スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3826システムインテグレータ(二回目)



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

3826システムインテグレータです。
前回の調査が2013年2月12日ですね。(調査レポートはこちら

結構な勢いで伸びています。
分割、分割で企業業績も良い。社長の挨拶でのPER22.6倍からさらにアップして業界平均のPER29倍、株価は2700円と強気です。

ただ、前回、前々回もこの人、やってのけたのです。でまあ、これまた色々見なくてはならないなあ~って思ったので数字だけ拾っていきますよ~。

もちろん、当社の個人投資家説明会の資料は読んで下さいね~。

まずは分割の効果について、人数ベースです。

第13期 第14期 第15期 第16期 第17期 第18期
個人投資家 986 905 824 781 823 1,172
外国個人以外10 7 5 2 5 13
金融商品取引業者15 12 9 11 10 20

個人投資家の人数が伸びてきました。効果ありなのですね。

当社はマザーズですのでまだまだ上が目指せるのですよ。東証一部とかね。(上場審査基準はこちら

で外国個人以外っていうのはほぼファンドって考えてオッケー。2344平安レイサービス(二回目)で出てきたアバディーンのファンドもこのグループ内ですね。金融商品取引業者は証券会社とかですよ。我々は証券会社が持っている株(在庫)を買っているのです。

証券会社の商品は「株」ですよ、で商品取引業者は「金」を在庫として持っていたりするのです。で金がガッツリ下がったので、今こそ金投資~ってテレビとかであまり言わなくなってその代わりにACとかの広告に切り替わっているのです。


業績の数字を見てみましょう

売上は20億から26億円にアップ。利益率も7.9%から9.3%へアップ。これが何を意味するか解ります?

まずは純粋にお客さんが増えたって事ではないのかな。次にシステムの基礎はある程度固まっているため、お客さんに合わせてちょっと変えるだけなので利益率は上がる一方となったのです。難しく言えば「売上高上昇に伴う損益分岐点の下落」って感じ。まあ、システムって初期段階のコストが一番デカくなりますよね。

って事は、売れば売るだけ、業績が良くなるって事です。一応、5年分の売掛金の欄から拾って大事なお客さんを紹介します。

2012年
(株)東レシステムセンター 90,567
GRANDIT(株) 61,902
(株)NTTデータ 56,117
(株)バンザイ 37,463
東京急行電鉄(株) 36,841
その他 356,896
合計 639,789
2011年
(株)トッパンシステムソリューションズ 54,054
NECネクサソリューションズ(株) 35,742
(株)バンザイ 30,633
東芝情報機器(株) 30,135
東京センチュリーリース(株) 26,638
その他 278,266
合計 455,470
2010年
東京センチュリーリース(株) 45,517
サン・コスモス(株) 38,624
フードリンク(株) 33,536
ソフトバンクBB(株) 21,913
三井住友ファイナンス&リース(株) 16,800
その他 126,700
合計 283,092
2009年
日本リサーチセンター(株) 32,949
丸紅畜産(株) 26,599
ソフトバンクBB(株) 20,168
大塚商会(株) 18,999
(株)ケンコーコム 17,949
その他 167,778
合計 284,445
2008年
協立電機(株) 73,011
インフォコム(株) 53,607
サイオステクノロジー(株) 38,200
アクセンチュア(株) 33,600
SBIベリトランス(株) 25,834
その他 247,185
合計 471,439


でこうやって成長している会社であれば、やはり従業員についても考えます。
従業員一人当たりの売上、利益、お給料はこんな感じです。(単位は千円)

第13期 第14期 第15期 第16期 第17期 第18期
従業員数 79 96 111 108 100 114
平均年齢 31 31.9 32.6 33.3 33.8 34.9
勤続年数 2.7 2.8 3.3 4.3 4.8 4.8
年収 6,617 5,823 5,887 5,641 5,881 6,468
一人当たり売上25,752 20,890 15,353 17,167 20,650 23,309
一人当たり純利益1,715 3 赤字 59 1,636 2,179


色々な会社を見ていますが、良い感じ~に見えません?


