも営業している人の顔なども見れる結構素敵なホームページに仕上がってますね。

当社は単体で単一セグメントなんで分析もシンプルに数字を並べます。

決算年月 平成20年10月 平成21年10月 平成22年10月 平成23年10月 平成24年10月
売上高(千円) 2,425,128 2,686,023 2,982,230 3,263,661 3,573,012
経常利益又は経常損失(-) -18,521 117,155 180,445 200,402 177,073
当期純利益又は当期純損失 -27,020 79,853 82,679 121,384 92,549


売上は毎年10%位上がってますね。ただ、一人当たりで見る必要があります。当社の場合、臨時の従業員割合も30%以上ですので、全員って事を考えると、これらの方も数字に入れて計算します。


平成20年10月 平成21年10月 平成22年10月 平成23年10月 平成24年10月
一人当たり売上 12,310 12,209 12,478 13,107 12,853
一人当たり利益 -137 363 346 487 333



単位は千円です。
何とも微妙な数字になる訳です。で、社員(臨時ではない)の状況を見ると、平均年齢38.6歳、平均勤続年数4.8年、平均給料303万です。

やっぱり農業は儲からなくて厳しい産業って思います。当社の代表者挨拶の「事実農業は「辛い」「儲からない」と思われています。これを少しでも儲かるように、楽にしてあげたいと考えたところから全ては始まりました」ってのはちょっと難しい訳ですね。社長はちゃんと創業者利潤の実現が出来たなって思います。(こちらを見て思いました


でまあ、売上の話をしたのでセグメント、受取手形、売掛金などを見ればどんな所に売っているかは解ります。

セグメントではトキタ種苗株式会社が出てきてます。セグメントのルールは売上の10%以上を開示するので10%以上売っているのはトキタ種苗だけってなります。


受取手形の欄はこんな感じ。

相手先 金額(千円)
トキタ種苗株式会社 134,037
株式会社高知前川種苗 85,490
伊予農産有限会社 54,287
株式会社大島種苗 13,711
株式会社初鹿野商店 13,140
その他 42,365
合計 343,035


売掛金の欄はこんな感じ。

相手先 金額(千円)
グリーンセンターくまもと 115,176
株式会社高知前川種苗 84,453
イシグロ農材株式会社 30,337
ちばみどり農業協同組合 27,689
南筑後農業協同組合 17,963
その他 146,517
計 422,138

でまあ、これらのメンバーにはあまり変化がないのです。なので優良顧客であり、今後も継続してお客であるって考える。

ってか、農業って農林水産省の管轄下であるし、農協が強い訳ですね。農家は野菜を作るときは規格内の種を使い、出来た農作物は高~い機械で検査を受けて、検査が通れば青果卸市場に出される、でやっとの事売れてお金が入る仕組みな訳ですね。

つまり、トマト5000個とか家族で作ってもとある人、団体に無視されたら腐っちゃうだけ。


スーパーとかでキノコを買ったときなんかはどうぞ後ろを見てみてください。どの県のどの団体が強いのかって解りますから。


という事で当社のビジネスとしてはこれからも淡々と行われていくのだろうって思います。ってな事を当社の役員欄あたりからも感じてます。地元の有力者であるなって感じはしますので。学校とか、国税とか銀行のバックグランドね。


あと、はさらさら~って有価証券報告書を読むと、短期借入金の金利は0.6%とか、上場前の段階からDBJキャピタルやジャフコ、いよベンチャーファンドとかまあ、入ってる訳ですよ。農業政策は国策ですからね。

となると、上場することによりメリットは大体理解できるのです。あのドラマみたいに200億貸してその後60%位ヤバくなるとかはベンチャー機関投資家にはあってはならない事なのですね。

まあ、損しそうな感じの会社でも、そうでない会社でも上場させればこれらのベンチャー投資をする機関投資家は逃げ切れる訳です。


株価を見てみます。
1,418円、実績ベースのでPER19.1倍、PBR1.9倍、配当利回りは0.35%です。


私の投資判断は「却下」となりました。


やや厳しめの判定ですが、IPO後の会社として、私の希望している程の成長は望めません。売上の拡大は可能ですが利益率の改善が難しそうです。でさらには国策ビジネスなのでネットゲーム会社のように、超儲ける事も難しそうですし。


最後に、

ここら辺位の会社になりますと、他業種分析とかはほとんど必要なく、単純に作業化になります。で数字である程度判断が可能かと思います。って事を知人のデイトレーダーに話した所、それはやっぱり経験であるそうです。そのデイトレーダーは一切財務諸表見ず、ひたすら需給でトレードしています。あまりにもスタイルが違うので飲みの席では非常に面白い情報交換になります。

まあ、財務諸表を見て投資をしたい人はやはり毎日コツコツと財務諸表を読んである程度感覚と知識を身に着ける必要があるんだなと感じました。読者の皆さんも頑張ってチャレンジしてみてください。


がんばれ、ベルグアース!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。