スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3840イー・キャッシュ



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!


3840イー・キャッシュです。
ICタグとか色々やっている会社ですが、経営再建中というか、かなり厳しい状況の会社ですね。

いや~調べようとして会社確か「イー・何とか」だったよな~って考えていて、で色々調べたら当社が出てきたのです。ただ、5分位、当社を調べ、「あれ、この会社は調査しようとしている会社とは違う」って気付きましたが・・・。

しかし、いつも通り、結構ツッコミ処が満載な会社な訳で、これはレポートしようと思いました。


ビジネスについて、
セグメントでは

①RFID事業
②決済代行事業
③マーケティング事業
④旅行事業

となっていますが、連結でみて、従業員の配置がどうなっているかを見れば、

セグメントの名称 従業員数(人)
RFID事業 -
決済代行事業 2
マーケティング事業  -
旅行事業 6
全社(共通) 1
合計 9

という事で、この時点で機関投資家であったら調査は打ち切りです。もしも機関投資家アナリストが調査を進める場合はほぼ確実に上司から「会社のカネは出せないので家でお願いします」ってなってそのアナリストの評価はガタ落ちになりますね。

まあ、クビ対象リストのトップに君臨できます。


でもね、こういった類の会社でも年数社位は劇的な復活を遂げる会社があり、株価も同様です。なのでこういった企業もある程度、調査をした方が良いと思いますが、そういった場合は私みたいな特殊な人に依頼が来る訳です。で真面目にレポートを書いて、そういった投資家の方に提出する訳ですよ。

えっと、レポートって言っちゃいました?すいません、レポートではなく、メモにしておきましょうか。


とまあ、話が横にそれましたが、もう面倒なので一気に話を付けるために、当社のポイントを有価証券報告書より取り上げてみます。

まずは役員の経歴にある上場会社を適当にまとめます。
2369メディビックグループ
7602カーチスホールディングス(レポートはこちら
7824オプトロム
8073MAGねっとホールディングス

という感じです。
まあ、私のブログの読者さんであれば、私の言いたい事は大体解ると思います。


次に、
第三者割当増資は・・・。してます。
ストックオプション・・・。外部協力者3名に出してます。


当社はもう企業買収でしか伸びしろが望めなそうですので買収しているようです。「のれん」の増加は前年の6,435千円から14,452千円についでにソフトウェア勘定が8,583千円から18,550千円になりました。ソフトウェアの資産価値をどう決めるのかって結構難しい訳ですよ。って事は逆に考えれば。「ふむふむ」ってなりますよ。


で、沿革をみれば、

平成24年3月
子会社イー・キャッシュライフウェア株式会社の全株式を譲渡
子会社株式会社ロハス・インスティチュートの全株式を譲渡

平成25年1月
子会社株式会社ディー・ワークスの全株式を譲渡

平成25年2月
株式会社アトラス(現・連結子会社)の全株式を取得

ってあります。
譲渡っていう位だから結構安く譲る(売る)訳ですよ。で取得に関してはこの1社だから、「のれん」、「ソフトウェア」はこの1社分ですね。


アトラスを1,300万円で全株取得、手数料125万円、同時に合同会社エージェンシーから4800万円を短期で借り入れ、利率は3.5%。親会社のBSは膨らむね。

でまあ、それ以外にも株式会社ディー・ワークスの譲渡はどんな感じって考えると、2700万円でsoltivaコンサルティング合同会社に売却、でsoltivaコンサルティングの住所が世田谷区深沢 1-29-9で代表社員が泉大五郎さん。

それで、株式会社ディー・ワークスはいつ買ったのかな~って見ると平成22年の1月20日のIRで株式交換だそうです。2764株、当時の株価の終値は20,500円ですので5,666万と2,000円でイーキャッシュに売却したのですね。当時のIRを見れば(5ページ目)株式会社ディー・ワークスの代表も泉大五郎さんでした。

この方、平成24年まで当社の社長もしてましたよね?


とまあ、こんな感じです。
買収して何とか復活を図りたい当社ですがなかなか買収先が見つからないようです。なので役員がやっている会社とシナジーを図って買収をやっているようです。

そういえば、役員さんの中には複数の会社の役員になっている方もいて、その後、自分の会社も立ち上げちゃうような超多忙そうな役員もいらっしゃいます・・・。


もうここら辺で良いですかね。
私の言いたいことは過去のレポートを色々見て頂ければ良いかと思います。

4835インデックス
8918ランド
2388ウェッジホールディングス
2724インスパイアー
3807フィスコ

ここら辺ね。


株価を見てみます。って言いたいところですが、もう良いですよね。株価は・・・。


私の投資判断は「却下」です。


理由についても「前述の通り」です。


最後に、
それでも当社は企業というヒエラルキー(ピラミッド)のトップの集合体である上場企業です。時価総額で考えれば、7億円で当社を買収できて、地位と名誉が手に入る訳ですよ。当社は社員も少数で固定費も低いです。

欲すぃ~って思う金持ちはかなりいるんじゃない?って事を考えると上場廃止基準を考え、どの程度まで落ち、どの程度で止まる、で逆にどの程度まで上昇するのか、レンジは理解出来そうです。

そういった類の投資手法(広域で考えればイベントドリブンなの?)も有効かと思いますが、私自身は、まあタイプが違うので「却下」なのです。


がんばれ、イー・キャッシュ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。