スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6271ニッセイ(二回目)



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

6271ニッセイです。
前回の調査が2013年3月4日ですね。(調査レポートはこちら


まあ、当社の有価証券の保有具合って、以前も書いたと思いますが、もう何ってレベルです。当社において、かなり多くの中小型ファンドファンから一目置かれる程の異質な会社です。でまあ、アベノミクスとかで結構投資有価証券で儲けそうじゃないって思いました。

なので、再調査です。

ビジネスについて
有価証券報告書の「沿革」の最初です。

「昭和17年 3月、日本ミシン製造株式会社(現・ブラザー工業株式会社)へミシン針、ミシン部品を供給する目的で、名古屋市瑞穂区に日本ミシン針製造株式会社を設立」

はい、以上。

で「沿革」の一番下を見ます。

「平成25年 1月 ブラザー工業株式会社の連結子会社へ移行」

6448ブラザー工業は当社株を62.15%保有しているのです。で、EDINETではブラザー工業が「意見表明報告書」を出しています。また、当社からは「支配株主等に関する事項について」というIRがありますが、ふ~んって流しちゃう感じです。つまり、なんで買うのかって事を難しくいくるめてます。

でまあ、理由はどうでありブラザー工業は当社が欲しく、乞いに焦がれて仕方がないって訳ですね。今期も黒字ですし、ビジネス面はもう黒字にしかならない感じの会社じゃないの?

それで、「昭和17年 3月、日本ミシン製造株式会社(現・ブラザー工業株式会社)へミシン針、ミシン部品を供給する目的で、名古屋市瑞穂区に日本ミシン針製造株式会社を設立」って事なのでそれが達成出来れば後は何してもオッケーじゃねってなっているのです。


なので、有価証券買いまくり。


前回のレポートでも書いてますが、

6448ブラザー工業もそこら辺のキャッシュとか、スーパー盤石な財務基盤が額面以下で買えるので欲しいのではなかったのでしょうか。6448ブラザー工業も、そういった会社を狙って投資を仕掛けるあの「スティール・パートナーズ(Steel Partners)」と戦いましたからね。経営陣はかなり知識が付いたと思いますよ。

もうそこら辺の投資銀行部門とかコンサルが天下ったCFO、CEOがいる会社とかのレベルとはではありませんよ。守らなきゃ自分も部下も切られるような戦いをした訳ですからね。


アフリカの人が視力6.0位あるのと同じ事っすよ。


伝わってます。


また、書きますが、当社は歯車を作って卸す会社です。最近、「歯車」が壊れたって話は聞きます?って事を考えると、もう技術ってほぼ完成されてるのでしょうね。

売掛金のお客さんを見れば、(金額は百万円)
ナブテスコ㈱ 307
NISSEI CORPORATION OF AMERICA 282
川崎重工業㈱ 191
高津伝動精機㈱ 168
東芝産業機器システム㈱ 147
その他 1,562

大丈夫ですね。


それでは財務基盤がどのように盤石なのかを書きます。

借金ゼロ、2年以内に返さなくてはならないリース債務が1900万円です。
商品を作る機械、材料、半製品とかで100億円超。
有価証券で100億、投資有価証券で126億円。

という事でビジネスがこれから伸びるって事は考えにくいのです。
まあ、それなので当社も「重大な財務状況の変化がないことを前提として、配当性向50%以上を目処に配当を決定する」って有価証券報告書に書いている訳ですよ。


