スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3633paperboy&co.(ペパボ)(二回目)



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

3633paperboy&co.(ペパボ)です。
前回の調査が2013年3月28日ですね。(調査レポートはこちら


当社の決算は12月です。前回のレポート書くちょうど一週間前には有価証券報告書が1EDINETで観覧可能になっていましたので非常にタイムリーなレポートを書くことが出来ました、

当時の投資判断は「保留」。でも4,187円までは買いかなあ~って言いました。そして株価は今それに近い状態であるので、じゅあビジネスの「今」はどんな感じなのかなあ~って気になったために再調査しようと思いました。

さらには昨日のレポート6271ニッセイ(二回目)では配当が良いよなーって事を思いだしたら、当社も結構良かったよな~って事で、さらに再調査する気が湧いてきたのです。


まずは直近の状況を確認したいのですが、直近の開示資料は第2四半期決算になります。当社の場合はそれに加え、決算説明資料もありますのでその二つを見る程度でオッケー。

何度か私のレポートで言いましたが、EDINETへの開示資料ってマジな訳で、お国のルールに従って書いているのです。ただ、決算説明資料はマストではなく、それぞれの会社さんによります。

で、基本、EDINETに提出する決算資料はかなり眠気を誘います。なので決算説明資料は長たらしいい文章を切って短く買います。でさらにはPR満載です。「うちの会社はこんなに良い訳です。で将来もこんな感じですよ~」って書きます。盛り過ぎの会社もちらほら見かけます。


会社が一度も黒字になった事がないのに、上場してビジネス本書いちゃう社長や副社長がいる会社とかね。
企業理念に「世界を変える」とか書いちゃう会社とかね。(その意気込み、素晴らしいですよ。でもまず会社を変えてくれよ~って思う)


当社の場合は淡々と数字を書いて、余りコメントを載せてないのが決算説明資料の特徴化と思います。まあ、言うまでもなく、見る人で好きに考えてくださいって事ですかね。

でまあポップな図柄、絵柄でのレポートでしたが要はまあまあ伸びているって事ですね~。
で、色々と突っ込む部分を探したのですが、まるでないのでこういった風に書かせていただきます。


・・・中略・・・


という事で、あまり変わってないっつ~事なんです。
ちゃんと前回の私のレポートと決算の数字とかをチェックしてください。でエクセルに数字を入れている人は黙々と数字を入れる。


そうなのです。こういった銘柄は、ファンドマネージャーから、その後どう?って聞かれたら。「そのまま」って答えて終わる銘柄です。1枚ペラのレポートで終了ですよ。

熱心な読者さんであれば、間違いなくご理解頂けると思います。


株価を見てみます。
4,130円。実績ベースでのPER13.8倍、PBR3.29倍、配当利回り3.27%です。IT系にしては配当が高いのです。

基本最近のIT系(ソーシャルゲームとかもまとめてIT系にします。解らないので)ではあれもこれも開発、参入するので配当にそこまで回ってこないのですよ。でも当社は地味~に現在行っているビジネスの拡大を狙うと・・・。

出来る事を頑張る。ってそれで良いのではないでしょうか?
○○のプロ、○○の天才を目指せば良いのではないでしょうか?


私の投資判断は「保留」となりました。


いや~伸びている会社であるのは解るのですが、どこかでもう一段の加速が欲しい訳ですよ~。

それに株価がすでに織り込み済みのファンダメンタルな訳ですよ。つまり、今後の業績、株価は正しい水準であるって事ですよ。

やはり株価、業績のどちらかがおかしい感じでないと投資は難しいのですね。業績が良いのに株価がダメ。業績がダメなのに株価が良いとかです。でその理由が解りさえすれば投資ができますからね。


最後に。

やっぱり、四半期と本決算の書類のレベルの情報量を見れば、はるかに本決算のほうが多いのです。当然ながら私は業績以外数字、文章まで疑ってかかりますので、四半期の書類でのレポートはこんな感じになってしまうのです。

もちろん、長期で投資を考えているので四半期の数字って普通の企業業績当てごっこをしているアナリストの方たちほど重宝してませんし。でもまあ、変化がある場合もあるのでちゃんと目は通してますが。もちろん、読者の方も投資先の四半期報告はちゃんと目を通してくださいね。


がんばれ、3633paperboy&co.(ペパボ)!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。