スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6911新日本無線



最初に「ポチッ」とクリックお願いします♪

独断と偏見に満ちた独り言のレポートですので、あくまでも参考程度に。投資は自己判断で!

6911新日本無線です。
半導体関連ですね~。ホームページを見たら解りますが、古き良き秋葉原的な商品構成となってますね。設立は古く1959年です。上場はバブル崩壊の年の1991年ですね。直近バブル崩壊後に上場する企業を多く取り上げてます。

バブル崩壊直後に上場できる会社って基本、大手が後ろにいたり(株主とかお客さんでね)する会社でキャッシュも多く持っていた会社なのです。バブった株から資金が回収されるときに、こういった新しい会社に資金を移すことで何とか日本株式市場からの資金が流れないようにしているのです。


最近の日本株式市場でもそうですよね。5000億円位の時価総額の会社が吹っ飛びそうなのです。そうなると資金の受け皿で5000億円分位のIPOが必要なのです。50億円のIPO×100社では時間が足りない。

ってなると超大手が上場するのです。今後も大手が上場を控えてますよね?でまあ、上場する意味って資金調達とか広告効果、ブランドイメージなのですが、そんな超大手が上場する意味あります?ないよね。


あと、上場する意味といえば、その会社の財務諸表が公にさらされるためね。なのでアメリカの武器会社やSNSはイヤでも上場しなければならないのです。あれで世界が変わってるからね。なんで、上場後すぐに数倍するレベルの株価で売らない訳ですよ。ディスカウントではなくてプレミアをつけて売り出したって事ね。


でまあ、横道にいきなりそれましたが、日本の半導体って国があきらめた訳ですよ。もはや「産業のコメ」とうのは昔の話。半導体自体のマーケットは新興国の台頭で伸びてはいますが。となると半導体をやっている企業は何かしなければダメって事。

当社もまあまあ、やばい訳ですよ。で私はそんな会社ですがV字回復が可能であれば非常に投資妙味があるのです。新川なんかもそのために調査したのですね~。


という事でV時回復に焦点を置いて、当社を調査します。


ビジネスについて。

当社のホームページで適当に商品を見てください。といのを取り扱っている会社~ってなります。もう、先に行っちゃいますが、半導体は売上の84%を占めていて、でも利益率が低い。で働いている人数は2277人、86%がそれに携わっている。

まあ、当社の決算説明資料と直近の有価証券報告書を合わせてみれば、色々数字が出てきますよ。それで出る結論が、半導体捨てようぜって事なのです。となるとこの2277人を何とかしないといけない。


でも・・・組合があるのですよ~。


「当社の新日本無線労働組合、子会社佐賀エレクトロニックス㈱の佐賀エレクトロニックス労働組合及び佐賀エレクトロニックス準社員労働組合、子会社㈱エヌ・ジェイ・アール福岡のNJR福岡労働組合があります。当連結会計年度末現在の労働組合員数は、合計1,589人であります」
「佐賀エレクトロニックス準社員労働組合を除く3労働組合は、いずれも全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会に加盟しております」ですって。


超強そうな組合ですね。


こうなるクビは切れないし、何とか他業種で頑張れるように教育しないといけないし、そのための資金、時間はあるかってなりますよね?まあ、じわりじわりと当社も実感したらしく昨年度は一気に特損出して赤字になったのです。名目は「事業構造改善費用」金額48億円也。

「事業構造改善費用」ってなっているけど、どんな費用が含まれているかはわかりませんがね。こういった所は機関投資家アナリストの出番なのですね。まあ、社員と臨時雇用の方が201人減りましたがね。

という事で、事業リストラ中なのでしょうね。

でまあ、キツキツ経営が必要とされているのです。なので研究開発費が減少方向にあり、社員さんのお給料も減ったまま戻ってない。で平均勤続年数と平均年齢を見れば、どのような方が退職しているのか何となく理解できるのです。


09年3月期 10年3月期 11年3月期 12年3月期 13年3月期
平均年齢 37.4 37.6 38.5 37.1 38.4
勤続年数 15 15.2 16 14.9 16.1
給料 ¥ 5,759,822 ¥ 4,716,080 ¥ 4,764,500 ¥ 4,887,404 ¥ 4,873,154