有価証券についてまとめてみます。

マジで面倒なので、株、債券、投資信託とか関係なく、有価証券すべてをエクセルで羅列します。金額は百万円。午前4時にまとめたので間違えがあったらごめんなさい。

2012年 2013年
マキタ 1,137 1,181
Allegro Investment Corporation S.A.ユーロ円債 200 200
KDDI第8回無担保社債 203 201
Kommunalbanken AS Norwayユーロ円債 200 200
NOMURA EUROPE FINANCE N.V.ユーロ円債 400 400
NTTファイナンス第35回無担保社債 101 100
PACIFIC COMPANY LIMITEDユーロ円債 100 100
SCSK第1回無担保転換社債型新株予約権付社債 0 399
イオンクレジットサービス第8回社債 204 202
オリックス第131回無担保社債 101 0
オリックス第159回無担保社債 100 100
コーペラティブ・セントラル・ライファイゼン・ボエレンリーンバンク・ビー・エー第8回円貨社債 200 200
サンケン電気第4回社債 300 300
シティグループ・ジャパン・ホールディングス第9回社債 300 0
シャープ第20回無担保転換社債型 新株予約権付社債 394 351
シャープ第24回無担保社債 201 165
その他4銘柄(2013年度も4銘柄) 111 133
その他8銘柄(2013年度は7銘柄) 25 25
ソフトバンク第33回無担保社債 100 100
ソフトバンク第37回無担保社債 100 99
トヨタ自動車第6回無担保社債 100 0
ノルウェー地方金融公社ユーロ円債 600 600
パナソニック 19 16
ビーエヌピーパリバ銀行円建てコーラブル逆フローター債 1,000 1,000
フィディリティ投信フィディリティ・ジャパン・オープン 144 178
フィデリティ投信日本小型株ファンド 78 98
井関農機 21 32
花王 21 30
クレディセゾン第32回社債 200 0
スクウェア・エニックス・ホールディングス2015年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債 0 393
タダノ第4回無担保社債 101 101
デンソー第5回社債 407 403
ドン・キホーテ第3回社債 302 0
ふくおかフィナンシャルグループ第1回無担保社債 101 100
みずほコーポレート銀行第14回無担保社債 102 100
みずほコーポレート銀行第9回無担保社債 201 0
ヤマダ電機2013年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債 396 0
岡村製作所第11回無担保社債 201 201
三井住友フィナンシャルグループ 16 23
三井住友銀行ユーロ円建て期限付劣後債 302 302
三井住友銀行第13回期限前償還条項付無担保社債 300 300
三井住友銀行第18回期限前償還条項付無担保社債 402 402
三菱東京UFJ銀行第3回2号社債 303 300
三菱東京UFJ銀行第86回社債 100 0
清水銀行第1回転換社債型新株予約権付社債 0 99
西日本シティ銀行第4回無担保社債(劣後特約付) 316 312
大和証券グループ本社第7回無担保社債 100 0
鳥羽洋行 8 10
東京三菱銀行第3回無担保社債 301 0
東芝第47回無担保社債 101 100
東芝第49回無担保社債 202 201
野村総合研究所第1回新株予約権付社債 394 400
関西電力第444回社債 0 511
丸紅第64回無担保社債 202 0
丸紅第67回無担保社債 204 201
九州電力第419回社債 0 501
高津伝動精機 85 85
豪政府保証オーストラリアニュージーランド銀行第2回円貨社債 301 0
国際投信投資顧問グローイング・エンジェル 95 116
国際投信投資顧問国際MMF 123 123
三菱UFJリース第6回無担保社債 200 0
三菱UFJ証券ホールディングスユーロ円建期限付劣後債 298 301
住友電気工業 11 11
住友金属工業第59回無担保社債 205 202
住友生命第2回基金流動化特定目的一般担保第1回特定社債 401 0
川崎汽船2013年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債 386 396
太陽誘電第1回無担保社債 200 200
大和証券SMBCマルチコーラブル円元本確保型債 400 400
大和証券SMBCマルチコーラブル適用通貨選択型パワーリバースデュアル債 200 200
大和証券エスエムビーシー第1回無担保社債 403 404
大和証券投資信託委託ダイワ・バリュー株・オープン 134 162
大和証券投資信託委託ダイワMMF 2,841 4,553
大和證券SMBC逆フローター債 1,600 1,100
第1回みずほ銀行無担保社債劣後特約付 0 204
第232回 信金中金債(5年) 102 101
中日本高速道路第1回社債 102 101
投資事業有限責任組合出資金SBIライフサイエンス・テクノロジー 80 78
東京急行電鉄第65回無担保社債 205 202
東北電力第458回社債 0 499
日興アセットマネジメント日興エボリューション 36 45
日産自動車第48回無担保社債 100 0
日産自動車第50回無担保社債 405 400
日本梱包運輸倉庫第3回無担保社債 201 0
日本生命2009基金特定目的会社第1回A号特定社債 101 100
日本電気第45回無担保社債 200 200
日本道路・機構承継債第30回 102 101
富士重工業 10 22
武田薬品工業 36 50
兵庫県平成14年度第6回公募公債 100 0
北海道平成15年度第3回公募公債 100 100
野村アセットマネジメントノムラジャパンオープン 46 56
野村アセットマネジメントノムラ日本株戦略ファンド 96 119
野村ホールディングス第13回無担保社債 200 0
野村證券第2回無担保社債 397 0
野村ホールディングス第20回無担保社債 0 202
野村ホールディングス第29回無担保社債 0 201
合計 22,224 22,404


