スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2453 ジャパンベストレスキューシステム



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

2453 ジャパンベストレスキューシステムです。
JBRとお呼びください。その方がかっこよいので。

まあ、ビジネスは便利屋ですけど。カギを無くした時とか、パイプの水漏れとかで電話してきてくれるやつですね。シンプルなビジネスです。企業理念もシンプル「困った人を助ける!」こういう感じの会社、私は大好きです。

上場している同業者はいないと思います。オンリーワン企業って言えますね。町の便利屋がじわりじわりと消えていく中、上場企業を盾に信頼とブランドを築き上げればこのビジネスは勝利します。当社は非常に有利な状況にあります。

ただ、非上場でもライバルはいます。クラシアンです。そうです、あのCMのやつですね。870人前後で145億を売り上げています。最大手になるのでしょうかね?ジャパンベストレスキューのほぼ倍のレベルです。クラシアンは横浜本社でビジネスは当然全国規模、東の横綱です。となると西の横綱はジャパンベストレスキューシステムになりますね。


数字の部分を見てみます。

売上伸び率は平均すると10%とかってなるのですが、残念ながら直近2年はそれぞれ5.6%、3.1%と伸び悩み。経常利益は10%行きません。純利益率は3%行けばオッケーという所でしょうか。「困った人を助ける!」会社なのに薄利多益では世間一般からボッタクリとか言われますのでこれ位で良いのでしょう

売上の8~9%位を宣伝広告費に充てています。という事は売上が伸びればさらに広告をだしてそれで売上が伸びる良い流れが出来ています。ただ、日本の人口は無限ではないのでいつか成熟してしまいます。この市場規模の金額を知ることが必要です。それぞれ都道府県の人口と売上、さらに突き詰め、市レベルの人口と売上(大きな市に限るけど)でタウンページか何かで町の便利屋さんの数とかを調べて平均値をとって計算します。

これで私の週末が潰れることになります。そこから出てきた市場規模の金額と当社の数字をすり合わせれば、どこまで伸びるかの皮算用はできます。ただ、そこまで計算するのが面倒であれば、借入金の欄を見ましょう。メガバンク、地元地銀からガッツリお金を借りています。当社の売上、時価総額、利益率から見ても多いなーって思います。でも、実際に銀行は貸しているのです。しかも利率は高くなく、普通レベルで。短期0.44%、長期0.77%。


これらが何を意味するか考えれば、当社の成長性と結び付けが出来るのではないでしょうか?


さて、ここからは株価です。

株価82,800円、PER20倍、PBR1.9倍、配当利回り1.8%。普通の株でちょっと割高じゃないのって感じの水準です。会社予想+私のはじき出した業績予想を当てはめてみて2015年まで計算しても・・・。ずっと普通の株の水準となっています(株価が82,800円の場合)
配当利回りは低めですが毎年きっちりと配当は出しています。配当性向はバラバラで30%前後ですね。赤字でも配当を出す所は素晴らしい。おそらく、最低でも1500円は今後も配当してくれると思います。減配はしなく、できれば増配を狙う会社に見えます。


時価総額は57億ですでに東証一部。市場変更により株価上昇カタリストはもうありません。
残念ながらこの時点で私の投資判断として株価は適正である、となってしまいました。

今後グロースが考えられるのは当社と組んでいるセコムや旭硝子など、大手企業のバックアップ。さらには大株主にも登場している光通信、当社保有証券である不動産業などとの大きなビジネスが成功した時、または大きく広告宣伝費を使っていると判断した時ですね。当然、宣伝はコケることもあるので、市場規模とライバル企業の調査を同時に行う事が必要です。


街を歩いて、当社の何かが目に入ってきたらその時は再調査してみます。

がんばれ、ジャパンベストレスキューシステム!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。