株価を見てみます。

現在は1,710円。PER17倍、PBR4倍、配当利回り1.1%となりますね。前回のレポートの時の株価は1,156円で成長率を6%で計算したのですが、今回は社長のPER27倍を信じ、さらに会社予想を信じて計算してみると2013年、2014年、2015年の株価はそれぞれ2,700円、2,975円、3,280円となるのですね。でまあ、また1対2の分割をするので、これらの株価を半分にして考えてくださいね。


私の投資判断は「保留」となりました。


私の守備範囲である、「割安」ではないのです。株価が最初に上がり、業績が後からついてくる感じなのです。ここ20年位でこういった強い動きの会社ってかなり少ないと思います。大きな銘柄で言えば、ソフトバンクやサイバーエージェントとかがそんな感じであった記憶があります。

あとね、まだ調査不足なのです。システム屋の市場規模とか、ライバル社とかの再調査が終わってないので何とも言えないのです。当ブログでの結構な数のシステム屋を調査してますよ。

で、さらには今後、設備投資が増えるってなってますよね~。どのシステムがどう新しくしなきゃならないとかの情報は我々には取得不可能なのですよ。ここも機関投資家のアナリストの出番。ウィンドウズXPには強かったシステム屋とかいるんですよ~。


最後に、
どこの何が得意で、どこのどれに投資をするかというのは、人それぞれです。私の場合は保留ですが、こういった会社が大好きな投資家さんはかなり多くいるでしょうね。

まだ、ファンドも大きなポジションをもっていません(大量保有報告書ベース)
でこういった会社の財務諸表を読んだりする事が非常によい経験となると思いますので、是非ともご自身で一度、チェックしてみてくださいね。


がんばれ、システムインテグレータ!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンクは社長の動画です

ついに2週目が始まりましたね。数か月でも変わったところ、変わってないところを前の記事&企業HPと興味深く比較しております。

当社ですが、面白そうだったので社長の動画も見てみました。IT系なのにギラギラしてないお人柄が好感度大でした。社員は勉強しろよ、自分で考えろよって言いつつも休みはきちんと取らせる方針も○です。やはり人は柱ですし、個人的には自分の社員も幸せにできないベンチャーって何って思うのです。

事業的にはメインのECサイト構築パッケージソフト、基幹業務ソフトウェアがどれだけ売れるかなんでしょうが、システムの基礎はできているようですし、あとは売る力なんだと思います。2014年に東証2部行くぜって明記してますが、やはりパッケージを多くの企業にしっかり売っていくのはカンバンも大事ってことなんでしょうか。まあ、そういう意味ではシナジーありそうですし、企業としても上をしっかり目指して上がっていってくれるように思います。

分割後の今日は寄り付かずのS高でしたが、社長のコミットメントまではまだ道のりがありますし、不言実行より有言実行の企業のほうが好きなので、興味深く見ていきたいと思います。明日以降の記事も楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

ACのCM

ACのCMが増えていたのがずっと気になってました。どっかの銀玉弾く団体が問題起こして自主規制でもはじめたのかと思いました!金のほうでしたか。
ありがとうございました!

Re: リンクは社長の動画です

コメントありがとうございます。
恐らく売る力は弱いと思います。社長もIT技術者ですからね。本も何冊も出しているし、大量保有報告書には住所まで載せちゃうし。でストリートビューとかで見ちゃうのです。

まあ、コツコツと、良い会社ですね~。
こういった会社がどこかで大きく動く時があったら、そのタイミングを逃さず、再調査ですね。
もちろん、商品を売るにあたって、カンバンは絶対に必要です。

○クルートの名刺さえあれば、どこに飛び込み営業しても許されるみたいな感じですね。

今後とも、応援よろしくお願いします。

> ついに2週目が始まりましたね。数か月でも変わったところ、変わってないところを前の記事&企業HPと興味深く比較しております。
>
> 当社ですが、面白そうだったので社長の動画も見てみました。IT系なのにギラギラしてないお人柄が好感度大でした。社員は勉強しろよ、自分で考えろよって言いつつも休みはきちんと取らせる方針も○です。やはり人は柱ですし、個人的には自分の社員も幸せにできないベンチャーって何って思うのです。
>
> 事業的にはメインのECサイト構築パッケージソフト、基幹業務ソフトウェアがどれだけ売れるかなんでしょうが、システムの基礎はできているようですし、あとは売る力なんだと思います。2014年に東証2部行くぜって明記してますが、やはりパッケージを多くの企業にしっかり売っていくのはカンバンも大事ってことなんでしょうか。まあ、そういう意味ではシナジーありそうですし、企業としても上をしっかり目指して上がっていってくれるように思います。
>
> 分割後の今日は寄り付かずのS高でしたが、社長のコミットメントまではまだ道のりがありますし、不言実行より有言実行の企業のほうが好きなので、興味深く見ていきたいと思います。明日以降の記事も楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。

Re: ACのCM

コメントありがとうございます。
ACに切り替わっているのは両方ですね。

> ACのCMが増えていたのがずっと気になってました。どっかの銀玉弾く団体が問題起こして自主規制でもはじめたのかと思いました!金のほうでしたか。
> ありがとうございました!
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。