といった具合です。
合計金額があまり変わってないのを見ると、債券が償還されたらまた新しい債券を買っちゃうみたいです。4203百万円が2013年には金額が0になって2013年には新規で3009百万円分入ってきてますし。それ以外にも買い増しとか部分売却とかあると思いますが・・・。

もう限界です。

簡単に見れば、一番下の野村の13回、2回の社債が償還になったらすぐに20回、29回の社債を買っているってのを見れば、野村の法人営業ニッセイスペシャルチームがしっかり売ったって事でしょう。

大和MMFが2012年は28億なのが2013年は45億ですよ~。大和さん、早く何か売らないと、この45億のそれ、「野村にきいてみよ~♪」になりますよ。

とまあ、色々と面白い投資をしていますね。ファンドのパフォーマンスも同時に見れちゃうのがお得です。

というか、やっぱり、ファンドだよね、当社はって思っちゃいますよ。


株式投資ってやっぱり投資家がその会社のビジネスの将来に投資をする訳で、投資信託には投資しないよな~って思います。

ただ、やはりビジネスに影響が無いように、当社はまあまあ安全っぽい資産に投資しています。リーマンショックの2008年も単純に計算しても25%もやられてないと思いますし。

あと、○イゼリヤみたいにデリバティブで遊んだりもしてませんでしょ。


株価を見てみます。

870円、実績ベースでのPER27.9倍、PBR0.57倍、配当利回り3.07%です。まあ、PERはこの際気にしないし、PBRも今後、黒字であれば割安になっていくと思います。


私の投資判断は「買い」となりました。


でもね、ポートフォリオのわずかですよ。

今はそういった時代ではないですが、その時代が来れば、投資家が狙いに来るように思います。ハゲタカでもグリーンメーラーでもね。

100億円あれば残り全部買えちゃうんですよ。まあ、売る人がいませんが。


870円で配当利回りが3.07%であれば、ひたすら870円で大口をあけてファンドは待っていれば良いのです。で集まれば誰かに立会外取引で売っちゃえば良いのです。


話を付けれる人と話が出来れば、ラクに儲かりそうな話なのです。
もちろん、そういった際は先に話をつけておきますけどね。もちろん合法的に。


さらには出来高が少ないので下値も限定されてますでしょ。
今でも配当が3%台ですので。で、ちゃんと配当を出せる会社ですもんね。


最後に、

ヘッジファンドとかそういったちょっとイケイケな機関投資家とか手が出せませんよね。それ以外はごくわずかしか買えません。だって、当社を買った理由を説明せよってなったらまず無理な訳ですよ。

当社のポートフォリオに惚れましたとか、さすがに言えない訳ですよ。キャッシュがあるのは解りますが、ここまで露骨に有価証券に換えられては引っこ抜くのもかなり難しいと。

基本、投資信託における株の保有方針は「純投資」ですからね。経営陣に迫る事は出来ないのです。ってか、ポイズンピルとかで自社を守ろうとする投資家よりははるかに優れたアイデアであると思いますが・・・。金額がねぇ~。


頑張れ、ニッセイ!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見しています。
LINEの親会社である韓国NHN.Coに感心があります。LINEの今後の収益化、上場可能性を考えると大幅な株価上昇が期待出来るのではないかと思っています。株価はLINEの拡大に反応していないように思います。
ブログの趣旨と異なるのは承知しており、申し訳ないのですが、どうしてもご意見を聞いてみたいと思いました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
私も過去にそのような事例に幾つか遭遇しましたが、うま~く利益を税金のかからない所に流している(法律違反ではない)可能性もありますよね。方法は数え切れませんが・・・。

日本では私もレポートしている6425ユニバーサルエンターテインメント。レポートはしてませんが8699澤田ホールディングスなどもそういった事で今後期待されるでしょうね。

チェックっしておきたい部分は
投資有価証券、関係会社持ち分、大株主、子会社、孫会社ですね。
これで大体わかります。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> いつも楽しく拝見しています。
> LINEの親会社である韓国NHN.Coに感心があります。LINEの今後の収益化、上場可能性を考えると大幅な株価上昇が期待出来るのではないかと思っています。株価はLINEの拡大に反応していないように思います。
> ブログの趣旨と異なるのは承知しており、申し訳ないのですが、どうしてもご意見を聞いてみたいと思いました。
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。