でまあ、リストラのスピードはちょっと遅いように思うのは私だけでしょうか?基本リストラって外部が入るのが一番ラクなのでしょ。JALなんてそうだったでしょ?誰か第三者が思いっきり憎まれる事をしなくてはならないのです。


ビジネスはそれくらいにしておいて、じゃあ資金繰りはどうかなって見ると短期借入金84億円は日清紡ホールディングスから借り入れてる。3105日清紡ホールディングスは当社の大株主で59.6%の保有なのです。ってか、もしもだよ、全部なくなったら日清紡は180億円位は特損~ってなっちゃうのよ。いくら余剰金がある3105日清紡でもこれはキツイのです。

日清紡自体がその期、特損で赤字になりますもんね。日清紡は万年黒字会社でずっと配当を7.5円出している優良会社でまかり通っているのです。ってな訳で当社のおいてはこの資金の出し手である日清紡さんのサジ加減で動くとも考えられます。

ってか、普通、借金は銀行借り入れなのですよ、それが厳しいとそういった誰かから借り入れるのです。3年前の有価証券報告書ではシンジケートでの借り入れはオッケーだったのです。シンジケートって銀行何行が集まって貸す事ね。一行だけだと不安だからですよ。

で当社の場合、
みずほコーポレート銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
佐賀銀行
新生銀行
東京都民銀行
近畿大阪銀行
住友信託銀行
百十四銀行

のシンジケート団でした。

まあ、ビジネス面、財務面とかなり厳しい所まで来ていますね。でまあ、あとは役員とか売掛とかを見れば、過去の大口がだんだん消えてるのが解りますね。もう、防衛省から大型受注は来ないのかな~とかね。

セグメントでは6503三菱電機が挙がっているので売上の10%以上はこの会社。いや~正直、6503三菱電機で良かった~って思いますよね。


一応、株価も見ておくと、
563円、実績ベースのPER12.8倍、PBR4.9倍。配当はゼロです。でまあ、この株価は直近の高値ですね。という事を考えてみると、5年間、保有しててもういいや~って投資家は売りに来ると考えますが、ほぼ投資家の保有割合、保有人数に大きな変化はないです。


当社の予想については、会社発表の数字をふう~んって見て、四半期で実際にそうなってるかチェックする程度で良いのです。


私の投資判断は「却下」となりました。


やはりまだ条件が悪いのです。で、大きな変化も見られません。会社が変化する際はやはり、ビジネスと財務で変化しなくてはならないのです。でビジネスはまあまあ変化してますが財務戦略は対してしてないように思います。


まあ、まだ当社の有価証券報告書の金額の単位は「百万円」ですし。こういった小さな部分までちゃんと訂正してもらいたいのですよ~。なんで「百万円」の単位なのかは5612日本鋳鉄管のレポートの通りです。


最後に、
半導体の会社ってやっぱりかなり厳しいのでしょうね。たった1社で良いので、V字回復を実現できれば、半導体全般に明るい兆しが見えるのです。つまり、当社は半導体で培った技術をこのように応用してV字回復しましたって言えるのです。でついでに会計方法なども変更して大げさに見せる。そうすれば一気に投資家が入ってくる可能性はありますし。

当たり前ですが、同じ180億円の借金でも、時価総額は200億円の会社がしているのと500億円の会社がしているのでは意味が全く違うのです。


がんばれ、新日本無線!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

3657 

プロフィール

FC2USER484308ICQ

Author:FC2USER484308ICQ
一時、伝説となった某有名中小型株ファンド「T」で株式投資の極意を学びました

こちらのブログでは日本株についてレポートします
講演やIRなどの「お仕事」もありますので更新は不定期になります

ヘッジファンドについて、また金融業界にかき消されているブラックボックスの部分も書こうと思います

「T」は匿名性の高いファンドです。それは、「ファンドはパフォーマンスで答える」必要があり、「誰が運用している」というのは関係ないのです

当ブログにおいても、「レポートの内容」が重要であり、「誰が書いているか」は関係ないのです

なので、
私も匿名性を持ってこちらで活動させて頂きます

SNSの時代で逆に繋がらず、逆張りで行こうと思います

銘柄等、レポートの内容等において、ご質問等、ありましたらお気軽にどうぞ

お仕事の以来もお待ちしてます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。